1: 2015/02/02(月) 09:48:19.75 ID:???*.net
●卵子は日々消滅している
仕事を楽しんでいるからといって、体が年をとらないわけではない。特に女性の場合は深刻だ。

男性の精◯は2ヶ月の寿命で次々と新しいものが作られるが、女性の卵子は新しく作られることがない。
女性は生まれる時に原始卵胞という卵子の素を約200万個持って生まれてくるが、1回の月経の度に約1000個ずつ減っていき、持って生まれた原始卵胞を使い切ってしまったら、もう卵子をつくる事はできない。

●卵子は老化する
さらに、原始卵胞が年を重ねると、卵子の中でも卵子として機能しないものの割合が高くなり、染色体異常を持つ卵子も増える。
染色体異常を持った卵子は受精卵になったとしても流産する割合が高い。つまり、卵子が老化することで妊娠しにくくなるのだ。

米科学誌サイエンスの調査では、20~24歳の女性の不妊症発症率は10%以下だったのに対し、30~34歳では約15%、35~39歳では約30%まで上がるということが明らかになった。
http://dmm-news.com/article/914080/

【不妊】「35歳を超えると妊娠が難しくなる」・・・あまり知られていなかった卵子老化の衝撃~NHKクローズアップ現代★9
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1329274701/

引用元: 【不妊症】 卵子は老化する・20~24歳の女性の発症率は10%以下、30~34歳は15%、35~39歳は30%・・・米科学誌調査

卵子は老化する・20~24歳の女性の発症率は10%以下、30~34歳は15%、35~39歳は30%・・・米科学誌調査の続きを読む