1: 2015/05/05(火) 08:45:49.45 ID:???.net
がん「動く」仕組み解明 転移抑制への応用期待 神戸大教授ら (神戸新聞NEXT) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150505-00000001-kobenext-sctch

画像
http://amd.c.yimg.jp/amd/20150505-00000001-kobenext-000-1-view.jpg
がん細胞の運動メカニズム


 神戸大学バイオシグナル研究センター(神戸市灘区)は、生物の体内で細胞が動くのに細胞膜の張り具合(張力)が重要な役割を果たしていることを明らかにし、張力センサーとなるタンパク質を初めて発見した。がん細胞の転移にもかかわるメカニズムといい、英科学誌ネイチャー・セル・バイオロジー電子版に4日発表した。(武藤邦生)


 細胞生物学を専門とする同センターの伊藤俊樹教授、辻田和也助教らによる成果。

 体を構成する細胞は通常、適切な場所に存在するよう、運動が制御されている。しかしがん細胞では運動が過剰になり、転移が起こるとされる。

 運動が活発化するメカニズムを調べるため、伊藤教授らはサルやヒトのがん細胞を使って実験。細胞膜に存在する「FBP17」というタンパク質が、正常の細胞に比べて張りが弱いことを感知すると、
運動の原動力となる分子を片側に集中させていた。それによって細胞が特定の方向への推進力を得ることが分かった。

 正常な細胞には十分な張りがある一方、がん細胞は張りがやや弱まった状態と考えられるという。FBP17の働きを抑制するなど、新たながん治療に応用できる可能性もあるといい、伊藤教授は「張力と細胞のがん化の関係を明らかにしていきたい」と話す。

no title
 

引用元: 【医学/細胞生物学】がん「動く」仕組み解明 張力センサーとなるタンパク質「FBP17」を発見 転移抑制への応用期待 神戸大教授ら

がん「動く」仕組み解明 張力センサーとなるタンパク質「FBP17」を発見 転移抑制への応用期待 神戸大教授らの続きを読む