理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

彗星

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/11/15(土) 23:03:34.19 ID:???.net
彗星着陸機が休眠状態に 電池切れ、システム停止

欧州宇宙機関(ESA)は15日、世界で初めて彗星に着陸した探査機「ロゼッタ」の着陸機「フィラエ」の内蔵電池が切れ、休眠状態になったと発表した。
太陽光発電による充電を試みるが、再稼働できるかは不透明。

観測機器やシステムが停止、通信も途絶えた。
彗星の内部物質を調べるため表面を約20センチ掘るなどした初期観測のデータは地球に届いており、今後詳しく分析する。

計画では、着陸後2~3日は内蔵電池で集中的に観測した上で、太陽光発電で電力を確保できれば、来年3月まで観測を続けるはずだった。

しかし、フィラエが着陸した場所は、太陽光が乏しく、十分に発電できなかった。

2014/11/15 11:36 【共同通信】
_________

▽記事引用元
http://www.47news.jp/CN/201411/CN2014111501001178.html
47NEWS(http://www.47news.jp/)2014/11/15 11:36配信記事

▽関連リンク
ESA
Pioneering Philae completes main mission before hibernation
http://www.esa.int/Our_Activities/Space_Science/Rosetta/Pioneering_Philae_completes_main_mission_before_hibernation
(リンク先に画像あり)


引用元: 【宇宙開発】探査機「ロゼッタ」の着陸機「フィラエ」の内蔵電池が切れ休眠状態に システム停止/ESA_

【悲報】探査機「ロゼッタ」の着陸機「フィラエ」の内蔵電池が切れ休眠状態に システム停止/ESAの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/10/23(木) 20:22:53.46 ID:???.net
「太陽系外」彗星を493個特定、史上最多 仏研究
http://www.afpbb.com/articles/-/3029742
AFP 2014年10月23日 15:04 発信地:パリ/フランス


【10月23日 AFP】地球から63光年の距離にある恒星を周回している彗星493個の位置を特定したとの研究論文が22日、英科学誌ネイチャー(Nature)に発表された。研究では、チリ・アタカマ砂漠(Atacama Desert)にある超高感度望遠鏡が使われた。

太陽系以外の惑星系に存在する、いわゆる「系外彗星」の観測を通じた捕捉数としては過去最多だという。

太陽以外の恒星にも彗星があることは、これまでの研究で判明していたが、彗星は主星に比べて非常に小さく、また彗星の「尾」も主星の光に圧倒されて見えなくなるため、その存在を特定して軌道を計算するのは非常に困難だった。

フランス・パリ天文物理学研究所(Paris Institute of Astrophysics)のフラビアン・キーファー(Flavien Kiefer)氏率いる研究チームは、若い恒星である「がか座ベータ星(ベータ・ピクトリス、Beta Pictoris)」の8年間にわたる観測結果1000件近くを詳しく調べた。

これらの観測画像は、非常に乾燥したアタカマ砂漠にある欧州南天天文台(European Southern Observatory、ESO)のラ・シーヤ天文台(La SillaObservatory)に設置されたHARPS(高精度視線速度系外惑星探査装置)で撮影された。

ベータ・ピクトリスは、約2000万年前に誕生した星で、恒星としてはまだほんの幼年期にすぎない。周囲の惑星や小惑星そして彗星は、この星にある巨大な円盤を構成するガスと塵(ちり)などの物質から形成されている。

キーファー氏は、「ベータ・ピクトリスは非常に興味深い観測対象だ。ここの系外彗星を詳細に観測することにより、この種の若い惑星系でどのようなことが起きているのかを理解するための手掛かりが得られる可能性がある」と語り、惑星系の形成メカニズムの一部を観測する「すばらしい機会」を提供してくれていると説明した。


画像
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/6/7/280x/img_67c0aa0bc3d1ff88be1fe9d03210287b85843.jpg
写真:チリ・アタカマ砂漠(Atacama Desert)にある超高感度望遠鏡「アルマ(Atacama Large Millimeter/submillimeter Array、ALMA)」(2013年3月12日撮影)。(c)AFP/Martin BERNETTI


原論文:
Two families of exocomets in the [bgr] Pictoris system : Nature : Nature Publishing Group
http://www.nature.com/nature/journal/v514/n7523/abs/nature13849.html?lang=en

引用元: 【宇宙】「太陽系外」彗星を493個特定、史上最多…仏研究 [10/23]

「太陽系外」彗星を493個特定、史上最多…仏研究の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/11/13(木) 08:58:49.01 ID:???.net
欧州探査機、彗星に着陸も固定に失敗
2014年11月13日 08:34 発信地:ダルムシュタット/ドイツ

【11月13日 AFP】(一部更新)欧州宇宙機関(ESA)の彗星(すいせい)周回探査機ロゼッタ(Rosetta)から切り離された実験用着陸機「フィラエ(Philae)」は日本時間の13日未明、世界で初めて彗星に着陸した。
だが、彗星表面への固定には失敗し、管制センターでは懸念が広がっている。

ESAの発表によると、フィラエは、地球から5億1000万キロあまり離れた距離で行われた危険な降下ミッションを切り抜け、
67P/チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星(Comet 67P/Churyumov-Gerasimenko)に着陸。
7時間に及ぶ降下の後に機体は銛で表面に固定されるはずだったが、無線信号のデータから、彗星表面の軟らかい部分に着地したか、表面で跳ね返されて再び着陸した可能性が示唆された。

ただ、フィラエからは既に大量のデータが送信されているといい、ESAでは実験が続行できるかどうかを調べている。

-----------引用ここまで 全文は引用元参照----------

▽記事引用元
http://www.afpbb.com/articles/-/3031604
AFPBBNews(http://www.afpbb.com/)2014年11月13日 08:34配信記事

▽関連リンク
ESA
Touchdown! Rosetta’s Philae probe lands on comet
http://www.esa.int/Our_Activities/Space_Science/Rosetta/Touchdown!_Rosetta_s_Philae_probe_lands_on_comet


引用元: 【宇宙開発】【宇宙】彗星探査機ロゼッタ 彗星に着陸も実験用着陸機「フィラエ(Philae)」固定に失敗/ESA

彗星探査機ロゼッタ 彗星に着陸も実験用着陸機「フィラエ(Philae)」固定に失敗/ESAの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/11/03(月) 01:11:47.88 ID:???.net
地球の水の起源、誕生当時から存在?
Andrew Fazekas
for National Geographic News
October 31, 2014

アポロ宇宙飛行士から「ブルーマーブル」と称えられた、青く美しい地球。
10月30日に発表された古代隕石の最新研究によると、その壮麗な姿の源である「水」は地球の誕生当時から存在していたという。

地球の海は、いつどこから来たのだろうか?
アメリカ、マサチューセッツ州ウッズホールにあるウッズホール海洋研究所(WHOI)のアダム・サラフィアン(Adam Sarafian)氏率いる研究チームは、従来の説よりもかなり早い時期に地球に到来していた可能性を発見した。

それは約46億年前、内太陽系のすべての天体がまだ形成中の時代だ。
地球の水の起源を何億年も巻き戻すことになる。

従来の仮説は次のような内容だ。
形成当時の地球は乾燥しており、その後、高エネルギーの衝突によって表面は溶けた状態になった。
水がもたらされたのは、水分を多量に含む彗星や小惑星の衝突が頻繁に起こったかなり後の時代…。

共同研究者でWHOIの地質学者ホルスト・マーシャル(Horst Marschall)氏は、
「地球の形成時に存在した水分子は、蒸発または宇宙に吹き飛ばされたという仮説がある。
現在、海として表面を覆う水は、何億年も後にやって来たと考えられていた」と語る。
(引用ここまで 全文は記事引用元でご覧ください)

▽記事引用元
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20141031003
National Geographic(http://www.nationalgeographic.co.jp/)October 31, 2014

▽関連リンク
Science 31 October 2014:
Vol. 346 no. 6209 pp. 623-626
DOI: 10.1126/science.1256717
Early accretion of water in the inner solar system from a carbonaceous chondrite?like source
http://www.sciencemag.org/content/346/6209/623.abstract

引用元: 【地球化学】地球の水の起源、誕生当時から存在?_

地球の水の起源、誕生当時から存在?_の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/10/24(金) 21:51:11.79 ID:???.net
彗星67Pはかなり臭い、ESA
http://www.afpbb.com/articles/-/3029843
AFP 2014年10月24日 17:04 発信地:パリ/フランス


【10月24日 AFP】腐った卵にウマの尿、アルコール、そしてビターアーモンド──深宇宙の彗星(すいせい)を地球に持ち帰ってにおいを嗅いだとしたら、こんな香りがするだろう。欧州の科学者らが23日、述べた。

欧州宇宙機関(European Space Agency、ESA)の科学者らによると、8月に「彗星67P/チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星(Comet 67P/Churyumov-Gerasimenko)」と深宇宙でランデブーして以降、彗星探査機ロゼッタ(Rosetta)は、この彗星から興味深い化学的特徴を捉えているという。検出された分子にはアンモニア、メタン、硫化水素、シアン化水素、ホルムアルデヒドなどが含まれていた。

「もし彗星のにおいを嗅いだなら、その後で嗅いだことを後悔するだろう」─
─研究チームはESAのブログに記した。

研究チームは、ロゼッタに搭載された質量分析計「Rosina-DFMS」で、彗星が太陽に接近するにつれてその核のまわりの「コマ」から放出されるガスの特徴の分析を行っている。

ロゼッタの分析装置「Rosina」の主任研究員キャスリン・アルトウェッグ(Kathrin Altwegg)氏は、「彗星67Pのにおいは強烈だ。腐った卵(硫化水素)、馬小屋(アンモニア)、そしてホルムアルデヒドの鼻を刺激する息の詰まるようなにおいがする。シアン化水素のほのかな苦みのあるアーモンド臭も」と述べ、「さらにかすかなアルコール(メタノール)と二酸化硫黄の酢のようなにおい、そして二硫化炭素の甘い香りも少し。これで彗星の『芳香』の完成だ」と続けた。

ロゼッタは11月、彗星67Pに実験用着陸機「フィラエ(Philae)」を着陸させる。

画像
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/a/3/500x400/img_a354913cf8b1890dc4196564511e0269193850.jpg
写真:彗星探査機ロゼッタ(Rosetta)が撮影したチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星
(67P、Churyumov-Gerasimenko、2014年9月19日撮影)。(c)AFP/ESA/Rosetta/NAVCAM


引用元: 【宇宙】腐った卵にウマの尿、アルコール、そしてビターアーモンド…彗星67Pはかなり臭い ESA [10/24]

腐った卵にウマの尿、アルコール、そしてビターアーモンド…彗星67Pはかなり臭い ESAの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/09/16(火) 16:35:24.24 ID:???0.net
彗星着地点の候補決定=探査機から子機降下-11月初挑戦、欧州宇宙機関
【時事ドットコム】(2014/09/16-14:53)

欧州宇宙機関(ESA)の探査機ロゼッタが11月に子機を降下させ、火星と木星の間にある「チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星(すいせい)」の核に着地させる地点の候補が決まった。ESAが16日までに発表した。彗星の核は氷や岩石でできているとみられ、着地探査は史上初の試み。

同彗星の核は長さ約4キロで「頭部」と「胴体」がつながった形をしており、頭部側先端のJ地点が第1候補、胴体側側面のC地点が第2候補とされた。重さ約100キロの子機は11月11日に着地する予定で、表面を浅く掘削して成分を分析する。

分析に成功すれば、太陽系が約46億年前にでき始めた頃の様子や彗星の形成過程を探る重要な手掛かりになる。

ソース: http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2014091600504
画像: http://www.jiji.com/news/kiji_photos/20140916ax08.jpg

関連スレッド:
【天文】探査機「ロゼッタ」が彗星に接近、初の着陸へ [2014/08/06]
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1407321785/

引用元: 【宇宙】探査機ロゼッタ子機の着地点候補を決定、11月11日に初挑戦 - 欧州宇宙機関(ESA) [14/09/16]

探査機ロゼッタ子機の着地点候補を決定、11月11日に初挑戦の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ