理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

放射状

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: ( ´`ω´) ◆ChahooS3X2 @ちゃふーφ ★ 2013/12/15(日) 16:04:53.91 ID:???0

★ ふたご座流星群ピーク、ラブジョイ彗星の間近に

 師走の夜空を彩るふたご座流星群が出現のピークを迎えた。

 流星は宇宙を漂うちりが地球に落ちてくる際に空気との摩擦で燃えて光る現象。同流星群は毎年この時期にピークとなり、ふたご座の辺りから放射状に流れるように見えるためこの名称で呼ばれる。1月のしぶんぎ座流星群、8月のペルセウス座流星群と並んで3大流星群とされ、毎年安定して多くの流れ星が見られることでも知られている。

 和歌山県串本町では14日未明、1時間に40個ほどが観測され、中には今月23日に太陽に最も近づくラブジョイ彗星すいせいの間近に出現するものもみられた。

(2013年12月14日15時46分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20131214-OYT1T00365.htm
21

http://www.yomiuri.co.jp/photo/20131214-549438-1-L.jpg

★ 天空で美の競演 ふたご座流星群、富士山の背後に長い尾

 三大流星群の一つ、ふたご座流星群が、13日から14日にかけてピークを迎え、山梨県富士河口湖町の精進湖畔には、数多くの天文ファンが詰めかけた。

 氷点下近くに冷え込むなか、富士山の背後に長い尾を従えた流星が流れ始めると、観衆からは歓声が上がり、感動のため息が漏れていた。

産経新聞 http://sankei.jp.msn.com/life/news/131215/trd13121514530011-n1.htm
22

http://sankei.jp.msn.com/images/news/131215/trd13121514530011-p1.jpg

★ ふたご座流星群、ピーク迎える あと2~3日は肉眼で観測可能か
FNN http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00259698.html
※ソースに報道動画あり



【科学】 ふたご座流星群がピーク迎える…みんなもう見た?まだ間に合う!の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 白夜φ ★ 2013/10/02(水) 23:48:53.86 ID:???

ベテラン衛星「あけぼの」が、太陽活動とバンアレン帯の関連を解明

【2013年9月27日 名古屋大学太陽地球環境研究所】
打ち上げから24年という現役最長寿の衛星「あけぼの」が、地球近辺の高放射線領域「バンアレン帯」における電子増加の条件を明らかにした。
宇宙天気予報の新たな手がかりとなる成果だ。
-----------------
約400kmの高度を飛ぶ国際宇宙ステーション(ISS)の軌道から、高度約3.6万kmの衛星「ひまわり」などの静止衛星軌道までの間には、宇宙放射線(エネルギーの高い電子)が大量に存在する領域「バンアレン帯」(放射線帯)がある。

このバンアレン帯における電子の数が増えすぎると、気象衛星や放送衛星の障害が起こりやすくなる。
過去には米国の通信衛星が障害を起こして数か月間復旧しなかった例などもあり、この領域の電子がいつどのくらい増えるのかを予測することは、人類が宇宙を安全に利用するために重要な課題だ。

太陽からのプラズマの嵐(太陽嵐)によりバンアレン帯の電子が10倍から100倍以上に増えることはわかっているが、太陽嵐が起これば必ず増加するというわけではなく、どのようなメカニズムによって電子の数の変化が決まっているのかは不明だった。

名古屋大学太陽地球環境研究所の三好由純(みよしよしずみ)准教授らの研究グループは、磁気圏観測衛星「あけぼの」などの長期観測データを用いて、地球にやってくる太陽風(太陽から噴きだすプラズマの風)がバンアレン帯に及ぼす影響について統計的に解析した。

その結果、スピードの速い太陽風の中に南向きの磁場が含まれていると、数日間にわたって「コーラス」と呼ばれる宇宙の電波が強く発生しやすい状況になり、80%以上の確率で電子の数が増えることが示された。
このような状態のときには、オーロラの活動も数日間にわたって活発になる。

24年間にわたって観測を続ける「あけぼの」の長期観測により初めて可能となった今回の成果は、今後宇宙天気予報の精度向上に貢献することが期待されている。
2015年度には、さらに詳細なメカニズムの解明を目的とした衛星「ジオスペース」がイプシロンロケット2号機により打ち上げられ、「あけぼの」のデータに基づいた観測計画が進められる予定だ。

▽記事引用元 AstroArts 2013年9月27日
http://www.astroarts.co.jp/news/2013/09/27akebono/index-j.shtml

バンアレン帯の中で観測する「あけぼの」
e0443c45.jpg

http://www.astroarts.jp/news/2013/09/27akebono/akebono.jpg
バンアレン帯の電子の数が増える条件
679963c9.jpg

http://www.astroarts.jp/news/2013/09/27akebono/condition.jpg
▽関連リンク
?名古屋大学太陽地球環境研究所
宇宙天気予報に新しい手がかり -長寿命衛星「あけぼの」によって、放射線帯の高エネルギー電子を増やす太陽風の条件を解明-
http://www.stelab.nagoya-u.ac.jp/jpn/topics/2013/09/post-20130921.php



【宇宙】打ち上げから24年という現役最長寿の衛星「あけぼの」 太陽活動とバンアレン帯の関連を解明の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ