理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

摂食

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/08/22(土) 19:29:39.78 ID:???*.net
 10代で拒食症になった女性では、欲求などを制御する脳の部位が小さくなることを、福井大の藤沢隆史・特命助教らのチームが画像診断装置を使った研究で突き止めた。

「太りたくない」という願望に歯止めをかけられない状態が固定化しているため、精神療法だけではなく、脳に対する治療も必要とみられる。論文は米電子版科学誌プロスワンに掲載された。

 拒食症は、極端な食行動を引き起こす精神疾患「摂食障害」の一種で、若い女性に多い。カウンセリングなどの精神療法が行われるが、初診から4~10年で全快した人は5割に満たないとの報告もあり、治りにくいことで知られる。

 チームは、初診で拒食症と診断された12~17歳の女性20人の脳をMRI(磁気共鳴画像装置)で撮影。食行動に問題のない11~16歳の女性14人と比べて異状がないか探った。

 その結果、患者の脳の容積は、痩せた影響などで全体的に10%程度少なかったが、前頭前野にある「下前頭回かぜんとうかい」だけは減少率が左で平均19・1%、右で同17・6%と突出していた。

続きはソースで

ダウンロード


http://www.yomiuri.co.jp/science/20150822-OYT1T50021.html

引用元: 【科学】10代拒食症女性、脳が小さく…欲求制御の部位[8/22]

10代拒食症女性、脳が小さく…欲求制御の部位の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ベガスφ ★ 2013/12/09(月) 23:24:45.43 ID:???

"マイクロソフトが「スマートブラ」を開発"

マイクロソフト等の研究者チームは、ストレスや悪い習慣によるむやみな摂食行為を防ぐための、さまざまなシステムの開発に取り組んでいる。その一環として「スマートブラ」が開発された。

マイクロソフトの研究者たちは、米国のロチェスター大学および英国のサウサンプトン大学と共同で、ストレスや悪い習慣によるむやみな摂食行為を防ぐさまざまなシステムの開発に取り組んでいる。

まず最初の研究では、感情に基づく摂食パターンに関するデータを収集する「EmoTree」というアプリケーションが作成された。モバイルアプリにより、参加者たち(全員が感情による摂食行動があると自覚している人たち)は、自分の気分と食物の摂取を記録した。彼らには1日最低10回、1時間ごとに気分を記録することを促すテキストのリマインダーが送信された。これにより研究者たちは、参加者の1日における感情状態のイメージを構築することに成功した。

調査結果で明らかとなったのは、食べるという行為は、多数のさまざまな感情によって誘発されるが、参加者の心が穏やかで落ち着いているときには摂食行為の回数は少ないということだ。

次の研究では、ストレスと感情に基づく摂食行為に対して、提案された呼吸エクササイズがどの程度効果的だったか、アンケートを通じて評価が行われた。

「摂食の引き金となる感情に、より気付くことができるようになった」と答えた参加者は87.5%にのぼった。ただし、その結果として摂食行為に変化があったと報告した人は37.5%に留まった。そこで人々から、呼吸エクササイズ以外の摂食防止策を提案するための提案が集められ、気を紛らわす面白いコンテンツの使用、瞑想、「頭の体操」的なクイズ、友人に来てもらうよう電話するなどの案が出された。

3番目の研究では、装着者の感情状態をモニターする「ブラジャー組み込み式のウェアラブル・センサーシステム」が開発された。
これは、心電図(EKG)と、肌の汗の量を示す皮膚電位(EDA)のデータを収集するものだ。
EKGセンサーパッドは肋骨に対して心地よくフィットするように設計され、汗の量を計測するEDAセンサーはブラカップの内側に取り付けられた。

ブラジャーシステムのテストを行った4人の女性たちは、EmoTreeアプリも使用した。これにより研究者たちはデータを相互参照することができた。
その結果、「スマートブラ」システムは、覚醒状態(気分がどの程度冴えている、または退屈しているか)および感情価(感情がどの程度ポジティヴ、またはネガティヴか)の測定に関して、73%から75%の割合で成功した。

以上の研究に関する論文はこちら(PDF)で読むことができる。
研究チームは次に、気分を計測する「Affectiva Q3」ブレスレットを使用したテストへと進んでいる。したがって、女性だけでなく男性もテストに参加することが可能だ。

研究チームはほかにも、心拍数モニター、咀嚼や嚥下の状態を調べる耳センサー、摂取された食物を記録する拡張現実メガネなど、さまざまなシステムを検討している。

bba9fb60.png

http://wired.jp/wp-content/uploads/2013/12/smartbra.png
2013.12.9 MON
http://wired.jp/2013/12/09/microsoft-smart-bra/

Food and Mood: Just-in-Time Support for Emotional Eating

http://www.cs.rochester.edu/hci/pubs/pdfs/FoodMood.pdf



マイクロソフトが「スマートブラジャー」システムを開発、ブラカップの内側に汗の量を計測するEDAセンサー、覚醒状態を測定の続きを読む

このページのトップヘ