理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

情報

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 白夜φ ★ 2013/07/15(月) 00:12:58.15 ID:???

脳内の外界情報データベースが作られる仕組みを解明
  ~従来の定説を覆す発見~

東京大学大学院医学系研究科機能生物学専攻統合生理学分野の宮下保司教授、平林敏行特任講師らは、霊長類大脳皮質の階層的な領野構造に作り上げられる外界の情報データベース「外界の内部表現」(内部表象)の新しい計算原理を発見しました。

私たちは、脳の外界情報データベース「外界の内部表現」を通じて世界を認識しています。
物体の視覚特徴の表象様式は大脳皮質の内部表現の中でも最もよく調べられています。
しかし、個々のニューロンの活動計測に基づいた従来の見解では、ある脳領野における視覚特徴の神経表象は、その領野において生成され、支配的な神経表象になると考えられてきました。
これに対して、低次領野において神経表象の「前駆コード」が少数生成され、それが高次領野において「増殖」する、という「前駆コード生成→増殖仮説」も立てられます。

本研究では、マカクザル下部側頭葉の隣接した領野であるTE野と36野のそれぞれにおいて複数のニューロンから同時に活動を記録し、図形間対連合の神経表象を生成する神経回路を明らかにすることにより、後者の仮説が正しいことを初めて実証しました。

本研究により、私たちの脳が世界を表象する原理についての理解が深まるのみならず、階層的な構造をもつ人工データベースの効率的設計や、神経表象に関わる疾患に対する治療法にも繋がると期待されます。

本研究は、科学技術振興機構(JST)戦略的創造研究推進事業(CREST)研究領域「脳神経回路の形成・動作原理の解明と制御技術の創出」の一環として行われ、研究成果は米国科学雑誌「Science」7月12日号に掲載されました。

76eb2471.png

▽記事引用元 東京大学 広報・プレスリリース最新情報(2013年(平成25年))
http://www.m.u-tokyo.ac.jp/news/press.html#20130712

リリース文書[PDF: 697KB]
http://www.m.u-tokyo.ac.jp/news/admin/release_20130712.pdf

▽関連
Science 12 July 2013:
Vol. 341 no. 6142 pp. 191-195
DOI: 10.1126/science.1236927
Microcircuits for Hierarchical Elaboration of Object Coding Across Primate Temporal Areas
http://www.sciencemag.org/content/341/6142/191.abstract



【脳】脳内の外界情報データベースが作られる仕組みを解明 従来の定説を覆す発見/東京大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: デボンレックス(北海道) 2013/07/12(金) 07:40:51.14 ID:uj2OTRrk0 BE:697558324-PLT(12018) ポイント特典

1枚に360テラバイトの情報を保存でき1000℃の高温にも耐える記録媒体「スーパーマンメモリークリスタル」が開発される!!

 イギリスにあるサウサンプトン大学の研究者らは、大容量で永遠にデータが消えない脅威の記録媒体を開発することに成功しました。この画期的なデータ・ストレージ技術は、「スーパーマンメモリークリスタル」と呼ばれています。

 通常の記録媒体は、温度、湿度、磁気、機械的な故障などに脆弱なため、どれだけ大切に保存してもせいぜい数十年で寿命を迎えます。

 ところが今回開発された「スーパーマンメモリークリスタル」は、1枚のディスクに360テラバイトという大容量の情報を収納できる上、半永久的に情報が失われることがありません。また1000℃という高温にさらされても壊れることはありません。

 「スーパーマンメモリークリスタル」は、ガラス板に非常に細かくレーザーで情報を刻み込むことでデータを書き込むというもので、三次元ナノ構造のガラス板にドットが打ち込まれます。3枚のガラス板のドットと偏光、強度という5つの要素によって成立しています。

 この技術によって、通常サイズのディスクには永遠に失われない360テラバイトもの情報を記録させることができます。ちなみに360テラバイトは、DVDに換算すると約8万枚となります。

 「スーパーマンメモリークリスタル」の書き込み速度はそれほど早くはないとのことですが、読み取り速度は従来の8倍ほどとのこと。ただし書き込む速度も、今後上げることができるとしています。

 どういった用途に用いられるのかや製造コストがどれほどなのかは分かりませんが、実用化されればメモリ不足に悩まされずに済みそうですね。大容量で耐久力のある記録媒体技術でした。

http://commonpost.info/?p=71819
ada23ef1.jpg
4ca4fd81.jpg

http://commonpost.info/wordpress/wp-content/uploads/2013/07/186.jpg
http://commonpost.info/wordpress/wp-content/uploads/2013/07/238.jpg



1枚に360テラバイト保存!永遠にデータが消えない記録媒体が開発されるの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
【理系ニュースについて】
このサイトは理系に関する情報を様々な媒体から収集し、皆さんにご紹介するブログです。

管理人・・・理系好き
連絡先・・・コンタクトからご連絡下さい。

サイトURL・・・http://rikeinews.blog.jp/
RSSURL・・・ http://rikeinews.blog.jp/index.rdf

Twitter  ・・・https://twitter.com/rikei_news/
Facebook・・・https://www.facebook.com/rikeinews


当サイトの管理人は、ただの一般人で理系に関しては全くの素人ですので、所々おかしな表現があるかも知れませんが、どうか生暖かい目で見て下さい。

また理系とはありますが、理系・文系関係なく様々な人に情報を発信し、科学等に興味・関心を持ってくれる人が少しでも増え、日本の科学技術の発展や理解に繋がれば幸いだと思っております。
情報の選定は管理人の気になったものと気まぐれが基準となっております・・・

2012年9月8日
当初は管理人の趣味で、DTIブログにて2chまとめサイト『理系@速報』として主に管理人の友人向けに更新を開始。

2013年5月29日
理系のニュースを本格的に 外部に発信したいと思い、同じく2chまとめサイト『理系にゅーす』としてライブドアブログに移行。

2014年3月6日
2chの殆どが転載禁止となり、まとめサイトとは別の情報発信サイトを作製しようと思い、この理系ニュースが誕生。

つまり、まとめサイトの理系にゅーすとこの理系ニュースは同じ管理人のサイトです。


【免責事項等】 
当ブログは著作権及び肖像権の侵害を目的としたものではありません。 
当ブログに掲載された、各種文章・画像・動画・映像・音楽などの著作権は、各権利所有者・団体などに帰属致します。
当ブログにアップした、各種文章・画像・映像・音楽などに関しまして何か問題がある場合は、各権利所有者・団体ご本人様コンタクトよりご連絡をお願い致します。
確認後速やかに削除等の適切な対応をとらせて頂きます。
また、当ブログの利用、閲覧、リンク先によって生じたいかなる損害について一切の責任を負いません。 

使用している画像はフリー素材であり、画像自体もイメージで本文と関係ないものもあります。


【サイト運営者様】

当ブログと相互リンク・相互RSS、記事紹介等してくださっているブログ様、サイト様いつもありがとうございます。 また更新お疲れ様です。 

・当ブログはリンクフリーです。
リンク、RSS共にご自由に貼って頂いて結構です。
報告等も必要ありませんが、ご連絡頂ければ嬉しいです。 

当ブログは相互リンク・相互RSSを随時募集しております!!
相互をご希望のブログ様、サイト様は、当サイトのリンク・RSSを貴サイトにご登録頂いてから、コンタクトよりご連絡くださいませ。 
まだまだ小さいブログですが、アクセスをお返し出来るように頑張りますので宜しくお願い致します。 

また相互のご依頼は大変嬉しいのですが、ご期待に応えられない場合がございます。 
※公序良俗に反する(アダルト色が強いなど)ブログ様や、一定期間(一ヶ月程)更新のないブログ様等。 

当ブログからも相互の依頼を出すこともありますが、10日程経っても返信やアクセスが無い場合は、当ブログに相互の価値が無いと受け止め、設置したリンク・RSSを外して出直します。 

以上を踏まえ、このブログをご覧頂いた皆様に有意義なお時間をご提供出来るように、毎日の更新を頑張ります!!


【TOP絵募集】
理系ニュースでは、TOP絵を描いていただける方を募集しております。
描いてやってもいいよという方は、是非ご連絡ください。
どうぞよろしくお願いします。

当ブログ・免責事項・相互についての続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ