理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

干魃

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/02/16(火) 12:23:49.10 ID:CAP_USER.net
温暖化の好影響、氷河期をスキップ (1/2ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)
http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/160216/cpd1602160500002-n1.htm


 石油や石炭、天然ガスなどの化石燃料を燃やすことで起きる地球温暖化は、暴風雨の激化や海水面の上昇、干魃(かんばつ)の長期化を招いていると科学者らは非難している。
ところが今、その好影響を示す証拠が出てきた。それは、次の氷河期の開始を10万年かそれ以上遅らせたかもしれないというものだ。

 ドイツのポツダム気候影響研究所が科学誌「ネイチャー」に発表した研究結果によると、産業革命初期の1800年代の大気中の二酸化炭素(CO2)濃度は、新氷河期の到来をかろうじて避けることができる状況だった。
その後は増加して世界の氷床の分布に影響を及ぼし、氷河期突入の可能性はより低くなったという。

 「この研究は長らく推測されてきたことを裏付けた。つまり、人類が排出してきたCO2が次の氷河期を回避したということだ。
人類は今や、地球の気候を効果的に制御している」と、英エクセター大学のアンドルー・ワトソン教授は語る。

 今回の研究は、日射量や大気中のCO2濃度、氷床の分布との関係に関する新発見を報告。研究チームは過去8回の氷河期をコンピューターモデルで再現し、次の氷河期の到来を予測した。

続きはソースで

images (1)

(ブルームバーグ Alex Morales)

引用元: 【気候学】温暖化の好影響 1つの氷河期を丸ごとスキップ

温暖化の好影響 1つの氷河期を丸ごとスキップの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/11/08(日) 17:45:45.44 ID:???*.net
パイナップルのゲノム解読=干ばつ対策に期待-国際チーム
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2015110800067

 パイナップルの全遺伝情報(ゲノム)を解読したと、米イリノイ大やハワイ大などの国際研究チームが8日までに米科学誌ネイチャー・ジェネティクス電子版に発表した。

 パイナップルはサボテンなどとともに、乾燥地帯で気温が上がる昼間に水分の放出を抑える光合成の仕組みが発達している。
地球温暖化で干ばつの深刻化が懸念されており、研究成果はさまざまな農作物の品種改良に役立つという。

 パイナップルは6000年以上前から南米大陸北部で栽培されていたとみられる。

ダウンロード (1)

(2015/11/08-15:45)

引用元: 【科学】パイナップルのゲノム解読 乾燥地帯で昼間に水分の放出を抑える光合成の仕組み解明

パイナップルのゲノム解読 乾燥地帯で昼間に水分の放出を抑える光合成の仕組み解明の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/02/02(月) 17:50:08.03 ID:???.net
マヤの水の神殿を発見 “激動の時代”の爪跡か | ナショナル ジオグラフィック(NATIONAL GEOGRAPHIC) 日本版サイト
http://nationalgeographic.jp/nng/article/20150130/433789/

画像1
http://nationalgeographic.jp/nng/article/20150130/433789/ph_thumb.jpg
新たに発見された古代マヤの水の神殿の空撮写真

画像2
http://nationalgeographic.jp/nng/article/20150130/433789/01.jpg
ベリーズのカラ・ブランカにある泉を探索した結果、干ばつ期に神への供物が増えていたことがわかった(Photograph by Tony Rath Photography)

画像3
http://nationalgeographic.jp/nng/article/20150130/433789/03.jpg
カラ・ブランカ遺跡の泉に沈んだ木の間を探索するダイバー。マヤの人々は神への祈りを込めて壺や瓶、器を捧げた。(Photograph by Tony Rath Photography)

画像4
http://nationalgeographic.jp/nng/article/20150130/433789/04.jpg
放射性炭素年代測定をおこなうため、カラ・ブランカの泉の底に沈んだ木からサンプルを採取する研究者。(Photograph by Tony Rath
Photography)
http://nationalgeographic.jp/nng/article/20150130/433789/05.jpg
かつてマヤの人々が雨乞いの儀式に使った泉を泳ぐシクリッドの群れ。(Photograph by Tony Rath Photography)


 ベリーズの静かな森にたたずむ深い泉に、古代マヤの人々に“干ばつカルト”が広がっていたことを示す遺跡が眠っていた。マヤの人々は、文明国家が滅びないようにと雨の神に供物と祈りを捧げたようだ。

 今回、考古学者のグループがベリーズのカラ・ブランカで発見したのは、水の神殿の遺跡だ。小さな広場があり、朽ちた小屋と小さな2つの建造物の名残がみられる。中心となる建造物は、人々がマヤの雨の神や地下界の悪魔に供物を捧げたとみられる深い泉の淵にひっそりと建っている。

 遺跡からは、古代マヤ文明の崩壊期に干ばつに見舞われた人々の信仰が見てとれる。ピラミッドを築いたマヤ文明は、長きにわたり中央アメリカの広範囲で繁栄したが、西暦800年以降、ほとんどの都市国家が崩壊した。

 カラ・ブランカの白い岩壁の下で、祈りを捧げに訪れた人々は壺や瓶、器などを神殿の泉深くに沈めた。供物には近辺で作られたものと遠くから運ばれたものがあり、この遺跡に広く一帯から人々がやって来て雨乞いをしたことを示している。

神聖な意味をもつ場所

「祈りを捧げる人々がここへ来て身を清め、神に供物を捧げていました」今回の発見をした研究チームのリーダーでイリノイ大学の考古学者、リサ・ルチェロ氏は言う。ルチェロ氏は、セノーテと呼ばれる天然の泉の深さを4年かけて測定し、セノーテの底に長い間発見されずにあった陶器や石の道具を発見した。「ここは、神聖な意味をもつ特別な場所だったのです」

 しかし、人々が常に足繁くこの神殿を訪れていたわけではなかった。とりわけマヤ文明初期の供物が少なかったことは、裏を返せば、泉に住むとされた雨の神チャクの怒りが鎮まるように、ある時点から人々が強く望むようになったことを示しているのかもしれない。近く「CambridgeArchaeological Journal」誌に発表されるこの発見に関する報告で、ルチェロ氏とカリフォルニア州モアパーク・カレッジの考古学者アンドリュー・キンケラ氏は、広範囲の干ばつが古代マヤを襲った後に神殿への供物が増えたと指摘している。

干ばつカルト

 だが供物もむなしく、雨の神チャクと地下界の悪魔は古代マヤ文明を滅亡させた――雨を降らせてから、干ばつをもたらして。ペンシルバニア州立大学の人類学者ダグラス・ケネット氏の研究チームは、洞窟にできた石筍(せきじゅん)を分析し、大量の降雨によりマヤの人口が急激に増え、西暦660年まで続いたことが推定されると報告している。雨が降らなくなると、古代の王国は滅びた。

 度重なる干ばつにより王の失脚が続き、西暦800年頃から中央アメリカ全体でマヤ文明の都市国家は崩壊し始めた。また干ばつによって、チャクの怒りを鎮めようとする人々の間で“干ばつカルト”に火がつき、突如滅亡の危機にさらされた古代マヤのあちこちで、洞窟やセノーテに多数の供物が捧げられた。

続く 

引用元: 【考古学】マヤの水の神殿を発見 “激動の時代”の爪跡か

マヤの水の神殿を発見 “激動の時代”の爪跡かの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/01/21(水) 23:51:15.75 ID:???.net
掲載日:2015年1月21日

 ロシア当局は20日、同国南部にある世界最大の淡水湖、バイカル湖(Lake Baikal)の水位が過去最低の水準にまで低下していると警告した。環境活動家らは、干ばつと周辺地域による湖水の工業利用が原因だと指摘している。

 バイカル湖に面したロシア南部ブリャート(Buryatia)共和国の非常事態省は、湖に接する村などで水不足が報告されていることを受け、厳戒態勢を敷くと宣言。ロシア政府が許容するバイカル湖の最低水位は標高456メートルだが、現在の水位はこれを8センチ上回るのみとなっている。ブリャート共和国の天然資源環境相によれば、水位はここ60年で最低レベルの状態が続いている。

 地球上にある淡水の約20%をたたえるバイカル湖から流れ出すアンガラ川(Angara River)沿いにあるイルクーツク水力発電所は、大都市であるイルクーツク(Irkutsk)に電力を供給。このほか地域にある大型のアルミニウム工場にも、電力を供給している。さらに、アンガラ川沿いには別の水力発電所も複数ある。

 バイカル湖は水を渇望する地元住民と大企業との争いの原因となってきた。また、環境活動家や漁業者、そして湖の水による水力発電に依存する産業界の間では、低下し続ける水位についての議論が続けられてきた。バイカル湖とモンゴルに接するブリャート共和国のビアチェスラフ・ナゴビチン(Vyacheslav Nagovitsyn)大統領は、地下の源泉が枯渇し始めたり、魚類の生息数が減少したり、山火事の発生頻度が増加しているとの報告があると述べている。

続きはソースで

(c)AFP

<画像>
虹がかかったバイカル湖の湖上を移動する船(2008年7月29日撮影、資料写真)。(c)AFP/DMITRY KOSTYUKOV
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/5/5/1024x/img_55f3a1e9b608f3cb8d8fc67a7a05e06a89779.jpg

<参照>
Water Levels Reach Dangerous Low at Siberia's Lake Baikal | News | The Moscow Times
http://www.themoscowtimes.com/news/article/water-levels-reach-dangerous-low-at-siberia-s-lake-baikal/514240.html

<記事掲載元>
http://www.afpbb.com/articles/-/3037150

引用元: 【環境】バイカル湖の水位が最低水準に、ロシア当局が警鐘

バイカル湖の水位が最低水準に、ロシア当局が警鐘の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/01/05(月) 17:53:10.16 ID:???0.net
温暖化被害軽減に毎年60兆円
国連、途上国対策費で試算
【京都新聞(共同通信)】2015/01/05 17:05

洪水や干ばつなど地球温暖化に伴って増加が見込まれる被害を減らすために発展途上国で必要になる対策費が、2050年までに1年当たり最大5千億ドル(約60兆円)になるとの予測を、国連環境計画(UNEP)が5日までに明らかにした。

従来の予測を大幅に上回る内容で、UNEPは「各国は金額の差を埋めるのに必要な措置を取るべきだ」と新たな資金支援を求めている。

UNEPは、19の研究機関と共同で最新の研究成果を分析。その結果、南アジアでは対策費が年平均で400億ドルかかり、途上国全体では、50年までに年2500億~5千億ドルかかるとした。(共同通信)

ソース: http://www.kyoto-np.co.jp/environment/article/20150105000089
画像: http://www.kyoto-np.co.jp/picture/2015/01/PN2015010501001170.-.-.CI0002.jpg
 (洪水で冠水したタイ中部アユタヤ県の住宅地=2011年10月(共同))

引用元: 【環境】温暖化被害軽減に毎年60兆円 国連、途上国対策費で試算 [15/01/05]

温暖化被害軽減に毎年60兆円 国連、途上国対策費で試算の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/10/18(土) 20:09:53.79 ID:???0.net
米で“大干ばつ”市民生活に大きな影響も

 アメリカ南部や西海岸などが500年に1度ともいわれるほどの大干ばつに見舞われている。
この干ばつは人々の食生活に大きな影響を及ぼし始めた。現地から報告。

 アメリカ・テキサス州の半分の地域は2011年以来、3年半にわたって、ほとんど雨が降らない干ばつが続いている。その影響はテキサス州の主力産業である畜産業を直撃していた。
牧草がすっかり枯れてしまい、牛を育てられない状態だ。250頭の牛を飼育する畜産農家は牧場の規模を30%縮小せざるを得なかった。

 一方、牧草が豊富な隣の州に移転を余儀なくされる牧場も出始めた。

 畜産農家「干ばつの影響でエサが足りず、この3年半で牛の半分を売却した」「肉牛農家は皆、打撃を受けている。私が知る限り最悪の干ばつだ」

 牧草の値段は高騰し、牛も売りに出さざるを得ず、結果、アメリカで飼育する牛の数は約9500万頭と、この40年あまりで最低の水準だ。牧場の危機は、牛肉の値上がりにつながっていた。アメリカではこの1年ほどで牛肉の値段が約1割上がり、年末までにさらに高くなる可能性がありそうだ。

 家畜競売会社社長「競りで扱われる牛の数が35~40%も減ってしまい、牛の値段は最高値を記録しています。これほどの高値は経験したことがありません」

 一方、市民の飲み水にも影響が出ている。ダムの貯水率が20%まで低下し、家庭などから出る下水を浄化して水道水に再利用するといった苦肉の策に乗り出した自治体もある。

 住民「このプロジェクトを始めていなかったら街はどうなっていたかわからない」「トイレの水を再利用するみたいで嫌だわ。だから飲み水は買っています。引っ越しも考えないとね」

 街では至る所に雨乞いの看板が目立つ。長引く異常気象による人々の生活への打撃は、ますます深刻になりそうだ。

日テレNEWS24 2014年10月18日 19:58
http://www.news24.jp/articles/2014/10/18/10261671.html

引用元: 【国際】米で500年に1度?の“大干ばつ”市民生活に大きな影響も[10/18]

米国で500年に1度?の“大干ばつ”市民生活に大きな影響もの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ