理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

山形県

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/10/01(木) 00:58:53.77 ID:???.net
板垣さん、高尾さん、中村さんがいて座に新星を発見
AstroArts 2015年9月29日
http://www.astroarts.co.jp/news/2015/09/29nova_sgr/index-j.shtml

山形県の板垣公一さんが9月27日、いて座に約10等級の新星を発見した。
福岡県の高尾明さん、三重県の中村祐二さんも同じ天体を発見している。

【2015年9月29日 CBAT/CBET/ATel】
山形県の板垣公一さんが9月27.4293日(世界時。日本時間27日19時20分ごろ)、いて座に9.9等の新天体を発見した。
天体の位置は以下のとおり。
赤経 18h03m32.75s
赤緯 -28°16′05.4″ (2000年分点)

同日、福岡県の高尾明さん、三重県の中村祐二さんも同じ天体を発見している。

千葉県の野口敏秀さん、群馬県の小嶋正さん、福岡県の西山浩一さん、茨城県の清田誠一郎さんらによる
国内外の確認観測が行われ、分光観測により天体が新星であることが確認された。

(引用ここまで 関連情報と全文は引用元参照)

☆ご依頼いただきました。

ダウンロード (1)
 

引用元: 【天文】板垣さん、高尾さん、中村さんがいて座に約10等級の新星を発見

【板垣】板垣さん、高尾さん、中村さんがいて座に約10等級の新星を発見の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/08/12(水) 21:20:10.18 ID:???.net
山形県の板垣公一さんが8月6日、ペガスス座の銀河に超新星を発見した。
板垣さんの超新星発見は今年8個目、通算では108個目となる。
----------
【2015年8月12日 CBAT/ATel】

山形県の板垣公一さんが8月6.6796日(世界時。日本時では7日1時20分ごろ)、ペガスス座方向の銀河NGC 7753に超新星候補天体を17.3等で発見した。
天体の位置は以下のとおり。
赤経 23h47m06.15s
赤緯 +29°29′07.4″ (2000年分点)

画像:ペガスス座の超新星(撮影:板垣公一さん、以下同)
http://www.astroarts.co.jp/news/2015/08/12sn_peg/attachments/itagaki.jpg

伊・アジアゴ天文台での分光観測から、II型超新星とみられている。

画像:NGC 7753周辺の星図と、DSS画像に表示した超新星。
http://www.astroarts.co.jp/news/2015/08/12sn_peg/attachments/chart.png

板垣さんによる超新星発見は今年8個目で、通算では108個(独立発見を含む)となった。
板垣さんは2006年5月にも、同じ銀河に超新星2006chを発見している(板垣さんの18個目の発見)。

(引用ここまで 全文は引用元参照)

00


▽記事引用元
AstroArts 2015年8月12日
http://www.astroarts.co.jp/news/2015/08/12sn_peg/index-j.shtml

☆ご依頼いただきました。

引用元: 【天文】板垣さん、ペガスス座に今年8個目となる超新星発見 通算108個

板垣さん、ペガスス座に今年8個目となる超新星発見 通算108個の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/08/05(水) 07:03:05.39 ID:???.net
板垣さん、7月に3個の超新星を発見
引用元:AstroArts 
http://www.astroarts.co.jp/news/2015/08/04sne/index-j.shtml

ダウンロード (1)


山形県の板垣公一さんが7月10日と12日、3個の超新星を相次いで発見した。
板垣さんの超新星発見は今年7個目、通算では107個目となる。
------------
【2015年8月4日 CBAT (1)/(2)/(3)/ATel (1)/(2)】

山形県の板垣公一さんが7月10.6552日(世界時。日本時では11日0時45分ごろ)、みずがめ座方向の銀河NGC 7371に超新星候補天体を16.7等で発見した。
天体の位置は以下のとおり。
赤経 22h46m05.04s
赤緯 -10°59′48.4″ (2000年分点)

みずがめ座の超新星(撮影:板垣公一さん、以下同)
http://www.astroarts.co.jp/news/2015/08/04sne/attachments/sn_aqr.jpg

米・リック天文台での分光観測から、Ib型超新星とみられている。

NGC 7371周辺の星図と、DSS画像に表示した超新星。
http://www.astroarts.co.jp/news/2015/08/04sne/attachments/chart_aqr.png
--------------
同7月10.7439日(世界時。日本時では11日2時50分ごろ)、
おひつじ座方向の銀河NGC 938にも超新星候補天体を17.3等で発見した。
天体の位置は以下のとおり。
赤経 02h28m32.86s
赤緯 +20°17′07.7″ (2000年分点)

おひつじ座の超新星
http://www.astroarts.co.jp/news/2015/08/04sne/attachments/sn_ari.jpg

岡山県美星天文台での分光観測から、Ia型超新星とみられている。

NGC 938周辺の星図と、DSS画像に表示した超新星。
http://www.astroarts.co.jp/news/2015/08/04sne/attachments/chart_ari.png
---------------
さらに2日後の7月12.7354日(世界時。日本時では13日2時40分ごろ)、ペルセウス座方向の銀河KUG 248+373にも超新星候補天体を17.0等で発見した。
天体の位置は以下のとおり。
赤経 02h51m33.04s
赤緯 +37°30′43.4″ (2000年分点)

ペルセウス座の超新星
http://www.astroarts.co.jp/news/2015/08/04sne/attachments/sn_per.jpg

伊・アジアゴ天文台での分光観測から、Ib/c型超新星とみられている。

KUG 248+373周辺の星図と、DSS画像に表示した超新星
http://www.astroarts.co.jp/news/2015/08/04sne/attachments/chart_per.png

板垣さんによる超新星発見は今年5~7個目で、通算では107個(独立発見を含む)となった。
一晩で2個の発見は2013年12月(参照:「板垣さんがとかげ座の銀河に超新星2013hqを発見」)以来3度目の快挙となる。
(引用ここまで 参照資料等全文は引用元参照)

☆ご依頼いただきました。

引用元: 【天文】板垣さん 7月に3個の超新星を発見 今年7個目、通算で107個目

板垣さん 7月に3個の超新星を発見 今年7個目、通算で107個目の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/05/20(水) 21:48:42.42 ID:???.net
KISSプロジェクト、かみのけ座方向に超新星を発見、板垣さんも独立発見 - アストロアーツ
http://www.astroarts.co.jp/news/2015/05/20sn_com/index-j.shtml

画像
http://www.astroarts.co.jp/news/2015/05/20sn_com/attachments/sn_com.jpg
かみのけ座の超新星の発見画像(撮影:板垣公一さん)
http://www.astroarts.co.jp/news/2015/05/20sn_com/attachments/chart.png


長野県木曽観測所の超新星探査プロジェクトで、かみのけ座の方向に超新星が発見された。山形県の板垣公一さんも同じ天体を独立発見している。

【2015年5月20日 CBAT/ATel】

長野県の木曽観測所での超新星探査「KISSプロジェクト」で5月10.54日(世界時。日本時間10日22時ごろ)に撮影された画像から、かみのけ座に18.3等の新天体が発見された。山形県の板垣公一さんも13.52日(日本時間21時30分ごろ)に同じ天体を17.2等で独立に発見した。板垣さんの報告によると天体の位置は以下のとおり。
赤経 13h00m32.30s
赤緯 +27°58′41.1″ (2000年分点)

複数の天文台で行われた分光観測から、極大前のIa型超新星とみられる。KISSプロジェクトによる超新星発見は通算で23個となった。また、板垣さんの超新星発見は今年4個目、通算では104個目となる。

KISSプロジェクトは、東京大学大学院理学系研究科附属天文学教育研究センター木曽観測所を中心とした国際共同グループによる、超新星の発見、 特に超新星爆発直後数時間以内での可視光での発見を目指す大規模な超新星探査プロジェクト。プロジェクト名のKISSは「Kiso Supernova Survey」のアクロニムである。 

KISSプロジェクトの目的は、超新星爆発の瞬間に起こると考えられているショックブレイクアウト(衝撃波脱出) 現象を捉えることである。
超新星爆発直後の数時間は、重力崩壊により星の中心で発生した衝撃波が恒星の表面を通過することによって光度が激増することが予測されている。この現象は「ショックブレイクアウト」(衝撃波脱出)と呼ばれるが、これまでに可視光領域で観測されたことがない。KISSプロジェクトは、ショックブレイクアウト現象を世界で初めて可視光で検出し、未だ謎の多い重力崩壊型超新星の爆発のメカニズムに関する理論予想を検証・解明するすることを目標としている。

木曽観測所の開発した超広視野CCDカメラ Kiso Wide Field Camera (KWFC) は、およそ満月16個分にあたる2度角四方の領域を一度に観測することができる。
このKWFCを用いて1時間おきに空の同じ領域を監視することによって、空の広い領域を一晩に複数回監視し、超新星爆発のその瞬間を捉える。

超新星の候補はPCによる画像減算処理で絞り込まれる。処理のミス等によって紛れ込んだ「偽物」の選別については、広くインターネットを通じてアマチュア天文家による協力も求めている。
2017年から、広視野CMOSカメラを東京大学木曽観測所の105cmシュミット望遠鏡に搭載して可視光の広視野サーベイ観測を行う トモエゴゼン計画 (the Tomo-e Gozen project) が予定されている。計画名は源義仲に仕えたとされる女性 巴御前に由来する。

1
 

引用元: 【天文】KISSプロジェクト、かみのけ座方向に超新星を発見、板垣さんも独立発見(今年4個目、通算104個目)

KISSプロジェクト、かみのけ座方向に超新星を発見、板垣さんも独立発見(今年4個目、通算104個目)の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/05/08(金) 17:52:47.22 ID:???.net
板垣さんがペガスス座に超新星を発見、今年3個目 - アストロアーツ
http://www.astroarts.co.jp/news/2015/05/08sn_peg/index-j.shtml

画像
http://www.astroarts.co.jp/news/2015/05/08sn_peg/attachments/sn_peg.jpg
ペガスス座の超新星の発見画像(撮影:板垣公一さん)
http://www.astroarts.co.jp/news/2015/05/08sn_peg/attachments/chart.png
NGC 7712周辺の星図と、DSS画像に表示した超新星。クリックで拡大(「ステラナビゲータ」で星図作成。DSS画像の版権について)



山形県の板垣公一さんが4月25日、ペガスス座の銀河に超新星を発見した。板垣さんの超新星発見は今年3個目、通算103個目となる。

【2015年5月8日 CBAT/ATel】
山形県の板垣公一さんが4月25.7862日(世界時。日本時では26日4時ごろ)、ペガスス座方向の銀河NGC 7712に超新星候補天体を16.3等で発見した。天体の位置は以下のとおり。
赤経 23h35m52.26s
赤緯 +23°36′52.1″ (2000年分点)

米・キットピーク国立天文台での分光観測から、極大約1か月後のIc型超新星とみられる。板垣さんによる超新星発見は今年3個目で、通算では103個となった。

1
 

引用元: 【天文】板垣さんがペガスス座に超新星を発見、今年3個目

【また垣】板垣さんがペガスス座に超新星を発見、今年3個目の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/04/20(月) 17:56:36.27 ID:???.net
NEDO:山形県酒田港で波力発電の実証試験を開始
http://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_100378.html

画像
http://www.nedo.go.jp/content/100643704.jpg
今回設置した波力発電システム
(山形県酒田港)
http://www.nedo.go.jp/content/100643709.jpg
http://www.nedo.go.jp/content/100643710.jpg


NEDOは、海洋エネルギー技術研究開発プロジェクトの一環として空気タービン式波力発電システムを開発、山形県酒田港の護岸にて実証試験を開始しました。

波力発電システムの実用化につなげるとともに、既存の防波堤や護岸などに取付け可能なシステムとして建造・設置コストの低減化を目指します。


1.概要

海洋エネルギー(海洋温度差、波力、潮力、海流等)発電技術は、欧米を中心として活発な技術開発が行われており、地球温暖化対策として注目されていると共に、今後の市場の拡大が期待されています。これまでも大学を中心とした研究開発が進められており、中でも波力発電は1980年代から研究開発や実証試験が実施されてきました。しかし、事業採算性を有した事業として自立するに至っておらず、発電効率及び設備の耐久性の、より一層の向上、監視システム及び制御システムの高度化などが必要な状況です。

NEDOは、2011年度から海洋エネルギー発電技術の研究開発プロジェクトを実施しており、開発した空気タービン式波力発電システムについて、山形県酒田港の実海域で実証試験を開始します。
この発電システムは、護岸に設置した振動水柱型空気タービン方式の発電装置です。本実証試験では、最大15kW級の規模で半年程度の実証試験を予定しております。

続きはソースで

no title

引用元: 【エネルギー技術】山形県酒田港で空気タービン式波力発電システムの実証試験を開始 NEDO

山形県酒田港で空気タービン式波力発電システムの実証試験を開始 NEDOの続きを読む

このページのトップヘ