理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

急性膵炎

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/06/11(日) 00:31:07.49 ID:CAP_USER
オートファジー止まると急性膵炎に 秋田大など発表
2017/6/6 19:30

重症化すると死ぬこともある急性膵炎(すいえん)は、膵臓の細胞内のたんぱく質をリサイクルする「オートファジー」(自食作用)という機能が止まることによって起こるとの研究結果を秋田大や自治医科大などのチームが6日付の英科学誌サイエンティフィック・リポーツに発表した。
 
急性膵炎は国内で年間約6万人が発症、増加傾向にある。原因はアルコールなどが中心だが、不明なものも多く、根本的な治療法はない。成果は治療法開発の手掛かりになると期待される。
 
チームの秋田大消化器内科の高橋健一医師らは、発症初期の膵臓で、消化液である「膵液」を分泌する細胞内に、小さな袋が数多く現れることに着目。
 
マウスを使った実験で、この袋は自食作用の前半にできる「オートファゴソーム」と呼ばれるもので、「Rab7」という遺伝子の機能不全のため、自食作用が次の段階に進めなくなっていることを突き止めた。

続きはソースで

▽引用元:日本経済新聞 2017/6/6 19:30
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG06H9I_W7A600C1CR8000/

▽関連
Disruption of Small GTPase Rab7 Exacerbates the Severity of Acute Pancreatitis in Experimental Mouse Models
Scientific Reports?7, Article?number:?2817 (2017)
doi:10.1038/s41598-017-02988-3
http://www.nature.com/articles/s41598-017-02988-3
ダウンロード


引用元: 【医学/分子生物学】オートファジーが止まると急性膵炎に 治療法開発の手掛かりになると期待/秋田大など©2ch.net

オートファジーが止まると急性膵炎に 治療法開発の手掛かりになると期待/秋田大などの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/11/25(火) 19:28:25.25 ID:???0.net
東京の上野動物園は25日、飼育していた雄のホッキョクグマ「ユキオ(雪夫)」が、26歳11カ月で死んだと発表した。国内で飼育中の雄のホッキョクグマでは最高齢で、死因は急性膵炎だった。上野は雌の「デア」だけになった。

上野動物園によると、19日から食欲がなくなり、動きが鈍くなった。
投薬治療をしていたが、食欲は戻らず、飼育員が25日朝、寝室で死んでいるのを見つけた。
上野では過去に推定36歳まで生きた例がある。

ユキオはドイツの動物園で誕生。
1988年から岡山市の池田動物園で飼育され、2000年に上野に来園した。
12年に繁殖のため北海道の釧路市動物園へ貸し出され、今年4月に戻っていた。

担当者は「イベントで氷やシャケを食べたりする姿は、来園者に人気があった。残念だ」と惜しんだ。
30日まで献花台を設けている。

[ 2014年11月25日 19:09 ]
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2014/11/25/kiji/K20141125009351020.html

引用元: 【訃報】「ユキオ」死ぬ 上野のホッキョクグマ

【訃報】「ユキオ」死ぬ 上野のホッキョクグマの続きを読む

このページのトップヘ