理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

弘前大学

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/07/29(土) 09:17:22.95 ID:CAP_USER9
東北電力と弘前大学(青森県)は7月28日、人工知能(AI)技術を使い、津軽弁の音声を標準語のテキストに変換し、要約する研究を8月に始めると発表した。東北電力が持つ音声データ、弘前大学の言語分野に関する知見を組み合わせ、認識精度を検証。医療現場などで事業化を検討するという。

 音声認識・言語処理技術を使い、東北電力コールセンターの通話音声データをテキスト化・自動要約し、実用的な文章として理解できるかを検証する。

続きはソースで

http://www.itmedia.co.jp/news/spv/1707/28/news118.html
http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1707/28/kf_tsugaru_01.jpg
ダウンロード (1)


引用元: 【とうほぐ】津軽弁をAIで標準語に 東北電力と弘前大が研究スタート……医療や行政現場で活用へ [無断転載禁止]©2ch.net

津軽弁をAIで標準語に 東北電力と弘前大が研究スタート……医療や行政現場で活用への続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/08/26(水) 22:32:41.05 ID:???*.net
http://www3.nhk.or.jp/lnews/aomori/6084236871.html?t=1440582649
福島第一原発の事故を教訓に、被ばく医療体制の見直しが進められるなか、26日、弘前大学が、重症の被ばく患者の治療を行う施設の1つに、指定されました。

原子力規制委員会は、東京電力福島第一原子力発電所の事故で、被ばく医療体制が十分に機能しなかった反省から、「防災指針」を見直し、26日、その内容を明らかにしました。このなかで、弘前大学は、「高度被ばく医療支援センター」という名称で、重症の被ばく患者の治療を担う、施設の1つに指定されました。

「高度被ばく医療支援センター」は、長期的かつ専門的な治療を必要とする内部被ばく患者や、除染が困難で、2次汚染を起こす可能性が高い被ばく患者に対応できる体制を整えた施設で、今回、弘前大学を含め、全国で5つの施設が指定されました。

続きはソースで

images

08月26日 18時50分

引用元: 【原発問題】弘前大が重症被ばく治療施設に-青森

弘前大が重症被ばく治療施設に-青森の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/01/02(金) 00:19:29.14 ID:???.net
ムキタケ 黄色と緑色は別種であることを発見!!
投稿日:2014年12月25日 by 研究協力

分子生命学科の殿内暁夫准教授の研究グループが、従来同じ種類とされてきた黄色と緑色のムキタケが別種であることを発見しました。
ムキタケは全国に分布する食用きのこで、「白神キノコの会」の会員から別種ではないかとの指摘を受け、2011年に研究を開始しました。
菌学的解析と遺伝子配列を用いた分子系統解析によって、別種であると裏付けがとれたことから、緑色のタイプを「オソムキタケ」と名付けることを「日本菌学会会報」に提案しました。

論文の著者のひとり、農学生命科学研究科2年の斎藤輝明さんは、
「青森県だと特にムキタケの名前を知っている人が多い分、名付ける責任は重いなと思った」と語り、殿内准教授は「地域の知識レベルを上げることができ、COCへの貢献になったのでは。
これからも研究を続けることで、弘大発のキノコの名前ができるかもしれない」と期待を寄せています。

(引用ここまで 全文は引用元サイトでどうぞ)

・記事引用元 弘前大学農学生命科学部
http://nature.cc.hirosaki-u.ac.jp/%E3%A0%E3%AD%E3%BF%E3%B1-%E9%BB%E8%B2%E3%A8%E7%B7%E8%B2%E3%AF%E5%A5%E7%A8%AE%E3%A7%E3%82%E3%8B%E3%93%E3%A8%E3%92%E7%BA%E8%A6%8B/

引用元: 【生物】従来同じ種類とされてきた黄色と緑色のムキタケが別種であることを発見/弘前大

従来同じ種類とされてきた黄色と緑色のムキタケが別種であることを発見/弘前大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ◆HeartexiTw @胸のときめきφ ★ 2013/09/23(月) 09:17:26.48 ID:???0 BE:1851773696-PLT(12557)

ダウン症の子どもに多く見られる白血病の原因遺伝子を発見したと、伊藤悦朗弘前大教授らの研究チームが22日付の米科学誌ネイチャージェネティクスに発表する。
原因遺伝子を狙って働き掛ける薬の開発に役立つ可能性があるという。
ダウン症の赤ちゃんの5~10%には、血液の細胞が異常に増える「一過性異常骨髄増殖症」(TAM)がある。多くは自然によくなるが、約20~30%は3年以内に急性巨核芽球性白血病を発症。死に至ることもある。

8ef247a2.png

*+*+ jiji.com +*+*
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013092300026



【社会】ダウン症児の白血病遺伝子発見…薬開発に役立つ可能性の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ