理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

抗うつ薬

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/07/29(水) 08:18:35.53 ID:???*.net
「夜尿症」治療指針 12年ぶり見直しへ
7月29日 5時08分

ダウンロード (2)

小学校に入学する年齢になっても、おねしょが続く「夜尿症」について、専門の医師で作る学会は、現在の治療指針には最新の薬についての情報などが盛り込まれておらず、誤った処方をされるおそれがあるとして、来年、12年ぶりに指針を見直すことを決めました。 

「夜尿症」は、小学校に入学する年齢になっても週に数回以上、おねしょが続く病気で、患者は全国でおよそ80万人いると推計されています。
日本夜尿症学会では、薬で治療する場合は、3年前から飲み薬のホルモン剤をまず処方することを推奨しています。
しかし、11年前にまとめられた現状の治療指針では、かつて主流だった重い副作用がある「抗うつ薬」の処方が推奨されていて、誤った処方をされるおそれがあるということです。

続きはソースで

画像
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150729/K10010169671_1507290539_1507290539_01_03.jpg
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150729/k10010169671000.html

引用元: 【医療】「夜尿症(おねしょ)」治療指針、12年ぶり見直しへ

「夜尿症(おねしょ)」治療指針、12年ぶり見直しへの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/01/25(日) 03:03:23.85 ID:???0.net
朝日新聞デジタル 1月24日 22時57分配信

 医療経済研究機構(東京)は、子どもへの向精神薬の処方について初めての全国調査をしたところ、増加傾向にあることがわかったと発表した。10年ほどの間に、処方が倍以上になった薬もあるという。

 機構の奥村泰之研究員らは、2002~10年の診療報酬明細書と調剤報酬明細書を無作為抽出し、18歳以下の外来患者のべ23万3399件を分析。年齢は0~5歳、6~12歳、13~18歳に分け、期間は3年ごとに区切って比較した。

 その結果、13~18歳への処方は、02~04年と08~10年を比べると、注意欠陥・多動性障害(ADHD)治療薬が2・49倍、抗精神病薬は1・43倍に増えていた。
6~12歳の同様の比較では、ADHD治療薬が1・84倍、抗精神病薬が1・58倍だった。13~18歳では、この2種類の薬に加え、抗うつ薬も1・37倍に増えていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150124-00000041-asahi-ent

引用元: 【社会】子どもへの向精神薬処方が増加 「10年で倍」の薬も

子どもへの向精神薬処方が増加 「10年で倍」の薬もの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ