理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

改札

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/01/03(土) 03:10:40.28 ID:???0.net
2015年01月02日

大都市圏のJR、大手私鉄、地下鉄の駅のみならず、新幹線の各駅や地方都市圏においても、今では自動改札機が広く使われている。もはやおなじみの機械で、利用する側にもためらいはないだろう。しかし、ICカードの導入と普及を契機として、その仕組みは大きく変わりつつあり、新しい機能を付加した改札機も現れつつある。

最近の話題としては、小田急電鉄が導入した「遅延証明書自動発行機能付きIC専用自動改札機」と、沖縄都市モノレール(ゆいレール)が導入した「QR乗車券」に対応するタイプがある。

前者は、それまで列車の遅延時に手作業で発行、配布していた遅延証明書を、自動的に発行できる機能をICカード専用自動改札機につけたもの。後者は、切符に印刷されたQRコード(二次元バーコード)により、情報を読み取る方式である。

その一方で、磁気式乗車券は急速に姿を消しつつある。2014年12月15日、関東の22社局が加盟する「パスネット協議会」は、共通乗車カード「パスネット」の、全ての機械における取り扱いを2015年3月31日の終電限りで、終了することを発表した。このことが象徴的である。

磁気式プリペイドカード「パスネット」は2000年10月の発売開始。けれどもICカード「PASMO」の導入により、2008年1月には早くも発売を終了。同年3月には自動改札機における使用が終了していた。

次ページ 磁気式は近鉄をはじめ、関西私鉄が先鞭をつけた

(記事の続きや関連情報はリンク先で)
引用元:東洋経済オンライン http://toyokeizai.net/articles/-/57097

引用元: 【鉄道】 進化する自動改札機、世界初の遅延証明も! 小田急が先行、「IC革命」が静かに進行中 [東洋経済]

進化する自動改札機、世界初の遅延証明も! 小田急が先行、「IC革命」が静かに進行中の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/12/03(水) 13:12:03.35 ID:???0.net
もう東京駅で迷わない! JR東日本がBeaconによる構内ナビ開始へ
【Impress Watch】 (2014/12/3 06:00)

JR東日本は2日、東京駅でナビゲーションサービスの実証実験を行うと発表した。

実証実験では、iPhoneアプリ「東京駅構内ナビ」(iOS7.1.2以上に対応)を12月18日から試験的に公開。
Beacon技術を活用して顧客の構内における現在位置をスマホに表示するほか、案内サインを目印に目的地までのルートをわかりやすく案内する。案内範囲は東京駅1階・地下1階・改札内コンコース。

ユーザーへのアンケートや利用状況の調査を通じてサービス内容を評価し、今後の実用化をめざすという。
実証期間は2014年12月18日~2015年2月28日。

システムの研究開発はDNPと日立が協力した。

http://cloud.watch.impress.co.jp/img/clw/docs/678/531/01.jpg
概要

ソース: http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/20141203_678531.html

プレスリリース:
東京駅でナビゲーションサービスの実証実験を行います
http://www.jreast.co.jp/press/2014/20141201.pdf

引用元: 【IT】東京駅で迷わないように...JR東日本がBeaconによる構内ナビ試験開始へ [14/12/03]

東京駅で迷わないように...JR東日本がBeaconによる構内ナビ試験開始への続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ