理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

小頭症

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/11/05(土) 02:10:56.01 ID:CAP_USER
ジカ熱で男性の生殖機能にダメージ 米ワシントン大がマウスの実験で

妊婦が感染すると、胎児が小頭症になる危険性があるジカ熱について、米ワシントン大学などの研究グループは1日、ジカ熱に感染させたマウスでは、精巣の萎縮や精◯の減少など生殖機能にダメージを受けることを確認したと英科学誌ネイチャーで発表した。

ジカ熱をめぐっては、過去の研究でも、感染したマウスは健康なマウスに比べ繁殖能力が劣ることが報告されている。

続きはソースで

▽引用元:Hazard lab 2016年11月01日 09時52分
http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/1/7/17641.html
ダウンロード (1)


引用元: 【感染症】ジカ熱で男性の生殖機能にダメージ 米ワシントン大がマウスの実験で  ©2ch.net

ジカ熱で男性の生殖機能にダメージ 米ワシントン大がマウスの実験での続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/03/05(土) 18:24:29.10 ID:CAP_USER*.net
ジカ熱、手足まひの難病と関連か WHOが注意喚起
2016/3/5 16:59
http://this.kiji.is/78758923738710019

 【ジュネーブ共同】ブラジルなど中南米諸国で感染が広がるジカ熱が新生児の小頭症だけでなく、手足のまひなどを伴う難病ギラン・バレー症候群の発症とも関連がある可能性が最新の研究で濃厚になってきた。世界保健機関(WHO)も懸念を強めており、感染国・地域の住民に注意を呼び掛けている。

続きはソースで

images



引用元: 【医療】ジカ熱、手足まひの難病と関連か WHOが注意喚起

ジカ熱、手足まひの難病と関連か WHOが注意喚起の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/02/12(金) 13:21:04.52 ID:CAP_USER*.net
ジカウイルスと小頭症の関連性強まる、研究報告2件
2016年02月12日 13:01 発信地:パリ/フランス

【2月12日 AFP】中南米地域で小頭症の新生児が急増する中、ジカウイルスに感染した母親の胎児の神経組織からウイルスの痕跡が見つかったとする2件の研究報告が11日、発表された。これらの報告書によって、ジカウイルスと小頭症との関連性が一段と強まる形となった。

 米医学誌「ニューイングランド医学ジャーナル(New England Journal of Medicine)」に掲載されたスロベニアの研究チームは、人工妊娠中絶した重度の小頭症胎児の脳内にジカウイルスの痕跡を発見したと、米医学誌「ニューイングランド医学ジャーナル(New England Journal of Medicine)」に掲載された報告書で述べた。小頭症は、先天的に頭蓋骨と脳が異常に小さく、障害や死亡の原因となる恐れがある。

 報告書によると、胎児の母親は欧州出身で、ブラジルでジカウイルスに感染したとみられるという。中南米とカリブ海諸国では、ジカ熱の流行と同時に小頭症が急増。なかでも、ブラジルでの感染および発生件数が最も多い。

続きはソースで

images


(c)AFP

http://www.afpbb.com/articles/-/3076673

引用元: 【医学】ジカウイルスと小頭症の関連性強まる、米疾病対策センターの研究者など報告2件

ジカウイルスと小頭症の関連性強まる、米疾病対策センターの研究者など報告2件の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/12/03(木) 14:23:15.22 ID:CAP_USER.net
一部州で例年の75倍=小頭症の新生児急増―ブラジル
時事通信 12月1日(火)14時38分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151201-00000095-jij-int

ダウンロード (2)


【サンパウロ時事】ブラジルで、通常より頭が小さく、発育に深刻な影響を与える小頭症の新生児が急増している。
 
今年は全土で例年の8.5倍に当たる1248人、最も多い州では75倍の646人が小頭症の疑いありと診断された。
緊急事態を宣言し、原因特定を急いでいた保健省は、新型ウイルス流行との関連を指摘し、検査体制を強化している。
 
「世界で初めて小頭症との関連が確認された」。
保健省は11月28日、血液検査の結果、蚊が媒介してまん延するジカウイルスが小頭症急増の原因だと判断。
妊婦が妊娠3カ月以内に蚊に刺され、感染すると、発症のリスクが高いと指摘した。
 
米疾病予防対策センターによると、発熱や下痢を引き起こすジカウイルスは1947年、アフリカのウガンダで発見され、これまでに東南アジアや太平洋諸島でも見つかっている。
ブラジルのバイア連邦大学は今年4月、同国でも初めて確認されたと発表していた。
 
ブラジルでは今年、北東部を中心にジカウイルスが流行し、小頭症が疑われる新生児数がペルナンブコ州で例年の75倍、パライバ州で60倍、リオグランデドノルテ州で44倍と急増。
16年に五輪を開催するリオデジャネイロ州でも13件確認されたほか、セアラ州では乳児の死亡も確認された。
 
ジカウイルスの感染を予防するワクチンはなく、有効な治療法も確立されていない。
保健省は「蚊に刺されないようにするしかない」と訴え、ウイルスを持つ蚊が発生しやすい不衛生な水溜りなどには近づかないよう注意を呼び掛けている。

*ご依頼いただきました。

引用元: 【感染症】ブラジルで小頭症の新生児急増 蚊が媒介、ジカウイルスが原因 一部州で例年の75倍

ブラジルで小頭症の新生児急増 蚊が媒介、ジカウイルスが原因 一部州で例年の75倍の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ