理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

幹細胞

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/03/18(土) 01:32:13.81 ID:CAP_USER
岡山大、犬の歯を幹細胞で再生
天然とほぼ同じ

犬の幹細胞から作り出した歯のもとになる「歯胚」を、同じ犬の歯が抜けた部分に移植し、天然の歯とほぼ同じものを再生することに成功したと、岡山大と理化学研究所多細胞システム形成研究センター(神戸市)のチームが16日付の英科学誌電子版に発表した。
 
マウスでも成功例の報告があるが、岡山大の窪木拓男教授は「実用的な歯の再生治療が可能なことを大きな動物で実証した。
人への応用を目指したい」としている。

続きはソースで

▽引用元:共同通信 2017/3/16 21:19
https://this.kiji.is/215081735738426868

▽関連
岡山大学 プレスリリース
イヌの歯の再生に成功 大型動物モデルにおける構造・機能的に完全な歯の再生成功によりヒトにおける完全な歯の再生治療の実現可能性を証明
http://www.okayama-u.ac.jp/tp/release/release_id457.html
図1 イヌ歯胚細胞を用いた再生歯胚の作成
http://www.okayama-u.ac.jp/up_load_files/press28/press-170317-1img1.jpg
ダウンロード (5)


引用元: 【再生医療】イヌの歯の再生に成功 犬の幹細胞から歯胚を作成、移植し天然の歯とほぼ同じものを再生/岡山大など©2ch.net

イヌの歯の再生に成功 犬の幹細胞から歯胚を作成、移植し天然の歯とほぼ同じものを再生/岡山大などの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/03/17(金) 02:20:02.50 ID:CAP_USER9
http://www.afpbb.com/articles/-/3121637?act=all

【3月16日 AFP】米フロリダ(Florida)州で、脂肪細胞由来の幹細胞を目に注入する治験を受けた女性患者3人が失明していたことが15日、米医学誌「ニューイングランド医学ジャーナル(New England Journal of Medicine)」に発表された報告から明らかになった。この治験は効果がまだ立証されていないものだったという。

 失明したのは進行性の眼疾患「黄斑変性症」を患っていた72~88歳の女性3人で、2015年にフロリダ州の医療機関で「乾燥型黄斑変性症における細胞の硝子体内注入の安全性と効果を評価する調査」と題した治験を受けていた。

 この治験は米国立衛生研究所(NIH)が運営する治験や臨床試験に関する情報提供サイト「クリニカルトライアルズ・ドット・ゴブ(ClinicalTrials.gov)」に掲載されていたため、患者らは正規の治験だと考えていた。

続きはソースで

(c)AFP/Kerry SHERIDAN

2017/03/16 15:19(マイアミ/米国)
images


引用元: 【国際】幹細胞使った治験で女性3人失明、米 [無断転載禁止]©2ch.net

幹細胞使った治験で女性3人失明、米の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/01/13(金) 01:35:56.11 ID:CAP_USER9
現在の虫歯治療では、ドリルで削った象牙質の部分にセメントなどの人工物を詰めている。
そうした詰め物の代わりに、アルツハイマー治療薬を使い、象牙質を自然に再生させることに成功したと、英ロンドン大学キングス・カレッジの研究者らが発表し、英学術誌『ネイチャー』が論文を掲載した。

■アルツハイマー治療薬の「副作用」に着目

マウスを使った実験に成功したのは、同カレッジのポール・シャープ教授が率いる研究チーム。
歯の中には象牙質に囲まれた歯髄(神経と血管)と呼ばれる軟組織があり、歯髄に含まれる幹細胞は象牙質を再生させる能力を持つ。
ただし、同大学のリリース文によると、詰め物にセメントなどを使う場合、人工物が分解されることなく歯の中にとどまるため、自然な象牙質の再生を阻害するという。

シャープ教授らは、現在臨床試験中のアルツハイマー治療薬「タイドグルーシブ」に注目。
この薬には、アルツハイマー病の原因となるグリコーゲン合成酵素キナーゼ-3(GSK -3)の活性化を抑制する作用があるが、歯に適用した場合、象牙質を修復する自然なプロセスを促進する作用も認められるという。

続きはソースで

http://news.livedoor.com/article/detail/12532499/
ダウンロード (2)


引用元: 【医療】アルツハイマー治療薬を使って歯を自然再生、英研究者が成功 [無断転載禁止]©2ch.net

アルツハイマー治療薬を使って歯を自然再生、英研究者が成功の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/12/23(金) 23:32:57.86 ID:CAP_USER
白血病ドナーの副作用、仕組み解明 神戸大講師ら

血液のがんである白血病に対し「造血幹細胞」を移植し、正常な血液がつくれるようにする治療が造血幹細胞移植だ。
提供者(ドナー)からの造血幹細胞の採取は、従来の骨髄ではなく、血管を流れる血液から行うのが主流となってきているが、用いる薬剤によって多くの人に比較的軽い副作用が現れる。
神戸大大学院医学研究科の片山義雄講師(血液内科学)、大学院生の川野裕子さんらがそのメカニズムを解明した。(武藤邦生)

本来、骨髄にある造血幹細胞を、血管内の血液(末梢血)に流れ出させ、採取するために用いられるのが「G-CSF製剤」だ。
白血球を増やす作用もあり、抗がん剤治療を受ける患者に広く使われている。
 
ただ、大半の人に腰痛や微熱などの副作用が現れるという。
「痛みが強ければ鎮痛剤を使うが、痛みが起こるメカニズムが不明で、十分に説明できなかった」と川野さんは話す。

続きはソースで

▽引用元:神戸新聞NEXT 2016/12/19 12:38
http://www.kobe-np.co.jp/news/iryou/201612/0009763754.shtml
ダウンロード


引用元: 【医学】白血病ドナーの副作用 仕組み解明/神戸大講師ら ©2ch.net

白血病ドナーの副作用 仕組み解明/神戸大講師らの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/12/08(木) 09:17:30.08 ID:CAP_USER
マウス多能性幹細胞から精◯幹細胞を試験管内で誘導 -精◯形成全過程の試験管内誘導の基盤形成-
2016年12月07日
 
斎藤通紀 医学研究科教授、石藏友紀子 同特定研究員らの研究グループは、マウス多能性幹細胞(ES細胞)から、試験管内にて精◯幹細胞様細胞およびその長期培養株Germline stem cell-like cells(GSCLCs)を誘導することに成功しました。
このGSCLCsは、生殖細胞を欠損する成体マウスの精巣中で精◯に分化し、健常な子孫を生み出すことができました。
 
本研究成果は、2016年12月7日午前2時に米国の学術誌「Cell Reports」オンライン速報版で公開されました。

本研究成果のポイント
・マウス多能性幹細胞から精◯幹細胞様細胞の試験管内での誘導に成功
・精◯幹細胞様細胞は成体の精巣内で精◯に分化し、健常な子孫を産生
・精◯幹細胞におけるDNAのメチル化異常が精◯形成不全につながることを発見

続きはソースで

▽引用元:京都大学 研究成果 2016年12月07日
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2016/161207_1.html
ダウンロード


引用元: 【幹細胞】マウスES細胞から精◯幹細胞を誘導することに成功/京都大 ©2ch.net

マウスES細胞から精丸幹細胞を誘導することに成功/京都大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/09/28(水) 20:56:17.47 ID:CAP_USER
【プレスリリース】がん幹細胞は腫瘍内の血管を形成する~マウスiPS細胞により世界で初めて証明~ - 日本の研究.com
https://research-er.jp/articles/view/50447


岡山大学大学院自然科学研究科(工)ナノバイオシステム分子設計学研究室の妹尾昌治教授らの研究グループは、がん幹細胞が血管の細胞へ分化して腫瘍内で血管系を形成することを証明しました。がん幹細胞が宿主由来の血管内皮細胞を巻き込みながら、自らも血管内皮細胞や疑似血管を構成していくことは、従来の腫瘍血管が形成される概念を進化させる世界的にも新しい発見です。本研究成果は 9 月末、がん研究の国際科学雑誌『American Journal of Cancer Research』に公開されます。

妹尾教授らの研究グループは 2012 年、iPS 細胞からがん幹細胞を世界で初めて作成することに成功。多種多様ながん細胞を調整できることを示し、がん患者の組織内に存在する細胞との関連を研究しています。

本研究成果によって、腫瘍血管を標的とする新たな制がん剤の開発が進めば、より効果的な制がん剤開発につながると期待されます。


【本研究のポイント】

•腫瘍細胞の血管内皮細胞への分化や疑似血管の構成に、がん幹細胞が関与していると推測されていたが、詳しい関連性は分かっていなかった。
•一つのがん幹細胞から血管内皮細胞と疑似血管細胞の両方が作り出され、腫瘍内での血管系が形成されることを、マウスの iPS 細胞を用いて世界で初めて証明した。
•腫瘍の血管を標的とする新たな制がん剤開発の基盤を提供し、より効果的な制がん剤開発への応用が期待される。

続きはソースで

images
 

引用元: 【医学】がん幹細胞は腫瘍内の血管を形成する マウスiPS細胞により世界で初めて証明 [無断転載禁止]©2ch.net

がん幹細胞は腫瘍内の血管を形成する マウスiPS細胞により世界で初めて証明の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ