理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

指令

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2018/01/24(水) 19:55:41.89 ID:CAP_USER
「脳は体を支配している」という考え方は長い間支配的でしたが、近年になって胃腸が「第2の脳」と呼ばれるなど、人間の体は脳だけによって動かされているのではないことがわかってきています。
脳神経科学者のアントニオ・ダマシオ氏も「脳は体を支配するのではなく、調整している」という考えを持っている一人であり、「脳の偉大さ」を誇張する風潮とは異なる考えを示しています。

The Evolution of Pleasure and Pain
http://nautil.us/issue/56/perspective/antonio-damasio-tells-us-why-pain-is-necessary

ダマシオ氏は「情動」の研究者として世界で名をはせている人物。
現代では、「脳は体においてコンピューターのように作用し、支配的な位置で体の他の部分に指令を送っている」という考え方、すなわち「脳中心」の考え方を持っている人も少なくありません。
しかし、ダマシオ氏は「体が脳や心に影響を与えるのと同じように、脳は体に影響を与える」として、脳と体が相互作用している分離不可能なものであること、そして脳と体による有機体は「環境」と強く相互作用していることを主張しています。

そんなダマシオ氏の新刊「The Strange Order of Things: Life, Feeling, and the Making of Cultures」は「感情」そして「生物的進化はどうして人間を種として繁栄させたのか」ということに焦点を当てたもの。
なぜ人が科学に拍車をかけ、薬や宗教、芸術を作り出せたのかに迫っています。

科学者のフランシス・クリックは「人間の考えや感情精神などは全てニューロンに他ならない」という考え方を持っていましたが、クリックと友人であったダマシオ氏は「人間の行動や精神はニューロンだけでは成立しない」という全く反対の考え方を持っています。
神経系は体のそのほかの部分と絶えず協力し相互作用を行うことで機能しており、これは神経系が組織体のアシストを第一に行っていることからも明らかであるとのこと。

進化の過程で有機体は内分泌系・免疫系を手に入れ、代謝を行うようになりました。
すると、このような活動を同時に行えるよう調整する役割が必要になり、神経系がその役割を担ったのです。
このことから、脳は体を「支配」しているのではなく、全体の流れがスムーズになるよう「調整」しているのだというのがダマシオ氏の考え方。

そして何百万年もの間でプロセスが発達していき、神経系は体内の調整だけでなく、「外側の世界」と「内側の世界」の調整を行うようになります。
「これが『大脳皮質』という名の神経系が行うことです」とダマシオ氏は語っており、人間が認識・記憶・推理・操作・翻訳などさまざまなことが可能になったわけです。

ダマシオ氏は「The Strange Order of Things」全編を通してホメオスタシスの重要さを説いています。
ホメオスタシスは「恒常性」とも呼ばれ、「均衡」と同じものとして考えられることもありますが、
ダマシオ氏によれば、これは誤りとのこと。なぜなら、「死」もまた均衡の取れた状態であるからです。

続きはソースで

GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20180123-evolution-of-pleasure-and-pain/
ダウンロード (2)


引用元: 【脳科学】脳は体を「支配」しているのではなく「調整」している[18/01/23]

脳は体を「支配」しているのではなく「調整」しているの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/05/26(木) 07:41:22.43 ID:CAP_USER
【プレスリリース】運動のずれを直す指令はどこからくるのか!? 手を伸ばす運動の「照準」を合わせる脳の仕組みを解明 - 日本の研究.com
https://research-er.jp/articles/view/46590


本研究成果のポイント

•手を伸ばす運動の「間違いの向きと大きさ」の情報が、運動直後に大脳の運動野に現れることを発見
•運動直後0.1秒以内に運動野を電気刺激すると、「照準」を変えることができることを証明
•電気刺激を使った新たな運動機能増進法やリハビリテーション法の開発につながることに期待


リリース概要

大阪大学大学院生命機能研究科ダイナミックブレインネットワーク研究室北澤茂教授と、情報通信研究機構脳情報通信融合研究センター井上雅仁研究員らは、手を伸ばす運動の「間違いの向きと大きさ」の情報が大脳の運動野>>1 に現れることを明らかにしました。さらに、手を伸ばす運動直後0.1秒以内に、運動野に微小な電気刺激を与えると、少しずつ運動の「照準」を変化させうることを示しました。例えば、「目標の右に手がずれたこと」を伝える場所を刺激すると、次回の運動の照準は左にすこしだけ修正される、という具合です(図1)。

本研究により、大脳の運動野にはあらゆる方向のずれに対応する神経細胞(ニューロン)があり、司令塔として、運動を行うたびに照準のずれを直すための信号を送り出していることが実証されました。

本研究の成果は、電気刺激を使って運動技能を向上させる新たな運動機能増進法やリハビリテーション法の開発につながることが期待されます。

本研究成果は、2016年5月13日(金)午前1時(日本時間)に米国科学誌「Neuron」電子版に掲載されました。

続きはソースで

images

 

引用元: 【神経科学】運動のずれを直す指令はどこからくるのか!? 手を伸ばす運動の「照準」を合わせる脳の仕組みを解明 [無断転載禁止]©2ch.net

運動のずれを直す指令はどこからくるのか!? 手を伸ばす運動の「照準」を合わせる脳の仕組みを解明の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/02/14(日) 01:42:43.41 ID:CAP_USER.net
彗星着陸機フィラエに「さよならを」、地上管制官
AFPBBNews 2016年02月12日 19:42 発信地:パリ/フランス
http://www.afpbb.com/articles/-/3076740

【2月12日 AFP】欧州宇宙機関(ESA)の彗星(すいせい)着陸機「フィラエ(Philae)」の地上管制官は12日、
フィラエへの指令の送信を止めると述べ、「別れのあいさつを告げる時」と発表した。

続きはソースで

ダウンロード (2)


(c)AFP

▽関連
Rosetta’s lander faces eternal hibernation
http://www.esa.int/Our_Activities/Space_Science/Rosetta/Rosetta_s_lander_faces_eternal_hibernation


引用元: 【宇宙探査】彗星着陸機フィラエに「さよならを」 地上管制官 指令の送信を停止/ESA

彗星着陸機フィラエに「さよならを」 地上管制官 指令の送信を停止/ESAの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/05/03(日) 09:08:54.08 ID:???.net
身体の位置によって、脳からの運動指令が変換されるメカニズムが明らかに | サイエンス - 財経新聞
http://www.zaikei.co.jp/article/20150501/247650.html

画像
http://www.zaikei.co.jp/files/general/2015050115474470big.png
手の初期位置に応じて無意識下で行われる運動指令の変換のイメージを示す図。脳からの「カップをつかめ」という運動指令は脊髄の中で、手の初期位置に応じて異なって変換される。例えば、筋肉などの感覚受容器を介して「現在の姿勢は右手が膝の上に置かれた状態であり、カップは手の右にある」という位置情報が脊髄に伝えられると、運動指令は、「肘の伸筋を使え」と変換される。

その結果、肘の伸筋が収縮し、肘を伸ばしながら腕を外側に回すような運動が起こって、カップに到達する(赤線)。一方、「現在の姿勢は右手が椅子の背もたれに置かれた状態であり、カップは手の左にある」という場合は、「肘の屈筋を使え」という信号に変換される。その結果、肘の屈筋が収縮し、腕を内側に回すような運動が起こって、やはりカップに到達する(青線)。このような仕組みにより、生体は身体の初期位置に関わらず、目的とする運動をできる。(国立精神・神経医療研究センターなどの発表資料より)


 国立精神・神経医療研究センターの関和彦部長らは、霊長類における脊髄の神経細胞が脳からの運動指令を変換して、多くの手指の筋肉を制御しているメカニズムを明らかにした。

 同じ目的を持った運動でも、運動を始める前の身体の位置によって異なった筋肉が使われる。例えば物体をつかむ時、右手の初期位置が物体の左にある場合は手首や肘の伸筋、右にある場合は屈筋という正反対の機能を持つ筋肉が使われている。しかし、どこで、どのように、無意識下の運動指令が変換されているのかについては、分かっていなかった。

続きはソースで
01


 なお、この内容は「The Journal of Neuroscience」に掲載された。論文タイトルは、「Modulation of spinal motor output by initial arm postures in anesthetized monkeys」(腕の初期位置は脊髄からの運動出力に影響を与える)。

引用元: 【神経科学】身体の位置によって、脳からの運動指令が変換されるメカニズムが明らかに

身体の位置によって、脳からの運動指令が変換されるメカニズムが明らかにの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/03/12(木) 12:06:09.39 ID:???*.net
両生類の発生、頭から 教科書変わる?

00


 カエルやイモリなどの両生類では、受精卵が体になる「発生」の際、尾から頭に向かって細胞の役割が決まると考えられていたが、頭が先だとの研究結果をJT生命誌研究館(大阪府高槻市)のチームが12日までに日本発生生物学会誌電子版に発表した。
「教科書の記述を変える可能性がある」としている。

 研究館の橋本主税主任研究員らは、アフリカツメガエルで発生の様子を受精卵の各部を染色するなどして詳細に観察。従来とは逆に、細胞の塊は卵の中央付近でまず頭の神経組織を作るよう指令を出し、下に伸びて最後に尾側ができることを明らかにした。

2015/03/12 11:49 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201503/CN2015031201001022.html

引用元: 【科学】両生類の発生、尾からではなく頭から 教科書変わる?[03/12]

両生類の発生、尾からではなく頭から 教科書変わる?の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/01/07(水) 18:10:08.17 ID:???0.net BE:277283116-2BP(3000)
2015/1/7 07:01  神戸新聞

脳の神経回路作りの仕組み解明 理研など、リハビリ活用に期待

脳損傷前(左)と機能回復直後(右)の脳画像。損傷前と比べ、回復直後は運動前野腹側部の活動が高まり、赤色になった(尾上浩隆氏提供)

画像1
http://www.kobe-np.co.jp/news/iryou/201501/img/b_07637892.jpg

画像2
回復安定期の脳画像(右)。損傷近くの第一次運動野の活動が高まり、赤色になった(尾上浩隆氏提供)
http://www.kobe-np.co.jp/news/iryou/201501/img/b_07637891.jpg

 脳卒中などにより失われた運動機能を、別の脳の部位が新たな神経回路を作るなどして回復させる仕組みを、理化学研究所ライフサイエンス技術基盤研究センター(神戸市中央区)と産業技術総合研究所(茨城県)などのグループがサルの実験で解明した。

 新たな神経回路作りを促すような、効率的なリハビリ法の開発に役立つことが期待される。7日付の米科学誌ジャーナル・オブ・ニューロサイエンス電子版に掲載された。

 グループは脳表面にある大脳皮質のうち、筋肉へ運動の指令を出す「第1次運動野」の一部が損傷して物を指でつまめなくなり、リハビリをするサルを約3カ月間観察。脳の血流をみる陽電子放射断層撮影装置(PET)で調べた結果、機能回復が始まった直後(約1カ月後)には、通常は第1次運動野に指令を出す「運動前野腹側部」の活動が上昇。

続きはソースで

(金井恒幸)

http://www.kobe-np.co.jp/news/iryou/201501/0007637890.shtml

引用元: 【医療】脳の神経回路作りの仕組み解明 理研など、リハビリ活用に期待

脳の神経回路作りの仕組み解明 理研など、リハビリ活用に期待の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ