理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

抗生物質

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
~~引用ここから~~

1: エタ沈φ ★@\(^o^)/ 2014/04/24(木) 08:16:03.26 ID:???.net

牛糞堆肥は野菜の栽培によく使われているが、ウシの糞には微生物の抗生物質耐性を高める可能性のある多様な遺伝子が含まれていることが22日、米エール大学(Yale University)の研究で明らかになった。

 研究結果によると、これらの遺伝子はウシの消化管に存在するバクテリアに由来するもの。これらの遺伝子を持つスーパーバグ(抗生物質が効かない超強力細菌)が、ヒトに感染するようになる恐れもあるという。

 研究チームが米コネティカット(Connecticut)州で4頭の雌牛から採取した糞便サンプル5点を調べたところ、80種の抗生物質耐性遺伝子が見つかったという。研究者らは「その数の多さに驚いた」と話している。

 見つかった遺伝子の約75%はあまり知られていないもので、遺伝子配列の分析によって既知の遺伝子とは遺伝的に遠縁であることが分かった。

 これらの遺伝子を導入した実験室株の大腸菌は、ペニシリンやテトラサイクリンなどのよく知られた抗生物質の一部に耐性を持つようになったという。

 主に成長を促進させる目的で、ウシの4倍もの抗生物質を投与されることもあるニワトリからは、より多くの抗生物質耐性遺伝子が発見されている。 (c)AFP

続きはソースで
http://www.afpbb.com/articles/-/3013293

mBio
Diverse Antibiotic Resistance Genes in Dairy Cow Manure
http://mbio.asm.org/content/5/2/e01017-13
~~引用ここまで~~



引用元: 【生物】牛糞は抗生物質耐性遺伝子の宝庫?80種検出 米研究


牛糞は抗生物質耐性遺伝子の宝庫?80種検出 米研究の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: そーきそばΦ ★ 2014/02/06(木) 22:39:32.75 ID:???0

 香川県善通寺市の国立病院機構「四国こどもとおとなの医療センター」(689床)は6日、昨年12月以降、抗生物質が効きにくいメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA※)に入院患者11人が感染、うち2人が死亡したと発表した。

 同センターは院内感染の可能性があるとしている。12月に死者が出ていたが、今月4日まで保健所に報告していなかった。

 同センターによると、感染者は0歳~80歳代。昨年12月に3人が熱などの症状を訴え、いずれも消化器疾患で入院していた70歳代の女性が同月下旬、70歳代の男性が今年1月中旬に感染による肺炎で死亡した。1月にも8人が発症。
亡くなった2人以外は回復したか快方に向かっているという。

 ※MRSA=methicillin resistant Staphylococcus aureus

10

読売新聞 2月6日(木)21時30分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140206-00001078-yom-soci



【香川】MRSAに患者11人感染、2人死亡の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: フルネルソンスープレックス(京都府) 2013/11/17(日) 21:15:50.18 ID:LJcNfmtnP BE:1300950735-PLT(12014) ポイント特典

世界に危険な疫病が再び?
13

http://m.ruvr.ru/data/2013/11/17/1325049706/4unit-731-army-war.jpg

医療研究者らは、薬剤への耐性をもつバクテリアは今日の製薬分野における最大の脅威であると指摘している。

これは製薬雑誌「Lancet」で明らかにされたもので、この脅威に対応するため国際的な協力を強化するよう呼びかけられている。

これは耐性を獲得し、薬剤が効かなくなったバクテリアを指している。

中東呼吸器症候群コロナウイルスの死者 66人に
http://japanese.ruvr.ru/2013_11_17/124550127/

また抗生物質の効果がなくなれば、単純な手術からガンの化学治療に至るまで、まったく意味のないものとなり、先進国においてさえ、致死率が20世紀初頭の水準にまで逆戻りしてしまうという。

ВВСロシア語放送
http://japanese.ruvr.ru/2013_11_17/124560824/



世界に危険な疫病が再び?先進国においてさえ、致死率が20世紀初頭の水準にまで逆戻りの恐怖!!の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: エタ沈φ ★ 2013/09/02(月) 17:12:54.77 ID:???

東京工科大学は8月27日、抗生物質や合成抗菌剤が効かない「薬剤耐性細菌(耐性菌)」が、多摩川での
現地調査から都市河川に多く存在することを確認したと発表した。

同成果は同大応用生物学部の浦瀬太郎教授らによるもので、詳細は2013年11月に開催される土木学会「環境工学研究フォーラム」において発表される予定だという。

抗生物質は、感染症治療に活用されてきたが、その過度の使用が耐性菌を発生させることが知られている。
こうした話題は主に、病院内の問題として考えられきたが、、近年、院内感染とは無縁のはずの外来患者から基質特異性拡張型β-ラクタマーゼ(ESBL)産生菌などが検出される例が報告されるようになってきており、その原因として、自然環境が「薬剤耐性化」していると考えられるようになっている。

今回、研究グループは、大半が無害だが、薬剤耐性が「プラスミド」に乗って容易に他の細菌に移っていく性質を持つ「大腸菌」を調査対象に、現在の感染症治療の主力となっている抗生物質に対する耐性菌を、2011年から2012年にかけて代表的な都市河川である多摩川をフィールドとして調査。

そうして得られた3452株の大腸菌のうち75株が第3世代セファロスポリン系の抗生物質が効かない細菌
(ESBL産生菌と大きく重なるグループ)であることを突き止めた。
また、秋川や高尾山など、水道水源としても使用される小河内ダム放流水にはほとんどこのタイプの耐性菌は存在しなかったが、中流以降では多く存在していることが判明したほか、75株のうち25%がフルオロキノロン系の多剤耐性大腸菌であり、病原化した場合には治療に手間のかかる性質のものであることも判明したという。

なお、研究グループは、今回の結果を受けて、水環境中の耐性菌問題は、医療面、下水処理などのインフラ面、河川環境管理など、複雑な問題が絡んでいるため、解決は容易ではないが、例えば、抗生物質の中でも切り札的な抗生物質については、使用用途を限定するなど、耐性菌の発生を抑制し、その抗生物質の有効性を温存することに社会が取り組む必要があるとコメントしている。

マイナビニュース 2013/08/28
http://news.mynavi.jp/news/2013/08/28/047/index.html

多摩川の各地点における大腸菌分離株中の第3世代セファロスポリン耐性菌の比率
e70c316f.jpg

http://news.mynavi.jp/news/2013/08/28/047/images/011l.jpg

依頼がありました
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1376913483/44



【細菌学】多摩川などの都市河川には薬剤耐性菌が多く存在している -東京工科大が確認の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 白夜φ ★ 2013/07/08(月) 01:34:59.75 ID:???

抗生物質効かない緑膿菌、薬が効果失う仕組み解明 阪大など
2013/7/1 2:00

大阪大学の山口明人特任教授らは第一三共と共同で、多くの抗生物質が効かない多剤耐性緑膿菌(りょくのうきん)が、阻害剤という医薬品の効果を失わせる仕組みを解明した。
多剤耐性菌に効く新薬の開発に役立つ。
研究成果は1日、英科学誌ネイチャー(電子版)に掲載される。

多剤耐性緑膿菌は抗生物質などを体外に排出するたんぱく質を持つ。
たんぱく質と結合して働きを抑えるはずの阻害剤が、うまく結合できないことが原因と考えられていた。
研究チームは大型放射光施設「SPring―8」(兵庫県佐用町)で詳しい仕組みを調べたところ、たんぱく質の形が一部変形して阻害剤が結合しないようになっていた。

あらゆる形に変形したたんぱく質と結合できる阻害剤が作れれば、全ての多剤耐性緑膿菌に効く薬ができる。
阪大は東京大学とも協力して新しい阻害剤の候補物質を探す一方、新薬のもととなる化合物を合成する研究も始めた。
1


▽記事引用元 日本経済新聞web刊2013/7/1 2:00 配信記事
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG30021_Q3A630C1CR8000/

▽関連
大阪大学
多剤排出タンパク質の阻害剤結合構造決定に初めて成功
―大きな社会問題となっている多剤耐性菌感染症克服に手がかり
http://www.osaka-u.ac.jp/ja/news/ResearchRelease/2013/07/20130701_1



【構造生物】抗生物質効かない緑膿菌、薬が効果失う仕組み解明/大阪大などの続きを読む

このページのトップヘ