理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

抱擁

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/02/13(金) 22:06:30.01 ID:???.net
掲載日:2015年2月13日
http://www.afpbb.com/articles/-/3039488

 ギリシャの考古学者チームは、抱き合った姿勢で埋葬されたとみられる先史時代の男女の人骨を発見した。
ギリシャ文化省が12日、発表した。このような状態の埋葬人骨は極めて珍しいという。

3


 同省の声明によると、人骨が発見されたのは、ペロポネソス(Peloponnese)半島沿岸部ディロス(Diros)の洞窟遺跡で、同地は紀元前6000年から人が居住していたことが知られているという。

「このような埋葬は非常に珍しい。ディロスの埋葬例は、これまでに発見された世界最古級のものの一つ」と
同省は説明した。

 炭素年代測定で紀元前3800年のものと判明したこの人骨は、DNA鑑定で若い男女のものであることが確認された。
それぞれの年齢については詳しい情報は得られていない。

 昨年完了した同遺跡での5年に及ぶ発掘作業では、幼児や胎児の埋葬人骨や、数十人の遺骨が納められた納骨場所なども発見された。

続きはソースで

(c)AFP

<画像>
ギリシャ・ペロポネソス半島沿岸部ディロスの洞窟遺跡で見つかった人骨(2015年2月12日公開)。(c)AFP/GREEK CULTURE MINISTRY
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/7/0/1024x/img_70af89095e5e3f090796802907c2de7d236687.jpg

<参照>
Together for an eternity: 6,000-year-old skeletons are found locked in an embrace inside Greek 'underworld' caves | Daily Mail Online
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2952186/Together-eternity-6-000-year-old-skeletons-locked-embrace-inside-Greek-underworld-caves.html

引用元: 【考古学】抱き合う男女の埋葬遺骨、先史遺跡で発見 ギリシャ

抱き合う男女の埋葬遺骨、先史遺跡で発見 ギリシャの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/02/10(火) 20:19:25.15 ID:CZxuW83F*.net
2015/02/10 20:06

画像
http://img.47news.jp/PN/201502/PN2015021001002290.-.-.CI0003.jpg

 緊張を和らげようと野生のニホンザル同士が行うとされる「抱き合い」の仕方に地域差があることを、京都大の中川尚史准教授(霊長類学)のチームが確認し、10日発表した。

 お辞儀や握手など人のあいさつの仕方が地域によって異なるように、ニホンザルが地域ごとに異なる社会的な文化を持っている可能性があるという。

 チームは、金華山(宮城県)と屋久島(鹿児島県)のニホンザルを観察。金華山では正面から抱き合い、体を大きく揺すっていた。

 屋久島では片方が他方の体の側面に抱き付き、手のひらを開けたり閉じたりする場合が多く、片方が後ろから抱き付いたりもした。

(記事の続きや関連情報はリンク先で)

5


引用元:47NEWS(よんななニュース) http://www.47news.jp/CN/201502/CN2015021001002226.html

引用元: 【科学】 サルの「抱き合い」に地域差 異なる文化か、京大確認 [共同通信]

サルの「抱き合い」に地域差 異なる文化か、京大確認の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 白夜φ ★ 2013/10/20(日) 10:23:51.93 ID:???

類人猿にも「人間に似た感情」、仲間をハグで慰める 米研究
2013年10月16日 08:44 発信地:ワシントンD.C./米国

【10月16日 AFP】若いボノボ(ピグミーチンパンジー)は、人間の子どもと同じような方法で、仲間の気分を良くするためにハグやキスを交わしているとする論文が、米科学アカデミー紀要(Proceedings of the National Academy of Sciences、PNAS)に発表された。
人間と類人猿の感情が似たように機能することを示唆する研究結果だ。

ボノボは、遺伝子的にはチンパンジーや人間に近い動物で、感情移入能力が最も高い大型類人猿とみなされている。
「これにより、ボノボは心理学的比較調査の理想的な対象になっている」と、研究を率いた研究者の一人、フラン・デワール (Frans de Waal)氏は語る。
「人間とボノボの基本的な類似性はおそらく、約600万年前に生息していた最後の共通の祖先に由来していたのだろう」

米エモリー大学(Emory University)の科学者らはこの研究で、コンゴ民主共和国の首都キンシャサ(Kinshasa)近郊にある保護区域でボノボ同士の日常的な交流の様子を収めた動画を調査した。

同大学の保健科学部から発表された声明によると、けんかに負けるといった大きな感情変化からすぐに回復したボノボほど、仲間に対して強い「思いやり」を示すことがわかったという。

研究を率いた研究者の1人、ザナ・クレイ(Zanna Clay)氏によると、こうした感情移入能力の高いボノボは、苦しんでいる仲間に対してハグ、ボディータッチ、キスなどの「体に触れる慰め行為」を行う傾向が強いという。

このことは、ボノボが怒りを爆発させたり失意に圧倒されたりしないように自身を制止して、激しい感情を抑えることができることを示唆している。
これは人間の子どもにとっても、健全な社会性の発達を構成する重要な部分の一つだと、研究チームは指摘している。(c)AFP

images

▽記事引用元 AFPBBNews 2013年10月16日08:44配信記事
http://www.afpbb.com/articles/-/3001494

▽関連サイト
・PNAS
Development of socio-emotional competence in bonobos
http://www.pnas.org/content/early/2013/10/09/1316449110.abstract
・Emory University
Development of socio-emotional competencein bonobos (pdf)
http://www.emory.edu/LIVING_LINKS/publications/articles/Clay_deWaal_2013b.pdf



【生物】類人猿ボノボにも「人間に似た感情」、仲間をハグで慰める/米エモリー大学の続きを読む

このページのトップヘ