理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

山林

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2018/09/28(金) 13:41:49.37 ID:CAP_USER
■「生きているとわかっただけで素晴らしい」と専門家、ニューギニア島

 ウォンディウォイキノボリカンガルーはとても珍しく、1世紀近く姿を消していたため、すでに絶滅したと考えられてきた。そのウォンディウォイキノボリカンガルーがついに再発見され、しかも初めて写真に収められた。

 一見サルのようなこのキノボリカンガルーはニューギニア島の山林で樹上生活している。ただし1928年、欧米の科学者たちに発見されたのが唯一の目撃情報だった。

 シドニーにあるオーストラリア博物館の有袋類学者マーク・エルドリッジ氏は「最も実態が知られていない哺乳類の一つです」と話す。

 だが、英国のアマチュア植物学者がインドネシア西パプア州のウォンディウォイ山地に入り、標高約1500メートル地点の竹林を探検していたとき、ついにウォンディウォイキノボリカンガルーを発見した。

 エルドリッジ氏は「まだ生きているとわかっただけでも素晴らしいことです。人里離れた場所で、アクセスも困難なため、このような生息場所があると知ることすらできなかったかもしれません」と高く評価している。

■知られざるキノボリカンガルー

 キノボリカンガルーは熱帯に暮らす有袋類で、地上で生活するカンガルーやワラビーの近縁種だ。カンガルー科では中くらいの大きさだが、前脚の筋肉が発達しているため、木の幹をよじ登ることができる。この技術とカンガルー独特の跳躍を組み合わせ、枝から枝へと移動する。

世界的にはほとんど知られていないが、キノボリカンガルーは驚くほど多様だ。合わせて17の種と亜種から成り、2種はオーストラリア北部、残りは広大なニューギニア島に分布している。

 今回、ウォンディウォイキノボリカンガルーを発見したのは、英国ファーナムのアマチュア植物学者マイケル・スミス氏(47歳)率いる探検隊。スミス氏は大学で生物学を専攻し、現在、医療系情報サービス会社で働いているが、休暇になると希少なラン、ツツジ、チューリップなどを追い求め、パキスタンやクルディスタン、インドネシアの辺境を訪れる。2017年、西パプア州の山地でツツジを探していたとき、謎の生物の話を聞き、今回の探検を思いついた。

 スミス氏はパプア人のポーター4人、ガイド役の地元のハンター、パプア大学に通うノーマン・テロック氏の助けを借り、ジャングルへの旅に出た。スミス氏にとってテロック氏は同志のような存在で、自然史への情熱という共通点を持つ。7月23日に出発してから1週間後、スミス氏らは発見のニュースを持ち帰った。

 スミス氏はこのニュースを公表する前に、エルドリッジ氏や豪クイーンズランド州にあるジェームズクック大学のロジャー・マーティン氏など、キノボリカンガルーの世界的な専門家たちとコンタクトをとり、事実を確認した。

続きはソースで

https://cdn-natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/c/092700100/ph_thumb.jpg

ナショナルジオグラフィック日本版サイト
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/c/092700100/
ダウンロード


引用元: 【動物】絶滅とされたキノボリカンガルー、90年ぶり再発見[09/27]

絶滅とされたキノボリカンガルー、90年ぶり再発見の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/05/10(日) 01:14:35.26 ID:???*.net
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20150509/201505090912_24877.shtml
 土岐市土岐津町土岐口の会社員三尾和廣さん(66)が、中津川市内の山林で体長が2メートル近いイノシシの姿を、赤外線自動カメラで撮影した。
長年、野生動物の生態を調べてきた三尾さんは
「家畜ブタの遺伝子が入ったイノブタのようにも見える。県内でも在来種のイノシシに遺伝子が入り込んでいるのではないか」
と危惧している。

 三尾さんによると、イノシシは自身が所有する杉林で今年4月末の夜間に撮影。成獣は体重が70~100キロだが、撮影されたイノシシは体重が150キロほど、体長は約1.8メートルと推定されるという。

 「鼻が短いなど、体格がイノシシとは思えず、違和感を感じる。直系の1代目なら外見的特徴が出やすいが、2代目や3代目になると、外見での判別は難しい」と、三尾さんは研究機関での調査の必要性を訴えている。

 県内に生息するイノシシの遺伝学的解析に3年前から取り組む、岐阜大野生動物管理学研究センター特任助教の森部絢嗣さんは「確かに大きい個体だが、外見だけでは家畜ブタとの交配種イノブタと判断できない。

続きはソースで

no title

引用元: 【社会】巨大イノシシ撮った 中津川の山林、体長1.8メートルか 岐阜

巨大イノシシ撮った 中津川の山林、体長1.8メートルか 岐阜の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: のーみそとろとろφ ★ 2013/12/11(水) 16:03:15.64 ID:???

 神奈川県は10日、花粉の出ない「無花粉ヒノキ」を同県秦野市の山林で発見したと発表した。

 突然変異で正常な花粉ができない個体とみられる。
県によると、無花粉スギは1992年に富山県で発見されたが、ヒノキでは全国初という。
県は挿し木で苗木を育てて普及させ、花粉症対策に役立てる方針だ。

 県自然環境保全センターが2011年から4074本のヒノキを調べ、昨年4月に無花粉ヒノキ(推定樹齢約40年、高さ約10メートル)を発見した。
花粉のもとになる細胞が不均一で正常な花粉ができないという。11月に東京都内で開かれた森林遺伝育種学会で、専門家によって確認された。

 同センターは現在、約30本の苗木を育てており、4、5年後の品種登録を目指す。

(2013年12月11日14時27分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20131211-OYT1T00238.htm?from=ylist
神奈川県秦野市で見つかった無花粉ヒノキをもとに、挿し木で育てた苗木(10日、横浜市の神奈川県庁で)
6

http://www.yomiuri.co.jp/photo/20131211-484580-1-L.jpg



【朗報】「無花粉」のヒノキ、神奈川・秦野市で発見の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ