1: ジャパニーズボブテイル(兵庫県) 2013/07/20(土) 18:04:22.48 ID:vnZ54oxQ0 BE:2991177476-PLT(12001) ポイント特典

中高年特有の体臭、いわゆる「加齢臭」のもとになる物質を化学的に除去し、衣服などについた加齢臭をほぼ消すことができるという洗剤を香川大学と高松市のクリーニング店が共同で開発しました。

共同開発を行ったのは、香川大学工学部の掛川寿夫教授と高松市に本社があるクリーニング店です。中高年特有の体臭、いわゆる「加齢臭」は、細胞膜を作っている不飽和脂肪酸などが酸化することで作られる「ノネナール」という物質が原因で、年をとるにつれてその量が増えることがわかっています。
衣服についたノネナールは通常の洗濯では50%ほどしか取り除くことができず、これまでは洗剤や柔軟剤などに含まれる香料でにおいを上塗りすることで加齢臭が抑えられてきました。

この物質について掛川教授は2年以上実験を重ね、ノネナールがアミノ酸の一種と結合することでほぼ消えることを発見しました。
新たに作られた洗剤はこの反応を利用したもので、衣服に付いたノネナールを化学的に90%以上除去して、加齢臭をほぼ消すことができるということです。

これについて掛川教授は、「これまでの洗剤では洗濯をしても蓄積されていた加齢臭の原因物質をほぼ除去できる」と話しています。開発された洗剤は現在特許を出願中で8月中旬にも製品化されると
いうことです。
http://www.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/8033129991.html?t=1374310509145
no title



加齢臭を消す洗剤を開発 どこかの「臭くない」ではなく化学的に物質を除去 8月にも製品化の見込みの続きを読む