理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

後継機

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ( ´`ω´) ◆ChahooS3X2 @ちゃふーφ ★ 2014/01/09(木) 19:50:44.23 ID:???0

★ 「はやぶさ2」今夏完成、年内打ち上げ 小惑星内部の物質も採取期待

 小惑星の物質を平成22年に初めて地球に持ち帰り、世界の注目を集めた探査機「はやぶさ」。
その後継機「はやぶさ2」が今年夏に完成し、12月に打ち上げられる見込みだ。帰還は2020年東京五輪が開催される平成32年。宇宙航空研究開発機構(JAXA)の関係者は「必ず成功させたい」と意気込んでいる。

 はやぶさ2が向かうのは地球の近くを周回する小惑星「1999JU3」。初代はやぶさが到着した「イトカワ」とはタイプが異なり、太陽系誕生から間もない約46億年前の水や有機物があるとされる。
これらを持ち帰ることができれば、地球の水や生命の起源に迫れると期待されている。

 初代はやぶさが持ち帰ったのは小惑星の表面にある微粒子だけ。今回は地表近くで爆発を起こし、金属弾をぶつけて人工的にクレーターを作り、内部の物質も採取する。太陽光などの影響で変質することなく、初期の状態を保っている試料を持ち帰るためだ。

 初代はやぶさは7年間の飛行中、エンジンの故障や交信途絶など多くのトラブルに見舞われ、一時は絶体絶命とまでいわれた。後継機はこの経験を生かし、再発防止のため装置の改良や設計変更を行った。

 現在は機体を組み立てながら機能試験を進めており、8月に完成の予定。30年に小惑星に到着、東京五輪閉幕後の32年12月に帰還を目指す。JAXAの国中均教授は「日本は小惑星探査で世界の先陣を切った。はやぶさ2でも必ず成果を示したい」と話す。

e295b785.jpg

ITmedia/産経新聞 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1401/09/news028.html



「はやぶさ2」今夏完成、年内打ち上げ…小惑星内部の物質も採取期待の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: キャプテンシステムρφ ★ 2013/12/18(水) 22:32:39.51 ID:???0

防衛省は、F-2後継機を開発するための研究、電波情報収集機の開発を推進します。

2013年12月17日に防衛省が発表した「中期防衛力整備計画」に、「将来戦闘機に関し、国際共同開発の可能性も含め、F-2戦闘機の退役時期までに開発を選択肢として考慮できるよう、国内において戦闘機関連技術の蓄積・高度化を図るため、実証研究を含む戦略的な検討を推進し、必要な措置を講じる」としています。

これはF-2の後継機に関して、国内開発可能なように研究開発を進めるというもので、仮に国際共同開発になった場合でもその技術は取引材料として有効に活用できます。
先進技術実証機「心神」などでの研究開発を推進することを指していると思われます。

また電波情報収集機の開発も警戒監視能力の向上のため取り組むとしています。
YS-11EB電子測定機の後継機とみられます。

d700cc9c.jpg

http://flyteam.jp/airline/japan-air-self-defense-force/news/article/30000



【軍事】防衛省、F-2後継機の研究開発を推進へ… 「心神」開発かの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 歩いていこうφ ★ 2013/07/10(水) 22:58:00.66 ID:???

NASA=アメリカ航空宇宙局の研究チームは、2020年に打ち上げを計画している火星の新たな探査機について生命が火星に存在した証拠を探るため、採取した岩石などのサンプルを機体内部に保管できるよう開発を進めるべきだと提言しました。

NASAは去年12月、現在火星での調査活動を続けている探査機「キュリオシティ」の後継機を2020年に打ち上げる計画を発表しました。
これを受けてNASAの研究者チームが、どのような探査機を造るべきか検討を続け、9日、報告書を発表しました。

それによりますと、火星に生命がいた証拠を探るため、採取した岩石などのサンプルを機体内部に保管できるようにし将来的には別の探査機が地球に持ち帰られるよう開発を進めるべきだとしています。
また、後継機の開発にあたっては、キュリオシティの機体を基に設計を行うとともに、必要な技術の一部を公募で募ることで開発費を抑えられるとしています。

「キュリオシティ」の探査では火星がかつて生命を育むことができる環境にあったことが分かってきていて、研究者チームは「後継機に期待されることは生命の痕跡を探すことだ」としています。

2

ソース:NHK http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130710/k10015957311000.html 



【宇宙】NASA キュリオシティの後継機となる新型火星探査機開発で提言の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ