理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

帽子

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/12/17(土) 01:41:49.60 ID:CAP_USER
ハリポタ「組み分け帽子」そっくりの新種クモ 登場人物にちなんで命名

インドで発見された新種のクモが、人気小説「ハリー・ポッター」に登場する「組み分け帽子」に「気味が悪いくらい」に似ているとして、登場人物にちなんだ命名がされた。

「エリオビクシア・グリフィンドリ」と名付けられた新種のクモは体長わずか7ミリで、インド南西部にある山岳地帯の西ガーツ地方で見つかった。

名前の一部「グリフィンドリ」は、小説の主人公が学ぶホグワーツ魔法魔術学校の創設者の一人で、帽子の持ち主だったゴドリック・グリフィンドールにあやかっている。

続きはソースで

▽引用元:BBC News 2016年12月15日
http://www.bbc.com/japanese/38325345

新種のクモ「エリオビクシア・グリフィンドリ」(写真左)と「組み分け帽子」
http://ichef-1.bbci.co.uk/news/660/cpsprodpb/121C1/production/_92977147_befunkycollage.jpg

ダウンロード


引用元: 【生物】ハリポタ「組み分け帽子」そっくりの新種クモ「エリオビクシア・グリフィンドリ」 登場人物にちなんで命名©2ch.net

ハリポタ「組み分け帽子」そっくりの新種クモ「エリオビクシア・グリフィンドリ」 登場人物にちなんで命名の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/08/17(水) 12:27:23.08 ID:CAP_USER
帽子を被ると薄毛になるのは本当?科学的に実証してみて分かったコト (ニュースイッチ) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160817-00010001-newswitch-sctch
http://amd.c.yimg.jp/amd/20160817-00010001-newswitch-000-1-view.jpg


運動後、細菌数など増加。専門家は洗髪を推奨

 真夏の運動や外出時の必需品の一つに帽子がある。夏に帽子をかぶる最大の目的は頭を直射日光から守り、熱中症や日焼けを防ぐことにある。一方、帽子の中が蒸れることで頭皮や髪に悪影響があるのでは、との懸念も根強い。こうした中、帽子が頭皮や髪に与える影響を科学的に検証する動きが出てきた。業務上、帽子やヘルメットを着用する製造現場などにも研究成果の波及が期待される。

都市伝説を暴く

 2016年1月、帽子内の環境を研究する組織「帽子内環境研究会」が発足した。同組織は毛髪・脱毛症治療や医用工学、公衆衛生学などの研究者らで構成。

 研究代表を務める東京メモリアルクリニック・平山(東京都渋谷区)の佐藤明男院長は「『帽子をかぶると、はげやすくなる』と都市伝説のように言われているが、本当にそうなのか。科学的に探索し、健康的な帽子の活用方法の提案につなげたい」と研究会設立の狙いを語る。

 本格的な研究に先立ち、同研究会は帽子内の環境変化に関する簡易実験を4月に実施した。成人男性50人が被験者として参加。各被験者は新品のヘルメットを着用した状態で、休憩を挟みつつ自転車型トレーニング器具を3時間こぎ続ける運動実験を行った。

 ヘルメット内の温度変化を分析したところ、運動前は平均で20度C台前半だったのに対し、運動開始30分後には約30度Cまで上昇。その後も運動終了まで30度C近辺の値を維持した。

 同様にヘルメット内の湿度も運動前の70%から、運動開始30分後には80%近くまで上がり、そのまま運動終了まで80%近辺で推移。温度、湿度ともに運動開始後30分で上昇し、その後は高い値で安定する傾向が現れた。

 同実験では、運動の前後の頭皮の汚れや細菌の状況も調べた。その結果、頭皮の汚れはすでに運動前の時点で、食品工場や調理室で行う手指の汚れ検査で不合格となる基準よりも汚れていることが判明。細菌の検査では肺炎の原因菌など全13種類の菌を検出できた。

 汚れ、細菌の量ともに運動後は運動前に比べて増加。その改善策としては運動後の洗髪が効果的で、汚れや細菌を大幅に減らせることを確認した。

やっぱり夏場はかぶった方がいい!?

 今回の実験は、あくまで運動によるヘルメット内の環境変化を簡易的に調べただけであり、帽子着用と脱毛との関係を現時点で突き止めたわけではない。

 夏場の帽子着用は頭皮や毛髪にダメージを与える紫外線を防ぐ効果も大きく、「長時間の外出時などに帽子をかぶるべきか、かぶらない方がよいのかと聞かれれば、かぶった方がいい」と佐藤院長は説明する。

 ただ、佐藤院長は簡易実験の結果から「頭の不快さを感じたら帽子を脱いで日陰や室内で休憩する、というように、帽子と上手に付き合う必要がある」とも指摘する。

 また夏場に限らず一年中、帽子やヘルメットの着用を義務付けられた職場で働く人について「頭皮や髪への影響が気になるようであれば、休憩時間中に単に帽子を脱いで休むだけでなく、洗髪をお勧めしたい」とアドバイスする。

ウイッグや付け毛にも対象広げる

 一方、「新品のヘルメットを使った簡易実験の結果だけでは分からないことも多い」(佐藤院長)。実生活では同じ帽子やヘルメットを洗ったり汚れを拭いたりしながら使い続けるのが一般的で、常に新品を使うことはほとんどありえない。

 今後は、元々使っている帽子を洗って使う場合と、洗わないで使う場合、新品の帽子を使う場合で、帽子内の細菌の量に違いが現れるのかなど、より実態に近い状況で詳細な実験を行う計画。

 帽子を着用した人が多く働く工場などに、実験協力を依頼することも視野に入れている。将来は研究対象を帽子やヘルメットだけでなく、女性が装飾目的で使うかつら(ウイッグ)や付け毛などにも広げていきたい考えだ。

ダウンロード (4)
 

引用元: 【衛生学】帽子を被ると薄毛になるのは本当?科学的に実証してみて分かったコト [無断転載禁止]©2ch.net

帽子を被ると薄毛になるのは本当?科学的に実証してみて分かったコトの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/06/04(土) 19:53:08.24 ID:CAP_USER9
 帽子やヘルメットを始終かぶっていると毛が抜ける? まことしやかにささやかれるそんな疑問に、科学の目で挑む研究会がこのほど発足した。
頭皮・毛髪や医用工学の専門家が集った「帽子内環境研究会」。
早速、ヘルメットをかぶったまま肉体労働をした想定での簡易実験を実施し、頭皮・毛髪がさらされる過酷な環境を示す計測データを公表した。

週に2時間以上着帽 推計2000万人

 研究会によると、国内で「1週間に何らかの理由で帽子を2時間以上かぶる人」は、推計のべ2000万人に上るという。
最多が工場作業員(約740万人)、土木・建築作業員(約400万人)と続く。長時間帽子を着用すると「頭が蒸れる」という感覚は、多くの人が実感しているが、
実際に頭皮・毛髪にどの程度の影響があるのかという科学的な検証は、これまでほとんど行われていなかった。

 研究会は、毛髪・脱毛症治療の専門家で「東京メモリアルクリニック・平山」の佐藤明男院長▽医用電子工学が専門の小西直樹・九州工業大准教授
▽公衆衛生学の和田裕雄・順天堂大准教授で構成。帽子と頭皮、毛髪の関係性について研究を進め、「健康的な帽子のかぶり方」を探求することを目的に掲げている。

 簡易実験は今年4月13~17日、東京都内で実施した。成人男性51人が新品のヘルメットをかぶり、3時間、自転車型トレーニングマシン有酸素運動を行った。
運動中はヘルメット内部の温度と湿度をリアルタイムで計測し、さらに運動前、運動後、そして運動後に洗髪した後の計3回、頭皮の血流と汚れ具合、付着している細菌の量をそれぞれ測定した。

熊谷市の真夏に匹敵 帽子内の高温多湿

 結果、実験当日の都内の気温が最高19~23度だったのに対し、ヘルメット内部は運動開始後30分程度で約30度に達し、湿度も外気は平均31~96%(気象庁観測値)と幅があったにもかかわらず、約80%~100%で一定していた。また頭皮は運動前の状態でも、食品工場や厨房(ちゅうぼう)などで行われる手指の汚れチェックで不合格となる基準よりも汚れていることが判明。

続きはソースで

images

帽子をかぶる人ははげやすい? | 医療プレミア特集 | 毎日新聞 2016年6月4日
http://mainichi.jp/premier/health/articles/20160603/med/00m/010/016000c

引用元: 【毛髪】帽子をかぶる人はハゲやすい? そんな疑問に科学の目で挑む研究会発足 簡易実験の計測データを公表©2ch.net

帽子をかぶる人はハゲやすい? そんな疑問に科学の目で挑む研究会発足 簡易実験の計測データを公表の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/03/07(月) 18:16:35.60 ID:CAP_USER*.net
2016.03.06

 パッと見の印象で、「この人、将来ハゲそう」と思われたり、陰で言われたりすることがある。例えば、「お父さんがハゲている」とか「胸毛がある」とか「いつも帽子をかぶっている」とか。
これらよく言われる「ハゲそう」のイメージの中で、どれが正しく、どれが間違っているのか。薄毛治療専門院「銀座HSクリニック」の北嶋渉院長に聞いてみた。

 「まず『お父さんがハゲている』についてですが、男性の薄毛の要因『AGA』(男性型脱毛症)には遺伝も関わりますので、これは正しいといえます。
ただ、遺伝だけが要因とはいえませんので、『父親が薄毛=必ず薄毛になる』とは言いきれません」

 ちなみに、男性の薄毛のうち90%以上はAGAだといわれており、AGAの年齢別の発症率データでは、20代で約6%、30代で約12%、40代で約32%、50代で44%と、年齢とともに高くなっているそう。

 続いて、「胸毛がある」こととハゲやすさについては、「おそらく『体毛が濃い=男性ホルモンが多い』ということが考えられますが、これも薄毛の要因のひとつにはなり得るものの、
それだけで薄毛になると判断はしきれません。ただし、体毛が濃い人ほど、薄毛治療薬の効果が高く出るという研究データはあります」

 では、「いつも帽子をかぶっている」人はハゲやすいのか、否か。

続きはソースで

images


http://www.zakzak.co.jp/health/doctor/news/20160306/dct1603060830001-n1.htm?view=pc


引用元: 【医療】「将来ハゲそう」…バカにできないイメージ お医者さんに相談だ!

「将来ハゲそう」…バカにできないイメージ お医者さんに相談だ!の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/07/30(水) 10:09:45.62 ID:???0.net
かつらより手軽な帽子開発 抗がん剤治療患者の要望
http://www.asahi.com/articles/ASG7J528MG7JULBJ00G.html
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20140729004119_comm.jpg

抗がん剤治療で髪が抜けた患者のために、ウイッグ(かつら)より手軽に使えるという帽子を国立がん研究センター中央病院(東京)と医療用かつらメーカー「東京義髪整形」が開発した。
名付けて「ウイッグなぼうし」。8月1日から同社で販売される。

 ウイッグには「締め付けられて頭が痛い」「重苦しい」という患者の声が多かった。
一方、ニット帽には「病人とわかってしまう」「職場ではかぶりにくい」という訴えがあった。

続きはソースで

引用元: 【医療】かつらより手軽に被れる「ウィッグなぼうし」開発 抗がん剤治療患者の要望-国立がん研究センターと民間

かつらより手軽に被れる「ウィッグなぼうし」開発 癌患者要望の続きを読む

このページのトップヘ