理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

希望

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/02/06(金) 14:19:25.65 ID:???*.net
ISSきぼう:ブラジルの超小型衛星を放出 有料で初
【毎日新聞】 2015/02/06 10:33(最終更新 02/06 11:25)

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は5日、国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験棟「きぼう」からブラジルの超小型衛星を宇宙へ放出することに成功したと発表した。JAXAが公募した有料による放出枠を利用した初のケースという。

放出したのは、ブラジル国立宇宙研究所などが開発した1辺10センチの技術実証衛星「AESP14」。
JAXA筑波宇宙センター(茨城県つくば市)で開発に参加した研究者らが見守る中、同日午後9時50分に放出された。

JAXAは昨年4月、きぼうからの放出やH2Aロケットへの相乗りを希望する衛星について、研究を目的にした従来の無料枠に加え、試行的に有料枠を設けた。きぼうからの放出は10センチ級で300万円と、ロケット相乗り(2700万円)より安い。

続きはソースで

【大場あい】

ソース: http://mainichi.jp/select/news/20150206k0000e040192000c.html
画像: http://mainichi.jp/graph/2015/02/06//20150206k0000e040192000c/image/001.jpg
 (国際宇宙ステーションの日本実験棟から放出されたブラジルの超小型衛星(中央)=JAXA、NASA提供)

プレスリリース:
ブラジルの宇宙機関が開発した超小型衛星を放出しました
http://iss.jaxa.jp/kiboexp/news/150205_aesp14.html

引用元: 【科学】ISS「きぼう」からブラジルの超小型衛星を放出、有料枠で初 - JAXA [15/02/06]

ISS「きぼう」からブラジルの超小型衛星を放出、有料枠で初 - JAXAの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ランサルセ(三重県) 2013/11/03(日) 11:16:08.90 ID:f6CTlRPY0 BE:2169926249-PLT(12005) ポイント特典

 義務教育の充実ほど、将来に希望をもたらす前提はない。そして、この素晴らしい前提を享受してきたのが日本だ。
なのに、日本人はその素晴らしさにあまり気づいていない。

 ただ、間違ってはいけない。いくら義務教育が良く、国民に基礎学力があり、貧富の差が少ないからといって、
では日本人が一様にドイツ人より優秀かというと、それは違う。ドイツ人に優秀な人が多いことは、私が別にここで力説しなくても、ノーベル賞受賞者を見ただけで分かる。

 先のOECDのテストは、いわゆる寺子屋の「読み、書き、そろばん」という基礎知識のテストであったが、打って変わって大学生、大学院生を対象に、もう少し高度な知識のテストをするなら、ドイツはおそらく上位につけるだろう。
少なくとも、日本の大学生が1位で、ドイツの大学生が中庸とはならないはずだ。

 その理由は、日本の大学が玉石混交であるのに比べて、ドイツにはほとんど国立大学しかなく、それも、アビトゥアという高校(ギムナジウム)の卒業試験に合格した者しか、大学に行くことができないからだ。

 アビトゥアは、州ごとで一斉に行われ、日本でいえばセンター試験に似ている。そして、とても難しい。
ドイツの大学生というのは、少なくともこの難しい関門を通り、ギムナジウムを卒業できた人たちなのである。

13

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39021?page=4



ドイツ人「日本人よりドイツ人の方が優秀。ノーベル賞受賞者を見れば分かる。大学レベルもドイツが上」の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: チェーン攻撃(大阪府) 2013/10/20(日) 08:49:25.28 ID:D1KgZW6h0 BE:579689137-PLT(12001) ポイント特典

 【岡崎明子、ワシントン=行方史郎】青い目で足が速く、乳がんになるリスクが低い子どもが欲しい――。
親が望む特徴をもつ赤ちゃんを作る「デザイナーベビー」につながる遺伝子解析技術が考案され、米国で特許が認められた。自分と、精・子や卵子の提供候補者ごとに遺伝情報を解析して、望み通りの子どもが生まれる確度を予測するシステムだ。科学者からも「倫理的に大きな問題」と批判が出ている。

 特許化されたのは、米国の個人向け遺伝子解析会社の大手「23アンドミー」(本社・米国カリフォルニア)の手法で、米特許商標庁が9月24日付で認めた。

 同社はIT大手グーグルの共同設立者らが出資。2007年から、唾液(だえき)に含まれるDNAの遺伝子配列のわずかな違い(SNP)を分析して、アルツハイマー病や糖尿病など約120の病気のリスクのほか、目の色や筋肉のタイプなど計250項目を判定する事業を展開している。価格は99ドル(約1万円)で、利用者は50カ国以上、日本人を含め40万人を超えている。

http://www.asahi.com/tech_science/update/1020/TKY201310190433.html?ref=com_top6_1st
2



遺伝子操作で生まれてくる子供を美男美女に設計することが可能にの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ミッドナイトエクスプレス(栃木県) 2013/08/28(水) 13:19:43.07 ID:rFfYgyo90 BE:214677195-PLT(12791) ポイント特典

火星移住希望16万5千人、日本からも9人 海外NPO

 【ワシントン=行方史郎】火星移住を目指す民間プロジェクトへの応募者が16万5千人に達した。
主催するオランダのNPO「マーズ・ワン財団」によると、応募は140カ国に上り、28日現在、日本からも9人が登録している。31日が締め切りだ。

 ウェブサイトには自己紹介のビデオメッセージが公開され、日本からの応募者は「歴史の一部になることを夢見ている」「宇宙で生活して仕事をすることを夢見続けてきた」などと語っている。

 18歳以上ならだれでもオンラインで応募できる。国に応じて5~73ドル(約490~7100円)の応募費がかかり、日本からは29ドル。財団では、求められる要素として、「自分自身を省みる能力」に加え、「柔軟性」「適応力」「好奇心」などを挙げる。

http://www.asahi.com/tech_science/update/0828/TKY201308280034.html?ref=com_top6_2nd
a998ea4c.jpg



火星移住応募16万5千人突破 「宇宙で仕事するのが夢」 ← 馬鹿だろ、ブラジル移民よりきついぞ多分の続きを読む

このページのトップヘ