理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

岩石

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 白夜φ ★ 2014/01/05(日) 22:48:54.42 ID:???

ショウガ形の小惑星も岩石集成型=「イトカワ」と類似-中国探査機が接近観測


中国の探査機「嫦娥2号」が2012年12月13日に小惑星「トータティス」に接近した際に連続撮影した画像 
(左端は距離18.3キロ、右端は67.7キロ)(中国国家航天局提供) 

【画像】
http://www.jiji.com/news/kiji_photos/0140105at23_p.jpg 



中国の空間技術研究院などの研究チームは、探査機「嫦娥2号」が2012年に小惑星「トータティス」に接近し、光学カメラで詳細に観測した成果を英科学誌サイエンティフィック・リポーツに発表した。

形が「ショウガの根に似ている」トータティスは、ラッコ形の「イトカワ」と同様に頭部と胴体で構成されており、大きな岩石片が集まって形成された可能性が高いことが裏付けられた。
 
火星と木星の間にある小惑星帯から外れ、地球近くまで周回するようになった小惑星群の中には、トータティスやイトカワ以外にも主に2個の岩石片がくっついたとみられる小惑星が見つかっており、よくある形成過程と考えられるという。(2014/01/05-16:06)

▽記事引用元 時事ドットコム 2014/01/05-16:06配信記事
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201401/2014010500134&g=int

▽関連リンク
Scientific Reports 3, Article number: 3411 doi:10.1038/srep03411
Received 03 July 2013 Accepted 18 November 2013 Published 12 December 2013
The Ginger-shaped Asteroid 4179 Toutatis: New Observations from a Successful Flyby of Chang'e-2
http://www.nature.com/srep/2013/131212/srep03411/full/srep03411.html
1



ショウガ形の小惑星「トータティス」も岩石集成型 「イトカワ」と類似 中国探査機「嫦娥2号」が接近観測の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: かじてつ!! φ ★ 2013/12/18(水) 17:16:29.57 ID:???P

○新発見!南極大陸にダイヤ鉱脈が眠る可能性

ダイヤモンドは、地球の内部、マントルのどろどろに融けた岩石の中で炭素が高温高圧にさらされて作られる。

そして数百万年後に火山の大噴火によって地表近くまで運ばれて、キンバーライト(キンバリー岩)というカンラン石と雲母を主原料とする火成岩の層から人々に発見される。

例えばキンバーライトは、世界的に有名なデビアス社が所有する南アフリカのカリナン鉱山などに分布している。
だからキンバーライト層を発見することは、ダイヤモンド鉱脈を発見することの第1歩となる。

そして、18日付けの科学誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」に、南極大陸東部プリンス・チャールズ山脈のメレディス山南東斜面で、このキンバーライト層を発見したとする豪州の研究チームの論文が掲載された。

「夢のような話」だが、南極は「環境保護に関する南極条約議定書」によって、少なくとも50年間は採掘が禁止されている。

ちなみに同研究グループは、もちろんダイヤモンド発見にはまだ至っていない。

☆写真:ダイヤモンドが眠る可能性がある火成岩キンバーライト(キンバリー岩)
8fe5a641.jpg

http://www.hazardlab.jp/contents/post/4133/Kimberlite.jpg

□ソース:ハザードラボ
http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/4/1/4133.html



新発見!南極大陸にダイヤ鉱脈が眠る可能性の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ◆HeartexiTw @胸のときめきφ ★ 2013/11/07(木) 06:04:10.00 ID:???0 BE:1028763656-PLT(12557)

火山の噴火を引き起こすマグマは地下深くの岩石が溶けて作られますが、溶けた直後から成分がほぼ変化しないまま固まったとみられる特殊な溶岩が太平洋の火山の近くの海底で見つかりました。
研究チームは噴火のメカニズムや地球の内部の構造の解明につなげたいとしています。

特殊な溶岩が見つかったのは、太平洋のマリアナ海溝の西側にある火山、パガン島近くの海底です。

b1766d7e.jpg

*+*+ NHKニュース +*+*
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131107/k10015861071000.html



海底から特殊溶岩…噴火の仕組み解明もの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ボマイェ(WiMAX) 2013/10/31(木) 20:20:51.64 ID:E/J4Zzpd0 BE:4790554087-PLT(12000) ポイント特典

【2013年10月31日 NASA】

今年発見された公転周期わずか8.5時間の系外惑星が、地球と同等サイズの岩石惑星であることがわかった。
このタイプの惑星の発見は、太陽系外では初めてだ。

確定した太陽系外惑星の数が10月22日に1000個を超え、系外惑星の存在はもはやまったく珍しいことではなくなってきた。これらの発見に大いに貢献してきたNASAの探査衛星「ケプラー」のデータから、今回初めて地球と同等サイズの岩石惑星が見つかった。

惑星「ケプラー78b」が見つかったのは、はくちょう座の方向400光年彼方にある、太陽より少し小ぶりな恒星だ。
「ケプラー」の観測では、惑星が中心星の前を通過する時にわずかに暗くなるようすがわかる。その減光の度合いから惑星の大きさが地球の1.2倍、つまり体積は地球のおよそ1.7倍とわかった。

さらにアメリカとスイスの研究チームがそれぞれ別の地上望遠鏡による分光観測を行い、中心星が惑星の重力でわずかに振り回されるようすを調べたところ、惑星の質量が地球の1.7倍という一致した結果が得られた。

体積と質量の比率が地球と同じということは組成が同じ、つまりガス惑星ではなく、地球と同じく主に岩石と鉄でできた天体ということだ。地球と同等の大きさの岩石惑星はこれが初めての発見となる。

ただしケプラー78bは公転周期が8.5時間とひじょうに短い。中心星からの距離が太陽~地球間の100分の1程度しか離れていないため、灼熱地獄のような環境と推定される。

ステラナビゲータで系外惑星の位置を表示

ステラナビゲータでは、770個を超える「惑星の存在が確認された恒星」を追加天体として「コンテンツ・ライブラリ」で公開しており、ケプラー78(中心星)が存在する方向を星図に表示できます。ステラナビゲータをご利用の方は、ステラナビゲータの「コンテンツ・ライブラリ」からファイルをダウンロードしてください。

67c810d8.jpg

http://www.astroarts.jp/news/2013/10/31kepler78b/kepler78b.jpg


2: ボマイェ(WiMAX) 2013/10/31(木) 20:21:57.41 ID:E/J4Zzpd0 BE:1539821636-PLT(12000)

ソース

太陽系外初、地球サイズの岩石惑星
http://www.astroarts.co.jp/news/2013/10/31kepler78b/index-j.shtml


★ステラナビゲータ
http://www.astroarts.co.jp/products/stlnav9/

ステラナビゲータとは?

ステラナビゲータは、紀元前10万年から西暦10万年までの星空を高精度で再現する、天文シミュレーションソフトウェアです。膨大な天文データを内蔵しており、天文現象の再現はもちろんのこと、今見えている星空について調べることから望遠鏡の制御まで、天文の様々な楽しみ方を幅広くサポートします。



【宇宙ヤバイ】 太陽系外初 地球サイズの岩石惑星を発見 地球と組成が同じの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 白夜φ ★ 2013/10/12(土) 23:56:22.18 ID:???

地球に似た惑星の残骸、宇宙の「墓場」で発見
2013年10月11日 12:32 発信地:ワシントンD.C./米国

【10月11日 AFP】遠く離れた宇宙で粉々になった惑星の残骸を観測した結果、水と岩石の地表が共に存在していた痕跡を、太陽系外で初めて発見したと、英天文学者らが11日、米科学誌サイエンス(Science)で発表した。

この惑星の残骸が見つかったのは、地球からおよそ150光年離れた惑星系。
ここには、かつて生命に適した環境が存在していたとみられる他、複数の地球型惑星が恒星「GD 61」の周囲を公転していた可能性があるという。

GD 61は約2億年前にエネルギーを失い、その強大な重力によって近くの惑星を吸い寄せて粉々にした。
GD 61は現在、惑星の残骸が周囲に漂う「白色矮星」となっている。

恒星との距離が近すぎず遠すぎない生命居住可能領域「ハビタブルゾーン」内にある惑星はこれまでにも見つかっているが、木星のようにガスを主成分としているのか、それとも地球のように岩石でできているのかなど、惑星の組成については、星の表面を調べるには距離があまりにも離れすぎていたため、謎とされていた。

しかし、粉々になった惑星では、そのかけらを調査することにより、星の主成分を知ることができる。
これまでに白色矮星を公転する太陽系外惑星12個の残骸について調査が行われていたが、水の痕跡が発見されたのは今回が初めて。

調査では、紫外分光法によるデータを参照し、粉々になった惑星のかけらの成分を調べた。
その結果、このかけらには地球よりもはるかに多い割合の水が含まれていたことが分かった。
白色矮星を取り巻く大気からは、岩石の主成分であるマグネシウム、ケイ素、鉄、酸素が検出されたという。(c)AFP

43b2b8ec.jpg

7

▽記事引用元 AFPBBNews 2013年10月11日 12:32配信記事
http://www.afpbb.com/articles/-/3001212

▽関連リンク
・Science 11 October 2013:
Vol. 342 no. 6155 pp. 218-220
DOI: 10.1126/science.1239447
Evidence for Water in the Rocky Debris of a Disrupted Extrasolar Minor Planet
http://www.sciencemag.org/content/342/6155/218.abstract
・University of Cambridge
Watery asteroid in dying star points to habitable exoplanets
http://www.cam.ac.uk/research/news/watery-asteroid-in-dying-star-points-to-habitable-exoplanets#sthash.HUwo6Gv1.dpuf



【宇宙ヤバイ】地球に似た惑星の残骸、宇宙の「墓場」で発見の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ◆SWAKITI9Dbwp @すわきちφφ ★ 2013/10/01(火) 00:05:23.85 ID:???

むかわ町の町立穂別博物館は29日、2009年に地元の小学生がむかわ町穂別の約7000万年前の地層の岩石から発見した化石を基に欧州や日本の研究者が共同研究し、イカの祖先の一つに当たる新属として「ロンギベルス属」と命名したことを発表した。
共同研究に関わった博物館の西村智弘嘱託学芸員(34)は「イカの進化の過程を調べる上で重要な発見」と話している。

 発見の契機になった化石は、2009年8月の博物館主催の化石を探す体験教室で、当時穂別小6年生だった中村剛瑠(たける)君(16)=三笠高校1年生=が見つけ、寄贈した。

 博物館によると、イカやタコなどの鞘形(しょうけい)類の殻の化石で、円すい形。長さ2.5センチ。
この化石が鞘形類では従来発見がなかった時代の地層からの採取だったので、西村さんが貴重と感じて、ドイツ・ベルリン自由大学のデャーク・フックス助教に調査を依頼、化石の写真などを送った。

 研究は西村さんとフックス助教の他、オックスフォード大学(英国)や北海道大学、東京大学の研究者も加わり、世界中の鞘形類化石のデータを集めて、進められた。

 この結果、穂別を含めて道内産出の鞘形類の化石はこれまで別の属に含まれていたが、その属で見られない特徴が殻の表面や構造にあったため、新属と判定し、今月発行の英国古生物学会誌に論文が掲載された。「ロンギベルス」には「細長い弾丸」の意味がある。

 穂別産の化石について西村さんは「保存状態が良く、新属の判断にも役立った」と説明。
穂別産の化石が後期白亜紀のマーストリヒチアン(約7000万年前)の地層から産出した点も重要視し、「新属の中で最も新しい地層からの発見。この時代は海の生物や恐竜なども絶滅した頃である。
イカの進化史を知るのにも、重要な手掛かり」と続けた。

 寄贈者の中村君は「見つけた時は何の化石か分からなかったが、こうして世界的な研究に役立ってよかった」と笑顔を見せた。

 化石は穂別博物館で10月1日から展示公開される。

苫小牧民報社
http://www.tomamin.co.jp/2013095330

3

http://pomu.town.mukawa.lg.jp/secure/3003/%E3%AD%E3%B3%E3%AE%E3%99%E3%AB%E3%B9%E5%B1%E7%A4%BA%E3%9D%E3%B9%E3%BF%E3%BC.jpg

プレスリリース
http://pomu.town.mukawa.lg.jp/secure/3002/%e3%ad%e3%b3%e3%ae%e3%99%e3%ab%e3%b9%E3%80%e3%97%e3%ac%e3%b9%e3%aa%e3%aa%e3%bc%e3%b9.pdf

Palaeontology
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/pala.12036/abstract



【古生物】2009年に小学生が発見した化石が、イカの進化史に迫る新属のものと判明・「ロンギベルス属」と命名されるの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ