理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

小保方晴子

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/12/18(木) 10:34:42.48 ID:???0.net
 STAP論文の著者の一人で、検証実験に取り組んだ理化学研究所の丹羽仁史チームリーダーだけでなく、「200回以上成功した」と断言した小保方晴子氏もSTAP細胞を作製できなかった。STAP細胞が存在することの証明は失敗で決着する。

 科学の世界には、再現が難しく、何十年もの時間を経て存在が証明されるものもある。STAP細胞についても、将来存在が証明される可能性が完全にないわけではないが、現時点で「存在する」と主張する根拠はなくなった。

 一方で、著名な科学誌ネイチャーも信用させた論文中の「さまざまな種類の細胞になれる能力」
の証拠写真やデータがどのように作り出されたのかは未解明のままで、謎が残る。

続きはソースで

産經新聞:http://www.sankei.com/west/news/141218/wst1412180019-n1.html


引用元: 【STAP細胞】実験は失敗で決着…衆人環視での結果は落差激しく[12/18_10:18]

【STAP細胞】実験は失敗で決着…衆人環視での結果は落差激しくの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/12/16(火) 22:09:33.48 ID:???0.net
「STAP細胞はありまぁーす」「200回以上成功しています」──かつての豪語が、今となっては虚しく響く。
理化学研究所の小保方晴子氏はついに土壇場まで追い詰められた。

小保方氏によるSTAP細胞の検証実験が先月末に終了した。
しかし理研は、「実験結果の公表は未定」(広報室報道担当)として、いまだにその内容を明らかにしていない。

重要なのはSTAP細胞が存在するのか、しないのか、その1点に尽きる。
理研は「データのとりまとめが終わり次第、公表する」(同前)と先延ばしにしているが、もし1回でも再現に成功したなら、すぐに発表しているはずだ。理研関係者が内情を話す。

「8月の中間報告で小保方氏の論文にある手法ではSTAP細胞は再現できないと発表されているように、結論はすでに出ている。理研としてもこのタイミングで大々的に発表して批判されることを避けたいのでしょう。
来年3月には、小保方さんと別に検証実験を行なっているチームの結果が出る。
そこではじめて、研究結果と小保方さんの処遇に触れるのではないか」

3月というタイミングは理研にとって都合がいいとこの理研関係者はいう。

続きはソースで

【*注】CDB=発生・再生科学総合研究センター

※週刊ポスト2014年12月26日号
http://www.news-postseven.com/archives/20141216_292561.html

引用元: 【STAP問題】小保方晴子氏 理研にとって都合がいい来年3月に処遇発表か

【STAP小保方】理研にとって都合がいい来年3月に処遇発表かの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/11/28(金) 19:30:27.89 ID:???0.net
 理化学研究所は、小保方晴子氏によるSTAP細胞の検証実験を、期限としていた11月末で予定通り打ち切ることを明らかにした。

小保方氏は今後、相沢慎一特任顧問らの指導のもとで、得られたデータを取りまとめるという。
結果は近く公表される。公表時期は明らかにしていない。

 小保方氏の実験は、理研が4月から1年間の計画で進めている検証実験とは別に、7月から監視カメラ付きの部屋で第三者の立ち会いのもとで始まった。

撤回された論文の方法で作製できるかどうかを検証するのが目的。
理研によると、11月末までの結果にかかわらず、小保方氏が実験を再開することはないという。

 理研は4月からの検証実験について、8月に「論文記載の方法ではSTAP細胞はつくれなかった」と中間報告した。
条件を変えて実験を続け、来年3月末までに一定の結論を出す

2014年11月28日19時13分
http://www.asahi.com/articles/ASGCX4FH1GCXULBJ00D.html

引用元: 【社会】小保方氏の検証実験が終了 結果を近く公表

STAP細胞はあるのか? 小保方氏の検証実験が終了 結果を近く公表の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/11/14(金) 19:26:27.77 ID:???0.net
2014年11月14日

 理化学研究所は14日、STAP細胞問題の舞台となった神戸市の発生・再生科学総合研究センターを21日付で再編すると発表した。竹市雅俊センター長は退任し、小保方晴子氏は研究ユニットリーダーから、理研本部のSTAP検証実験チームの一研究員となる。

 名称を「多細胞システム形成研究センター」と変え、2015年3月を目途に新センター長を決める。それまでは柳田敏雄・生命システム研究センター長が職務を代行、竹市氏は特別顧問に就く。

(記事の続きや関連情報はリンク先で)

引用元:デイリースポーツ online http://www.daily.co.jp/society/main/2014/11/14/0007503286.shtml

引用元: 【科学】 小保方晴子氏、理研本部のSTAP検証実験チームの一研究員になる [デイリースポーツ]

小保方晴子氏、理研本部のSTAP検証実験チームの一研究員になるの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/10/29(水) 00:06:11.84 ID:???0.net
文部科学省の2015年度概算要求で、STAP細胞問題の舞台となり、小保方晴子氏が所属する神戸市の理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)の運営費としての要求額が14年度予算から約45%減の約15億8千万円だったことが28日、分かった。

文科省は8月、所管する理研全体の要求額を公表したが、各研究機関の詳しい内訳が判明するのは初めて。
CDBと同じ生命科学系機関の要求額減少が顕著で、STAP問題が大きく影響したことが明らかになった。

理研は8月、研究の一部廃止や幹部交代などCDBの解体的出直しを表明していた。

2014/10/28 20:03 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201410/CN2014102801002125.html

引用元: 【STAP】神戸理研、予算要求45%減に STAP問題が大きく影響

【小保方】理研、予算要求45%減に STAP問題が大きく影響の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/10/07(火) 21:07:59.17 ID:???0.net BE:348439423-PLT(13557)
早稲田大が理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダー(31)に授与した博士号を論文修正がなければ取り消すと決めたことを受け、代理人を務める三木秀夫弁護士は7日午後、「大学関係者に迷惑をかけ、大変申し訳ない。総長の判断に従う」との小保方氏のコメントを発表した。

*+*+ Sponichi Annex +*+*
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2014/10/07/kiji/K20141007009063120.html

引用元: 【社会】小保方晴子研究ユニットリーダー(31)「大学関係者に迷惑をかけ、大変申し訳ない。総長の判断に従う」

小保方晴子(31)「大学関係者に迷惑をかけ、大変申し訳ない。総長の判断に従う」の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ