理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

心拍数

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/05/06(金) 02:31:32.39 ID:CAP_USER
 犬の心拍数の変動を把握し、その気持ちの状態に応じた色に変化するウエアラブルデバイス(装着型機器)を、東京のITベンチャーが開発した。「INUPATHY(イヌパシー)」と名付けられ、例えば虹色に輝くと「うれしい」状態だ。現在クラウンドファンディングで資金調達に乗り出し、犬と人の絆(きずな)を深めるとして注目されている。

心拍変動が「気持ち」を映す

 開発したベンチャー社長の山口譲二さんによると、イヌパシーは、愛犬の胴体に装着したセンサーが心拍の変動を取得。鼓動の早い遅いに加えリズムのわずかな変化も逃さずにとらえる。

 山口さんは、その心拍変動と犬の気持ちがどのように密接に連関しているかさまざまなパターンを研究。変動の特徴から「喜び」「興奮」「ストレス」「集中」などを知ることができるようにした。

 具体的には、心拍変動によって犬の背中のLEDランプの色がリアルタイムに変化する。興奮は赤、リラックスは青、うれしいときはレインボー、遊びなどに集中しているときは点滅、という具合で、言葉が通じなくてもペットの気持ちを“翻訳”して教えてくれるわけだ。

続きはソースで

images

http://www.sankei.com/smp/premium/news/160505/prm1605050015-s1.html

引用元: 【科学】その名も「イヌパシー」 犬と人の「絆」つくる犬専用ウエアラブル [無断転載禁止]©2ch.net

その名も「イヌパシー」 犬と人の「絆」つくる犬専用ウエアラブルの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/02/11(木) 17:53:08.45 ID:CAP_USER*.net
馬は人間の笑顔や怒った顔を見て感情を認識できる――。英サセ◯クス大学の研究チームがそんな調査結果を発表した。

研究チームは心理学調査の一環として、人間のさまざまな表情を大写しにしたカラー写真を馬28頭に30秒間見せ、反応を調べた。

その結果、歯をむき出しにして怒った男性の顔の写真を見せられると、馬たちの心拍数が大幅に上昇することが分かった。

怒り顔の写真に対しては、首を動かして左目で見ようとする動作も見せた。これは負の刺激に関連した仕草で、馬の左目から入った情報は、脅威にさらされた環境を専門とする右脳の領域で処理されるという。

研究チームを率いるエイミー・スミス氏はこの結果について、「馬には種の壁を越えて感情を読む能力があることが示された」と評価。

続きはソースで

ダウンロード (1)

ソース/CNN
http://www.cnn.co.jp/fringe/35077730.html

引用元: 【動物】馬は人の表情を認識、怒り顔に心臓バクバク・・・英調査

馬は人の表情を認識、怒り顔に心臓バクバク・・・英調査の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/11/04(火) 10:13:54.42 ID:???0.net
コウテイペンギンの心拍数と他の健康指標を確かめるため、生物学者らがペンギン型ロボットをスパイとして動員した。このペンギン型ロボットは非常に可愛いし、簡単にペンギンの群れに紛れ込んだ。3日付の香港紙「東方日報」が伝えた。

コウテイペンギンは恥ずかしくなりやすいことで有名だ。研究者がコウテイペンギンに近寄ったら、コウテイペンギンは恐れを感じて心拍数が上がる。これでペンギンの心拍数と他の健康指標を確かめようとする科学者は正しいデータを得られない。

従って、科学者ら及びストラスブール大学の研究者はペンギンを装うリモコンカーを開発してきた。このペンギン型ロボットが南極地方に生息しているコウテイペンギンの群れに紛れ込んだ後、研究者らは200メートル先のところで観察している。
http://www.xinhuaxia.jp/social/51292

画像
http://www.xinhuaxia.jp/wp-content/uploads/2014/11/U473P4T8D6747372F107DT20141103194540.jpg

引用元: 【動物】ペンギンロボットがペンギンの群れに紛れこむ

ペンギンロボットがペンギンの群れに紛れこむの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ