理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

改良

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/07/30(土) 01:27:43.52 ID:CAP_USER
傾いて泳ぐサメ発見 エネルギー節約か、極地研

サメの一種「ヒラシュモクザメ」が、海の中で体を横に傾ける変わった姿勢で泳ぐことを発見したと、国立極地研究所などのチームが29日、発表した。
体を傾けることでエネルギーを節約して泳ぐことができるという。

続きはソースで

images (1)


▽引用元:共同通信 2016/7/29 19:38
http://this.kiji.is/131705010359993852

▽関連
国立極地研究所
横に傾いて泳ぐ奇妙なサメを発見し、理由を解明
http://www.nipr.ac.jp/info/notice/20160729.html

Great hammerhead sharks swim on their side to reduce transport costs
Nature Communications 7, Article number: 12289 doi:10.1038/ncomms12289
Received 22 December 2015 Accepted 20 June 2016 Published 26 July 2016
http://www.nature.com/ncomms/2016/160726/ncomms12289/full/ncomms12289.html

引用元: 【生物】サメの一種「ヒラシュモクザメ」 海の中で体を横に傾ける変わった姿勢で泳ぐことを発見 エネルギー節約か/極地研 ©2ch.net

サメの一種「ヒラシュモクザメ」 海の中で体を横に傾ける変わった姿勢で泳ぐことを発見 エネルギー節約か/極地研の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/05/24(火) 12:08:53.64 ID:CAP_USER
共同発表:油を多く産生するユーグレナ変異体を選抜する品種改良法の開発に成功
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20160523/index.html


ポイント
個々のユーグレナの油脂含有量を観測する方法を確立した。
油脂含有量の多いユーグレナ変異体を選抜取得することに成功した。
ユーグレナの産生する油脂を利用したバイオ燃料研究への展開が期待される。


内閣府 総合科学技術・イノベーション会議が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)の合田 圭介 プログラム・マネージャーの研究開発プログラムの一環として、株式会社ユーグレナの岩田 修 主任研究員(ImPACTチームリーダー)、東京大学 大学院理学系研究科の合田 圭介 教授らは、ミドリムシ(学名:ユーグレナ)変異体を効率的に作出し、選抜する品種改良法注1)を開発しました。

ユーグレナは、食品やバイオ燃料への応用が進められています。これまでよりも栄養価の高いユーグレナや燃料生産効率の高いユーグレナの発見も期待されていますが、個体ごとにわずかに特徴の異なる膨大な数のユーグレナから、目的の特徴を持つユーグレナを選抜することは困難であり、効率的な手法の開発が求められていました。

本研究グループは、細胞選別技術を用いてユーグレナを効率的に選抜する手法を開発しました。また、その手法を用いて、理化学研究所 仁科加速器研究センターにおいて重イオンビーム注2)を照射して作出したさまざまな特徴を持つユーグレナの集団の中から、これまでよりも油脂を多く含むユーグレナの取得に成功しました。

この選抜技術を現在開発中のセレンディピター注3)と組み合わせることで、さらに膨大な数のユーグレナから有用な特徴を持つものを取得することが可能になると考えられます。これにより、ユーグレナによる高効率バイオ燃料の研究などを加速させることに役立つことが期待されます。

本研究成果は、2016年5月23日10時(英国時間)にネイチャー・パブリッシング・グループ(NPG)の電子ジャーナル「Scientific Reports」で公開されます。

続きはソースで

images
 

引用元: 【生物工学】油を多く産生するユーグレナ変異体を選抜する品種改良法の開発に成功 [無断転載禁止]©2ch.net

油を多く産生するユーグレナ変異体を選抜する品種改良法の開発に成功の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/05/20(金) 11:44:18.41 ID:CAP_USER*
 青臭かったトマトも甘い香りに-。植物に含まれる青臭い香りの化学物質を変換する酵素を、神戸大院農学研究科博士後期課程3年の国嶋幹子さん(26)らの研究グループが特定した。研究成果は、米生化学分子生物学会の雑誌「The Journal of Biological Chemistry」(電子版)に掲載された。効率的な品種改良に役立つ発見という。

 植物の香り成分は、細胞質でつくられて甘い香りのする化学物質「2-ヘキセナール」と、葉緑体でつくられて青臭いにおいのする同「3-ヘキセナール」が発見されていた。香りが作り出される仕組みもほぼ解明されていたが、3-ヘキセナールを2-ヘキセナールに変換する酵素は特定されていなかった。

 研究グループは、野菜の中でも特に甘い香りのするパプリカに着目。

続きはソースで

ダウンロード (2)


http://www.sankei.com/west/news/160520/wst1605200027-n1.html

画像
http://www.sankei.com/images/news/160520/wst1605200027-p1.jpg

引用元: 【科学】青臭いトマトを甘い香りに 化学物質変換の酵素特定、神戸大グループ©2ch.net

青臭いトマトを甘い香りに 化学物質変換の酵素特定、神戸大グループの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/04/07(木) 18:06:45.60 ID:CAP_USER.net
産総研:ゲノム編集でニワトリを品種改良
http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2016/pr20160407/pr20160407.html


ポイント

• クリスパー・キャス9法によるゲノム編集技術をニワトリに初めて適用
•アレルゲンであるオボムコイドの遺伝子を欠失したニワトリの作製に成功
• 強力なアレルゲンを含まない鶏卵の生産など新たな畜産技術開発に期待


概要

 国立研究開発法人 産業技術総合研究所【理事長 中鉢 良治】(以下「産総研」という)バイオメディカル研究部門【研究部門長 近江谷 克裕】細胞分子機能研究グループ付 大石 勲 総括主幹は、国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構【理事長 井邊 時雄】畜産研究部門 田上 貴寛 上級研究員、国立大学法人 信州大学【学長 濱田 州博】農学部 鏡味 裕 教授らと共同で、卵白に含まれる強力なアレルゲンであるオボムコイドの遺伝子を欠失したニワトリを開発した。

 今回、次世代の品種改良技術としてさまざまな動植物で研究が行われているゲノム編集技術のクリスパー・キャス9(ナイン)法をニワトリに初めて適用して、ニワトリなど家禽(かきん)の新しい品種改良法を開発した。ゲノム編集により精○や卵子の元になる始原生殖細胞のオボムコイド遺伝子を欠失させて、オボムコイド遺伝子欠失ニワトリを作製した。このニワトリが生産する卵は、オボムコイドタンパク質を含まないことが期待され、副作用の少ないワクチンの生産や低アレルゲン性卵の開発に繋がると期待される。

 なお、この技術の詳細は、2016年4月6日(英国時間)にScientific Reportsへオンライン掲載される。


続きはソースで

 
image

引用元: 【遺伝子工学】アレルゲンである「オボムコイド」の遺伝子を欠失したニワトリの作製に成功 低アレルゲン性卵の生産へ道筋

アレルゲンである「オボムコイド」の遺伝子を欠失したニワトリの作製に成功 低アレルゲン性卵の生産へ道筋の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/11/13(金) 10:09:09.41 ID:???*.net
遺伝子を効率よく改変するゲノム編集という技術を使い、ブタの筋肉を増やすことに成功したと、明治大や広島大などの研究チームが米専門誌で発表した。

ダウンロード (3)


ゲノム編集は食肉や作物の品質を改良する新技術として注目を集めているが、安全性の検証や規制についての議論が今後、必要になりそうだ。

研究チームは、ブタの皮膚細胞の核をゲノム編集で操作し、筋肉の成長を抑える遺伝子「ミオスタチン」を働かないようにした。この核をブタの卵子に移植し、2匹のブタの子宮に入れた。

続きはソースで

2015年11月13日 09時14分

画像
http://www.yomiuri.co.jp/photo/20151113/20151113-OYT1I50005-L.jpg
http://www.yomiuri.co.jp/science/20151113-OYT1T50011.html

引用元: 【科学】ゲノム操作でブタの筋肉倍増に成功

ゲノム操作でブタの筋肉倍増に成功の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/08/28(金) 23:05:43.59 ID:???.net
初の商業衛星搭載へ、改良「H2A」を公開
2015年08月28日 21時15分

画像
http://www.yomiuri.co.jp/photo/20150828/20150828-OYT1I50028-L.jpg
太陽光の影響をやわらげるため、H2A29号機では第2段(奥側)の燃料タンク表面の塗装がオレンジ色から白色に変更された。
手前にあるのは第1段(28日、愛知県の三菱重工業飛島工場で)=尾賀聡撮影

 初めて商業衛星を打ち上げる予定の国産大型ロケット「H2A」29号機が28日、三菱重工業飛島工場(愛知県飛島村)で報道陣に公開された。

 従来のH2Aよりも、赤道上空の高度3万6000キロ・メートルにある静止軌道近くまで衛星を運べるよう、改良を加えられたのが特徴。
同社は「改良したH2Aロケットの打ち上げを成功させて、商業衛星の打ち上げをさらに受注していきたい」と話している。

 29号機はカナダの通信放送衛星を載せて、年内に鹿児島県・種子島宇宙センターから打ち上げられる予定。

続きはソースで
no title

2015年08月28日 21時15分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

http://www.yomiuri.co.jp/science/20150828-OYT1T50116.html

引用元: 【宇宙開発】初の商業衛星搭載へ、改良「H2A」を公開

初の商業衛星搭載へ、改良「H2A」を公開の続きを読む

このページのトップヘ