理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

提携

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/02/10(水) 12:20:54.19 ID:CAP_USER.net
ゴキブリに着想、隙間をすり抜ける小型ロボットを開発 米大学 (AFP=時事) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160210-00000006-jij_afp-sctch

ダウンロード


【AFP=時事】米国の科学者チームは、わずかな隙間を身をよじって通り抜けることができるゴキブリに着想を得た小型ロボットを考案した。
このロボットが、地震、竜巻、爆発などのがれきの中に取り残された人々の捜索活動の助けになる日が来るかもしれない。

 米カリフォルニア大学バークレー校(University of California, Berkeley)が開発したこの技術は、8日の米科学アカデミー紀要(PNAS)で発表された。

 今回の研究を主導した研究者で、現在は米ハーバード大学(Harvard University)の博士研究員のカウシク・ジャヤラム(Kaushik Jayaram)氏は「これらゴキブリの素晴らしい点は、足を完全に横方向に向けることで、0.6センチの隙間も1.25センチの隙間と同じ速さで走り抜けることができるところだ」と話す。

「自由に走れる際の体高は約1.3センチだが、体を約0.3センチ、1セント硬貨を2枚重ねたくらいの厚みにまで平らにすることができる」

「関節機構を持つ圧縮可能なロボット(Compressible Robot with Articulated Mechanisms、CRAM、」
(訳注:cramには「狭い所にものを詰め込む」という意味もある)として知られるこの手のひらサイズのロボットは、ゴキブリの背中の羽に似たプラスチック製のカバーがかぶせられる。

 カリフォルニア大バークレー校のロバート・フル(Robert Full)教授(統合生物学)は「地震が発生した場合、緊急救援隊は、がれきとなった区域が安定した状態で安全かどうかを知る必要があるが、問題は大半のロボットが、がれきの中に入って行けないことだ」と指摘する。

「だが、亀裂や穴や導管が多数あれば、生存者がいる場所や緊急救援隊の安全な突入口を見つけるために、CRAMの大群を投入することを想定できる」

 研究チームによると、CRAMの製作費は安価であり、現在はさまざまなタイプのCRAMを用いた実環境試験に取り組んでいるという。

 米陸軍研究所(ARL)は、産学の提携先との連携の一環として、今回の研究に資金供与した。【翻訳編集】 AFPBB News

引用元: 【ロボット工学】ゴキブリに着想、隙間をすり抜ける小型ロボットを開発 米大学

ゴキブリに着想、隙間をすり抜ける小型ロボットを開発 米大学の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/01/29(木) 05:46:23.56 ID:???*.net
2015.1.28 13:00

画像
http://www.sankei.com/images/news/150128/wir1501280001-p1.jpg

 最先端の宇宙開発技術をクルマに転用し、火星探査機のために日産の工学技術を活用する。黒いアスファルトと赤い土。走る場所はまったく違えど、これほど相互に補えるパートナーシップはないかもしれない。

日産とNASAは、街のあらゆる場所に、あるいは火星のあらゆるところに、ぼくらを導いてくれる自動運転車の開発を行うため、提携関係を結んだ。

1月13日、「日産の北米研究拠点が、アメリカ航空宇宙局(NASA)と、自動運転システムの発展、および、同技術の商業的応用を目指し、共同で研究・開発を行う5年間のパートナーシップを締結した」と発表された。研究開発の多くはシリコンヴァレーで行われる予定で、地球を走る乗用車だけでなく、遠く離れた惑星の上を動き回る探査機に使われる技術を生む可能性もあるという。

日産とNASAは、自動運転機能を搭載したゼロエミッション車(つまり電気自動車の日産リーフの改良車)を、NASAのエイムズ研究センターで開発し、試験を行う予定である。この研究センターは、カリフォルニア州サニーヴェイルにあり、日産のシリコンヴァレー研究センターからすぐ近くの距離にある。

「これはNASAのエイムズ研究センターのロボット工学者が有する能力と、われわれが提供できる自動運転技術に関する能力が、完璧に上手く組み合わさったものだ」と、日産シリコンヴァレー研究センター所長のマーティン・シアハウスは語る。彼は、NASAの研究主幹を10年間務めた人物でもある。

「タイミングもぴったりだ。というのも、市街地を自動走行するテストの開始準備が整っているからだ」と彼は言う。日産は、2020年までに自動運転の実用化を目標としている。NASAはこの目標の達成に大きく貢献できることだろう。

(記事の続きや関連情報はリンク先で)
引用元:産経ニュース http://www.sankei.com/wired/news/150128/wir1501280001-n1.html

引用元: 【科学】 なぜNASAと日産は、自動運転技術の開発でパートナーシップを結んだのか? [産経ニュース]

なぜNASAと日産は、自動運転技術の開発でパートナーシップを結んだのか?の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/01/24(土) 06:23:12.54 ID:???0.net
Twitter、外国語ツイートの翻訳機能  (Impress Watch) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150123-00000045-impress-sci


 Twitterは、外国語のツイートの翻訳を表示できるようになったと発表した。Twitter.com、Twitter公式iOS/Androidアプリ、TweetDeckで利用可能。Microsoftの「Bing 翻訳」と提携して機械翻訳を表示するもので、40超の言語に対応しているという。

 ユーザーのアカウントに設定されている利用言語以外のツイートが対象になる。該当するツイートには地球アイコンが表示され、そのツイートの詳細画面を開いて「ツイートを翻訳」をクリックすることで、オリジナルのツイートの下に翻訳結果が表示される。アカウント設定から、この機能をオフにすることも可能。

画像
http://amd.c.yimg.jp/im_sigg8mU7xGYrKqS8pcYwwiFhbg---x200-y150-q90/amd/20150123-00000045-impress-000-1-thumb.jpg

引用元: 【IT】Twitter、外国語ツイートの翻訳機能

Twitter、外国語ツイートの翻訳機能の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/12/26(木) 15:00:52.69 ID:???0

★ソニーとパナ、有機ELテレビ事業の提携解消

ソニーとパナソニックは、次世代の薄型テレビの主力とされている有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)テレビ事業での提携を解消することを明らかにした。

両社はお互いの技術を持ち寄って有機ELの共同開発・生産を目指してきたが、パネルを量産する技術の確立にメドが立たず、需要も伸び悩んでいるため、共同事業をやめることにした。

両社は2012年6月に有機ELテレビの生産技術を共同開発することで合意し、13年中に量産できる技術を確立する構想だった。有機EL分野で先行するサムスン電子などの韓国勢に対抗するためだ。しかし、パネルの耐久性を高めるなど技術的な課題や、生産コストの削減などの課題を克服できず、量産は難しいと判断した。両社は今後、独自に研究開発を続ける。

c05c8d73.jpg

(2013年12月25日13時57分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20131225-OYT1T00420.htm



ソニーとパナ、有機ELテレビ事業の提携解消 パネル量産メド立たずの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/11/12(火) 15:52:56.56 ID:???0

★名工大、ランボルギーニと提携 軽量高強度素材を開発
2013/11/1212:13

名古屋工業大学と、スーパーカーで知られるイタリアのランボルギーニは12日、軽くて強度の高い炭素繊維複合材料の研究開発で提携すると発表した。ランボルギーニは同大学内に日本初の拠点となる「オートモービル・ランボルギーニ先進複合材構造研究所」を開設。自動車や航空機産業の集積地である中部で日本企業との産学連携に乗り出す。

名工大が同日設置した研究所の所長に、ランボルギーニの米国研究所で所長を務めるパオロ・フ◯ラボリ氏が就任。短期間・低コストで複合材料を製造する量産技術の確立などに取り組む。

記者会見したフェラボリ氏は「自動車では外装だけでなく、エンジンなど従来複合材料が使われてない内部の部材も対象にしたい。研究成果はランボルギーニだけでなく、他の自動車メーカーや航空機産業などにも広げていく」と述べた。炭素繊維加工メーカーのUCHIDA(埼玉県三芳町)や三菱レイヨンとの共同研究にも着手するなど産学連携を推進する。

炭素繊維は強度が鉄の10倍で重さは4分の1。軽量高強度な先端素材として航空機の機体などに使用されているが、自動車で炭素繊維複合材料を採用したケースは、トヨタ自動車の高級スポーツカー「レクサスLFA」をはじめ、ランボルギーニやフェラーリなどの超高級車に限られていた。

中部では6月、名古屋大学に経済産業省がトヨタや東レなどと共同で、炭素繊維複合材料の成型時間短縮に取り組む開発拠点も設置されている。

0894d6d8.jpg

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD1206T_S3A111C1EB2000/



【技術】名工大、ランボルギーニと提携 軽量高強度素材を開発の続きを読む

このページのトップヘ