理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

投入

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: フェイスロック(東京都) 2013/11/11(月) 23:12:15.95 ID:J6puToHi0 BE:202713757-PLT(12051) ポイント特典

インドの火星探査衛星、軌道投入ならず
http://japanese.ruvr.ru/2013_11_11/124258066/

インドの火星探査機が11日、所定の軌道への投入に失敗した。プレス・トラスト・オブ・インディアが報じた。

探査機を載せたロケットは5日、ベンガル湾のシュリハリコタ島の宇宙基地を出発した。
まずは地球の周回軌道に投入され、そこから、12月1日までに火星に出発する予定であった。

インドはこの計画をもって、ロシア、米国、欧州の各宇宙局が推進する火星調査プロジェクトに参加する計画であった。
探査機は火星で生命の痕跡を探ることを使命とする。300日間のミッションだ。インドの宇宙局は宇宙開発を積極化する方針である
7c822173.jpg



インドの火星探査衛星失敗、「地球」軌道に乗せられずの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: キャプテンシステムρφ ★ 2013/10/21(月) 09:18:39.09 ID:???0

米誌の報道によれば、米軍は5年以内に武装ロボットをフィールドに投入する予定であると言います。
先日行われたフォートベニングでのデモでは、150m先から標的を排除できる”機械化歩兵”が公開されました。

米軍のウィリー・スミス中佐はロボット兵のは性能に満足していると答えています。
「技術的にはもう実現できる水準に達している。」

このロボットはノースロップ・グラマン、HDTロボット、iRobot、キネティックの4社によって製造されました。
グレネードランチャー、機関銃やミサイルなど複数の武装を搭載することが可能で、作戦域に展開された後はGPS誘導や遠隔操作によって偵察、ターゲットの排除などの作戦を行います。

プロトタイプでは操作にゲームコントローラが使われていました。
必要に応じてラップトップPCやタブレット端末でも操作することができます。
最大で3.5kmほどの距離から操作できるとの事です。

現在は自立的に行動し、自立的に発砲を行うモードはオフにされています。
プロジェクトリーダーのトリー・ストロードJr.は言います。
「5年、10年先には自ら情報を取得し、判断するロボットを開発できるでしょう。」
「しかし、もし自立行動が可能となったとしても、 我々人間はまず、その機能をオンにすべきかどうか良く考えなければなりません。」

★画像
ec14d91f.jpg

http://cdn.slashgear.com/wp-content/uploads/2013/10/robot-527x500.jpg

http://www.slashgear.com/us-army-to-deploy-remote-controlled-robotic-infantry-in-the-field-within-5-years-20302177/



【軍事】米軍、5年以内に機械化歩兵を投入へ…将来的には自立行動も?の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ドラゴンスープレックス(新疆ウイグル自治区) 2013/08/30(金) 21:25:26.21 ID:Rh30Fe/+0 BE:304574786-PLT(12201) ポイント特典

巨大カタツムリ駆除に探知犬出動へ、米フロリダ州が新対策
14

ttp://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPTYE97T03C20130830

約2年前から大量発生している巨大カタツムリ「アフリカマイマイ」の駆除に頭を悩ませている米フロリダ州の農業当局は21日、アフリカマイマイの捕獲にラブラドールレトリバーを投入すると発表した。

アフリカマイマイは建物の外装などに使われているしっくいを好んで食べるほか、約500種類の植物をエサにしているとされ、ネズミほどの大きさに成長することもある。
また、建物に被害を与えるだけでなく、髄膜炎などを発症させる寄生虫を持っている可能性がある。

これまでに当局は約600万ドル(約5億9000万円)をかけて計12万8000匹を捕獲。
薬剤や餌などを使って人が駆除してきたが、今後は鼻の効くラブラドールの力も借りるという。



【U ^ω^】 外来種駆除にアフリカマイマイ探知犬 3頭を育成…駆除が終わったらどうすんだよコイツらの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ