理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

抑鬱

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/07/29(水) 19:58:57.15 ID:???.net
【生物学】ストレスと行動変化の間に微生物が介在している
引用元:Nature Asia 2015年7月29日
http://www.natureasia.com/ja-jp/research/highlight/10112

Biology: A microbial link between stress and altered behavior

幼少時にストレスを受けたマウスに見られる不安行動と抑うつ行動は、ストレスによる腸内微生物叢の変化に依存しているという結論を示した論文が、今週掲載される。
今回の研究で、ストレスを受けたマウスには腸内微生物叢の有無にかかわらずホルモンの変化が見られたが、行動の変化が見られたのは腸内微生物をもつマウスだけだった。

仔マウスを母親から周期的に引き離すという手法は、行動と腸の機能に変化を生み出す幼少時のストレスの影響を調べる研究に用いられてきた。
マウスの行動の変化は、腸内微生物叢と視床下部-下垂体-副腎軸(HPA)の変化と関連すると考えられてきた。
HPAは、体内の主要な神経内分泌系の1つだ。

今回、Premysl Bercikたちは、母親から引き離されたマウスモデルにおける行動の変化に対する腸内細菌の寄与を調べた。
この研究では、正常な腸内微生物叢を有するマウスと無菌マウスの2つのグループが用いられた。
いずれのグループにも母親から引き離されたマウスが含まれており、それ以外のマウスは対照群とされた。
また、第1のグループの腸内微生物叢が無菌マウスの一部に移植された。

続きはソースで

images

Microbiota and host determinants of behavioural phenotype in maternally separated mice
http://www.nature.com/ncomms/2015/150728/ncomms8735/full/ncomms8735.html

引用元: 【生物学】ストレスと行動変化の間に微生物が介在している

ストレスと行動変化の間に微生物が介在しているの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/06/14(日) 12:58:54.41 ID:???.net
野菜ジュースの継続摂取で抑うつ状態が改善 - 伊藤園と筑波大学の共同研究 | マイナビニュース
http://news.mynavi.jp/news/2015/06/09/278/
野菜飲料摂取による、抗抑うつ・抗不安効果を確認 | ニュースリリース | 伊藤園
https://www.itoen.co.jp/news/detail/id=24403

画像
http://n.mynv.jp/news/2015/06/09/278/images/001l.jpg
http://n.mynv.jp/news/2015/06/09/278/images/002l.jpg
http://n.mynv.jp/news/2015/06/09/278/images/003l.jpg
(左から)BDIスコア、STAI-1、STAI-2スコアの推移。各スコアとも、数値が低下し改善していた。


伊藤園は6月9日、野菜汁100%飲料およびビタミン強化型の野菜・果実ミックスジュースの継続的な摂取による抗抑うつ・抗不安効果を確認したと発表した。

同成果は筑波大学との共同研究によるもので、「Journal of Family Medicine and Community Health」に掲載されたほか、6月4日に開催された「WPA Regional Congress 2015」で発表された。

これまでの研究で、うつ病を発症している人は発症していない人に比べて野菜の摂取量が少ないことが報告されている。これは野菜に含まれるカロテノイドやビタミンなどの成分を十分に摂取することで、うつ病の発症リスクが低減されるためと考えられている。

今回の研究では、毎日の食事に加え、野菜汁100%飲料またはビタミン強化型の野菜・果実ミックスジュースで野菜の栄養を補うことで、抑うつ状態・不安状態を改善できるかどうか検証するため、臨床試験を実施した。

試験は、抑うつぎみ(抑うつの程度を測るBDIスコアが11点以上)、状態-特性不安尺度(状態不安と特性不安の尺度であるSTAIスコアレベル3以上)の健常な25~60歳の男女60名を対称に実施。
被験者を野菜汁100%飲料を1日1本摂取する群(野菜汁100%飲料群)と、野菜・果実ミックスジュースを1日1本摂取する群(野菜・果実ミックスジュース群)、飲料を摂取しない群(コントロール群)の各20名に分け、4、8、12週間摂取後のBDIスコアおよびSTAIスコアを比較した。

その結果、抑うつの程度を示すBDIスコアでは、摂取前と比較して野菜汁100%飲料群と野菜・果実ミックスジュース群で12週間後に有意な改善が確認された。

続きはソースで

ダウンロード

引用元: 【統計】野菜飲料摂取による、抗抑うつ・抗不安効果を確認 伊藤園、筑波大学

野菜飲料摂取による、抗抑うつ・抗不安効果を確認 伊藤園、筑波大学の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ