理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

密漁

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2018/10/27(土) 11:04:55.33 ID:CAP_USER
【10月26日 AFP】
トラの現存する亜種は6種類であることを確認したとする研究論文が25日、発表された。世界に残る野生個体数が4000頭足らずの大型ネコ科動物の保護の取り組みを促進するきっかけとなることが期待される研究結果だという。

 米科学誌カレント・バイオロジー(Current Biology)に掲載された論文によると、この六つの亜種はベンガルトラ、シベリア(アムール)トラ、アモイトラ、スマトラトラ、インドシナトラ、マレートラだという。これ以外の三つの亜種、カスピトラ、ジャワトラ、バリトラはすでに絶滅した。

 トラに対する主な脅威としては、生息地の減少や密猟などが挙げられる。

 トラ種を保護し、飼育個体と野生個体の両方の繁殖を促すための最善の方法についてはこれまで、科学者らの間で論争の的となっていた。その理由の一つは、トラの亜種がいくつ存在するかをめぐって意見が対立しているからだ。現存するのは2亜種と主張する科学者らもいれば、5~6亜種存在すると考える科学者らもいる。

 論文を執筆した中国・北京大学(Peking University)の羅述金(Shu-Jin Luo)氏は「トラの亜種数をめぐる意見の一致が得られていないことにより、トラを絶滅の危機から回復させるための国際努力が部分的に妨げられてきた」と指摘した。

続きはソースで

(c)AFP

■トラの現存する亜種として確認されたことが発表された(左上から)ベンガルトラ、シベリア(アムール)トラ、アモイトラ、スマトラトラ、インドシナトラ、マレートラ
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/2/3/810x540/img_23e0d92c2d8b75e4cf463c715abe9a0d322293.jpg

http://www.afpbb.com/articles/-/3194775?pid=20653390
ダウンロード (2)


引用元: 【動物】絶滅危機のトラ、6亜種のみ残存 研究で確認[10/26]

絶滅危機のトラ、6亜種のみ残存 研究で確認の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/09/17(日) 23:31:39.20 ID:CAP_USER
アフリカゾウの生態が昼夜逆転、密猟回避で 研究
2017年9月14日 10:50 発信地:パリ/フランス

【9月14日 AFP】アフリカ東部に生息するゾウは密猟者から逃れるために、まるで脱獄囚のように夜間に移動し、日中は身を潜めていることを学習しているとの研究結果が13日、発表された。象牙を目的とする密猟により、アフリカゾウは絶滅の危機に追いやられているという。
 
ゾウは本来、昼間に餌探しと移動を行い、夜の暗闇に紛れて眠る。

だが、世界規模の象牙取引に後押しされた密猟の急増により、大型陸生哺乳動物のゾウは本来の性質に逆らって、通常の習性を逆転させることを余儀なくされている。
 
オランダ・トゥウェンテ大学(University of Twente)の研究者、フェスタス・イホワギ(Festus Ihwagi)氏は「密猟の大半は昼間に行われるため、ゾウの夜行性行動への移行は、現行の密猟レベルの直接的な結果だと思われる」と説明する。
 
生態学誌「Journal of Ecological Indicators」1月号に発表予定のイホワギ氏の研究は、ケニア北部に生息するゾウ60頭から収集したデータに基づくものだ。ゾウはGPS(全地球測位システム)機器を用いて、最大3年間にわたり追跡調査した。

続きはソースで

▽引用元:AFPBBnews 2017年9月14日 10:50
http://www.afpbb.com/articles/-/3142845
http://www.afpbb.com/articles/-/3142845?page=2

夕刻の草原を歩くゾウ(2010年7月1日撮影、資料写真)。(c)AFP/JEWEL SAMAD
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/9/1/700x460/img_917b59497559da136a7fa89eb4a5550849698.jpg
ダウンロード (1)


引用元: 【動物生態学】アフリカゾウの生態が昼夜逆転 密猟者から逃れるため/オランダ・トゥウェンテ大©2ch.net

アフリカゾウの生態が昼夜逆転 密猟者から逃れるため/オランダ・トゥウェンテ大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/08/16(水) 22:47:12.18 ID:CAP_USER9
NHK8月16日 22時25分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170816/k10011101971000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

南米エクアドルのガラパゴス諸島の沖合で、国際的な団体から「絶滅危惧種」に指定されているシュモクザメを大量に積んだ中国籍の船が摘発され、シュモクザメはフカヒレの原料としても根強い需要があることから地元の当局などは密漁の可能性もあると見て調べています。

エクアドル海軍などによりますと、ガラパゴス諸島の沖合で、13日、サメなど合わせて300トンの魚を積んだ中国籍の船が、軍などに摘発されました。

続きはソースで

ダウンロード (3)


引用元: 【国際絶滅危惧種】ガラパゴス諸島沖 中国船がサメ大量密漁か [無断転載禁止]©2ch.net

【国際絶滅危惧種】ガラパゴス諸島沖 中国船がサメ大量密漁かの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/03/30(木) 00:00:12.44 ID:CAP_USER9
http://www.bbc.com/japanese/39427264

タイ東部の国立公園で、絶滅危惧種のインドシナトラの群れが発見され、繁殖が確認された。野生大型ネコ科の保護活動団体が明らかにした。

密林で生活する群れに、少なくとも6頭の子供がいることが分かったという。

密猟や生息可能な環境の減少により、世界的なインドシナトラの数は250頭未満に減っている。

野生大型ネコ科の保護団体パンセラと密猟対策団体フリーランドは、タイで密猟対策が強化されたことの成果だと歓迎している。

両団体は、タイ国立公園当局の協力を得て、公園内にカメラを設置して調査を実施した。

続きはソースで

(英語記事 New population of rare tigers found in eastern Thailand)

2017/03/29
ダウンロード (1)


引用元: 【環境】絶滅危惧種インドシナトラの繁殖、タイで確認と  [無断転載禁止]©2ch.net

絶滅危惧種インドシナトラの繁殖、タイで確認との続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/12/08(木) 20:06:27.87 ID:CAP_USER
速報
2016年12月08日 19時31分 更新
キリンが絶滅危惧種に 「レッドリスト」最新版に掲載

国連自然保護連合が「レッドリスト」の最新版を発表。過去30年で個体数が4割も減ったというキリンを絶滅危惧2類に指定した。

[ITmedia]
 国際自然保護連合(ICUN)は12月8日、絶滅の恐れがある動植物のリスト「レッドリスト」の最新版を発表した。
キリンが新たに絶滅危惧種に加わった。農地の拡大や鉱山開発で生息地が失われたり、密猟が横行したりして数が減っているという。

続きはソースで

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

関連リンク
ニュースリリース(英文)
https://www.iucn.org/news/new-bird-species-and-giraffe-under-threat-%E2%93-iucn-red-list
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1612/08/news137.html
ダウンロード


引用元: 【速報】キリンが絶滅危惧種に 「レッドリスト」最新版に掲載[12/08] [無断転載禁止]©2ch.net

キリンが絶滅危惧種に 「レッドリスト」最新版に掲載の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/09/01(木) 21:20:14.82 ID:CAP_USER
アフリカ全土でゾウ激減、航空調査で明らかに 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News
http://www.afpbb.com/articles/-/3099390
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/9/5/500x400/img_951c5e68a46c2acefe12c7bc130eee42393955.jpg
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/5/0/500x400/img_50c9511b6e76f674f49f9acd42cf017f249028.jpg


【9月1日 AFP】アフリカのゾウに関する3年間の航空調査の結果、サバンナに生息するゾウの数が30%減少したことが分かったとする報告が1日、米ハワイ(Hawaii)州で開催された国際自然保護連合(IUCN)の会合で発表された。主な理由は密猟だという。

 「大規模ゾウ生息数調査(Great Elephant Census)」と名付けられた今回の調査は、2013年12月から3年間実施された。ゾウの生息数や保護方法に関する今後の研究用データベース作りのため、科学者や慈善保護活動家らが航空機に乗って、アフリカ18か国の上空から生きているゾウとゾウの死がいの数を計測した。

 野生動物に関する調査ではこれまでに類を見ない方法で、実施規模も過去最大。航空機81機と乗組員286人が動員され、総飛行距離は46万3000キロに及んだ。

 調査で確認されたゾウは計35万2271頭で、2007~2014年の間に約14万4000頭が減ったことが明らかになった。これは30%減少に相当する。また最近のサバンナのゾウの生息数は年間8%の割合で減少しているという。

続きはソースで

(c)AFP

ダウンロード
 

引用元: 【生態学/環境】アフリカ全土でゾウ激減、航空調査で明らかに [無断転載禁止]©2ch.net

アフリカ全土でゾウ激減、航空調査で明らかにの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ