理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

撮影

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/05/23(火) 11:05:24.76 ID:CAP_USER
5月23日 10時47分
木星に発生するオーロラが爆発的に広がる過程を宇宙望遠鏡で撮影することに、日本の理化学研究所などの国際共同研究グループが世界で初めて成功しました。
木星のオーロラの撮影に成功したのは日本の理化学研究所やイギリスのレスター大学などの国際共同研究グループで、地球の周りを回っているアメリカのハッブル宇宙望遠鏡を使って、去年5月に撮影しました。
2日間に撮影された合わせて5枚の画像からは、木星の北極付近にあるドーナツ状の光の輪が急激に激しさを増す様子がわかります。

理化学研究所が同じ時間帯に日本の別の観測衛星で得られたデータを基に分析した結果、これは木星のオーロラが爆発的に広がる過程を捉えたものだということです。
さらに、アメリカの別の探査機で得られたデータも含めて詳しく分析した結果、オーロラが爆発的に広がる現象には、木星の衛星「イオ」の火山から噴出されるガスが関係していると見られることもわかったということです。

続きはソースで

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170523/k10010991741000.html
ダウンロード


引用元: 【宇宙】木星のオーロラが爆発的に広がる過程を撮影 世界初[05/23] [無断転載禁止]©2ch.net

木星のオーロラが爆発的に広がる過程を撮影 世界初の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/05/20(土) 21:33:55.02 ID:CAP_USER9
http://www.afpbb.com/articles/-/3128915?act=all

【5月20日 AFP】インドネシアの北スマトラ(North Sumatra)州カロ(Karo)のビガンディン(Beganding)村で19日、シナブン山(Mount Sinabung)が噴煙を上げる様子を撮影した。

続きはソースで

(c)AFP

2017/05/20 15:02(カロ/インドネシア)

インドネシアの北スマトラ州カロ・ビガンディン村で、噴煙を上げるシナブン山を撮影する地元民(2017年5月19日撮影)。(c)AFP/Ivan DAMANIK
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/6/3/-/img_6315cbc5f65c26234d7adf2d88392e63152284.jpg
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/e/7/-/img_e7e32a546789caa10d7c5ea6cdb347ea136490.jpg
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/2/1/-/img_21d991db86ee7708d57f091dd0535ac2133840.jpg
ダウンロード (1)


引用元: 【インドネシア】噴煙上げるシナブン山、活発な噴火活動続く [無断転載禁止]©2ch.net

【インドネシア】噴煙上げるシナブン山、活発な噴火活動続くの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/05/16(火) 01:08:12.64 ID:CAP_USER
板垣さん、へびつかい座に新星を発見

山形県の板垣公一さんが5月8日、へびつかい座に約14等級の新星を発見した。

【2017年5月15日 VSOLJニュース/CBAT】
著者:前原裕之さん(国立天文台)

5月になり今年初の真夏日を記録する地域も出てきましたが、星空のほうも深夜から明け方にかけて夏の星座が見られるようになってきました。空の暗い場所で、かつ月明かりがなければ、午前1~2時くらいには南東の空に私たちの天の川銀河の中心方向が見えるようになります。

天の川の近くに位置する星座の一つ、へびつかい座の中に新星が発見されました。新星を発見したのは山形県の板垣公一(いたがきこういち)さんです。

板垣さんは5月8.638日(世界時、以下同様、日本時間9日3時ごろ)に口径20cmの望遠鏡とCCDカメラで撮影した画像から13.6等の新天体を発見しました。この天体は千葉県の清田誠一郎さんや山口県の吉本勝己さんらによって確認観測が行われ、この天体が極めて赤い色をしていることがわかりました。板垣さんの観測によるこの新星の位置は以下のとおりです。

赤経 17h39m46.08s
赤緯 -24°57′55.5″ (2000年分点)

続きはソースで

▽引用元:AstroArts 2017年5月15日
http://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/9115_nova_oph
ダウンロード


引用元: 【天文】板垣さん、へびつかい座に約14等級の新星を発見©2ch.net

板垣さん、へびつかい座に約14等級の新星を発見の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/05/01(月) 12:12:24.17 ID:CAP_USER
西日を浴びて飛翔するサシバ=4月19日、東京都日の出町・二ツ塚廃棄物広域処分場(東京たま広域資源循環組合提供)


 東京たま広域資源循環組合が管理し、不燃物埋め立てをしている二ツ塚廃棄物広域処分場(東京都日の出町)で、絶滅が危惧される猛禽(もうきん)類サシバが撮影された。
組合職員が4月19日に撮影したもので、処分場内で撮影に成功したのは初めてという。

 サシバはタカの仲間で、夏鳥として渡来する渡り鳥。環境省のレッドリストで絶滅危惧II類、東京都の同IA類に登録されている。

続きはソースで

(2017/05/01-10:20)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017050100313&g=soc
ダウンロード (1)


引用元: 【社会】 絶滅危惧種サシバの撮影に成功=東京都日の出町〔地域〕 [05/01] [無断転載禁止]©2ch.net

絶滅危惧種サシバの撮影に成功=東京都日の出町〔地域〕の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/04/20(木) 09:09:48.53 ID:CAP_USER9
兵庫県立大西はりま天文台(同県佐用町)は19日、地球に接近中の小惑星「2014 JO25」が約180万キロまで近づいた際の撮影に成功したと発表した。

同天文台によると、小惑星はピーナツ状で、最も長い部分で約650メートル。
数百メートル級の小惑星は数が少なく、200万キロ以内まで近づくのは十数年に1度の確率という。

地球への最接近は計算上、19日午後9時25分ごろとされる。その後は地球から遠ざかる。

続きはソースで

兵庫県立大西はりま天文台が撮影した小惑星「2014 JO25」(円内)=19日午後7時15分ごろ
http://www.sankei.com/west/photos/170419/wst1704190093-p1.html

配信 2017.4.19 22:56更新

産経WEST ニュースサイトを読む
http://www.sankei.com/west/news/170419/wst1704190093-n1.html

ダウンロード


引用元: 【宇宙】地球接近の小惑星 撮影に成功 兵庫の天文台 [無断転載禁止]©2ch.net

地球接近の小惑星 撮影に成功 兵庫の天文台の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/04/13(木) 11:43:13.17 ID:CAP_USER
【4月13日 AFP】
超巨大ブラックホールを撮影するため
世界の電波望遠鏡で一斉に観測する国際プロジェクト
「イベント・ホライズン・テレスコープ(EHT)」に参加する天文学者らは12日、ブラックホールの撮影に史上初めて成功した可能性があると発表した。


画像の作成には数か月かかる見通しだが、成功していれば宇宙の組成や誕生に関する謎の解明に役立ちそうだ。


 観測しているブラックホールは、地球から約2万6000光年離れた天の川銀河(銀河系、Milky Way)中心部にある「射手座A*(Sagittarius A*)」。質量は太陽の400万倍ある。

続きはソースで

(c)AFP/Laurence COUSTAL

AFPBB News
http://www.afpbb.com/articles/-/3124967
ダウンロード (4)


引用元: 【宇宙】ブラックホール、史上初めて撮影に成功か 電波望遠鏡で一斉観測 [無断転載禁止]©2ch.net

ブラックホール、史上初めて撮影に成功か 電波望遠鏡で一斉観測の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ