理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

放射

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/08/26(水) 18:11:26.42 ID:???.net
ホーキング博士、ブラックホールで新説? (ウォール・ストリート・ジャーナル) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150826-00009463-wsj-int

images


 【ストックホルム】英ケンブリッジ大学教授で著名物理学者のスティーブン・ホーキング博士(73)は25日、スウェーデン王立工科大学で開催された会合で、物理的情報がブラックホールの強い引力をいかに回避し得るかに関する新たな理論を提示した。博士は自身の理論が物理学者にとって最も不可解な謎の1つを解き明かす助けになることを期待している。

 ホーキング博士は6日間の予定で開催されている「ホーキング輻射会議」で新理論を提示した(訳注:ホーキング輻射とは同博士が存在を提唱するブラックホールからの熱放射のこと)。30人余りの著名物理学者が参加するこの会議は非公開で、「ブラックホール情報パラドックス」として知られる謎について論じ合うのが目的。

 宇宙に存在するブラックホールは一定の大きさの恒星が燃え尽きて内側に崩壊すると形成されると言われている。崩壊後に残った物質が中心に向かって吸い込まれるように小さく圧縮され、やがて周辺には非常に強力な重力場が生まれる。科学者たちは長年、ブラックホールの重力から逃れられるものは何もないと信じていた。宇宙最速の光でさえもだ。

 ところが、ホーキング博士は1974年にブラックホールから熱放射があることを提唱した。現在、物理学者の大半はこの説が正しいと確信しており、この現象は「ホーキング輻射」と呼ばれている。さらに博士の研究は、熱放射があるブラックホールは最終的に蒸発し、ここに吸い込まれたあらゆる物質に関する情報はすべて永遠に消滅することも示していた。

 ここで謎が生じる。原子や素粒子レベルで物理現象を扱う量子力学では、たとえブラックホールに吸い込まれたとしても、こうした情報は決して失われないというのが原則だからだ。これは破ることのできない自然の法則として広く信じられている。

 この「ブラックホール情報パラドックス」をどう説明すればいいのか。一部の物理学者は、情報がブラックホールをどうにかして回避しているとの説を唱えた。だがホーキング博士は決してそんなことは起こらないと声高に主張していた。その約30年後、今度は博士自身が、ブラックホールから情報が漏れ出すことを計算で示してみせた。問題はそれがどのように起こるかだ。

 そして24日夜、ホーキング博士は約3000人の聴衆の前で行ったブラックホールに関する講演の最後に、我慢できずに新理論の先行宣伝を行った。博士は「ブラックホールから情報がいかに戻ってくるかについて発見した」とし、「明日のカンファレンスでそのことについて話す」と述べた。

 博士は翌25日、物理学者と一握りの聴衆に向けて、非常に専門的なプレゼンテーションを行い、「情報はブラックホールの内部ではなく、その外縁(境界)に蓄えられる」との新理論を提示した。 

 博士はもともと、ブラックホールから熱放射があるとしても、その放射にはブラックホール内部に吸い込まれた物質の情報は含まれていないと考えていた。だが、ブラックホールに吸い込まれたすべてのものはホーキング輻射の発生の仕方に影響を及ぼすというのが博士の新たな考えだ。つまり、吸い込まれた物質の情報は、実はホーキング輻射に蓄えられている。情報が失われたわけではないため、量子力学の要である重要な原則も破られていないというわけだ。

 会議に参加した物理学者たちは興味深い理論だとしながらも、さらに理論を煮詰める必要があると指摘した。

 フランスのエクス・マルセイユ大学の物理学者らは「情報パラドックスが解き明かされたとは言えない」としながらも、「だがあのスティーブンが言うことだ。誰もが真剣に受け止めるだろう」と話した。

 ホーキング博士の理論は、1999年にノーベル物理学賞を受賞したオランダ・ユトレヒト大学のヘーラルト・トホーフト教授が提唱した説と重なり合う。同教授の説は1996年に発表されたが、教授によると、長い論文の中に埋もれていたため、あまり注目されなかったという。

 今回の会議にも出席したトホーフト教授は当時の論文の中で、「ホーキング輻射はブラックホールからの情報を確かに含んでいると説いた」と話す。だが、1996年の研究方法はあまり見込みがなかったと言う。「いくつか仮説を立てて計算したが、あまりに多くの情報」がブラックホールから出ている結果になったからだ。

 トホーフト教授は同じ理論の「ホーキング博士版」が今後大いに発展するかどうかは不明だと話す。「20年前に私がいた場所に今、彼(ホーキング博士)がいる」とし、「彼がこれを新説だと発表しても、心は躍らない」と述べた。

引用元: 【量子宇宙論】「情報はブラックホールの内部ではなく、その外縁(境界)に蓄えられる」 ―ホーキング博士、ブラックホールで新説?

「情報はブラックホールの内部ではなく、その外縁(境界)に蓄えられる」 ―ホーキング博士、ブラックホールで新説?の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/08/11(火) 17:34:07.17 ID:???*.net
宇宙は徐々に死にゆく過程にある――。世界の科学者100人以上で構成する研究チームがそんな論文をまとめ、欧州南天天文台のウェブサイトで10日に発表した。宇宙の死についてこれほど綿密な研究が行われたのは初めて。

研究チームはオーストラリアや米国、チリなど世界7カ所にある天体望遠鏡と、地球の軌道上にある宇宙望遠鏡のデータを解析し、20万以上の銀河から届く電磁放射などのエネルギーを調べた。

その結果、宇宙から放射されるエネルギーの量は20億年前に比べて半分にとどまることが分かった。
紫外線から遠赤外線に至るまで、すべての波長が弱まっていたという。

宇宙は誕生から138億年がたち、晩年に差しかかっていると研究者は解説する。「宇宙はいわばソファに座って毛布をかぶり、永遠の眠りに向けたまどろみに入ろうとするような状態」。研究チームを率いる天文学者のサイモン・ドライバー氏はそう表現する。

続きはソースで

ダウンロード (1)

ソース/CNN
http://www.cnn.co.jp/fringe/35068706.html

引用元: 【天文】宇宙のエネルギー放射が20億年で半減、死にゆく宇宙「やがて光消える」

宇宙のエネルギー放射が20億年で半減、死にゆく宇宙「やがて光消える」の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/05/01(金) 07:25:29.79 ID:???.net
銀河系の中心に星の墓場を発見、謎のX線を放出 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/043000079/

画像
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/043000079/ph_thumb.jpg
銀河系の中心部(写真中央から右寄りの白っぽい領域)は、巨大なブラックホールのある、混沌として謎めいた場所だ。新しい研究によると、この領域が放射する強力なX線は、死んだ星の集団から発生しているのかもしれない。(IMAGE BY NASA, ESA, SSC, SXC, AND STSCI)



 銀河系の中心部には、巨大なブラックホールがある。その周囲では恒星やガス雲が猛スピードで渦巻き、とても騒がしい場所だ。このほど天文学者が、この渦から高エネルギーX線のもやが立ちのぼっていることを突き止めた。X線は死んだ星から出ていると考えられる。この場所の星の数は非常に多く、星の墓場と言ってよいほどだという。論文は科学誌「Nature」に掲載された。

 X線は銀河系の中心部のブラックホールのまわりに集中していて、直径13光年、厚さ26光年の領域から出ている。論文の筆頭著者である米ハバフォード大学のカースティン・ペレス氏は、「問題は、このX線のもやがどこから来ているかということなのですが、私たちにはまだ分かりません」と言う。

 恒星がブラックホールに近づきすぎると、ずたずたに引き裂かれて、飲み込まれてしまう。こうした「事件」の発生を知らせるのは強烈な電磁エネルギーの放出だ。ブラックホールは友好的な隣人ではない。(参考記事:「星を食らうブラックホール」)

 ブラックホールが食事をしていないときにも、銀河系の中心部はエネルギーに満ち、絶え間なくX線を放出している。

 ペレス氏らは、X線源はまだ特定できていないと言っていたが、説明する方法が思いつかないわけではない。「いくつかの仮説があって、どれも否定することができないのですが、それぞれに問題があるのです」

 1つの大きな仮説は、死んだ星が周囲を回る伴星から物質を引き込んでいるというものだ。

 死んだ星は白色矮星かもしれない。白色矮星とは、太陽に似た恒星が潰れてできた小さな高密度の燃えかすだ。伴星から剥ぎ取られたガスが白色矮星に降着した途端、蒸発してX線などの
エネルギーを爆発的に放出する。

 けれども、ペレス氏らがNuSTAR望遠鏡で観測したような高エネルギーX線を作り出すには、白色矮星のもとになる太陽に似た恒星の質量はもっと大きくなければならない。そして、銀河系のX線シグナルの強度を説明するには、このような白色矮星の数が少なすぎる。

続きはソースで

no title

文=Michael D. Lemonick/訳=三枝小夜子

引用元: 【銀河天文学】銀河系の中心に星の墓場を発見、謎のX線を放出 巨大ブラックホールの周囲にある白色矮星の集まりか

銀河系の中心に星の墓場を発見、謎のX線を放出 巨大ブラックホールの周囲にある白色矮星の集まりかの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/04/08(水) 00:34:01.87 ID:???.net
掲載日:2015年4月7日
http://www.astroarts.co.jp/news/2015/04/07kaguya/index-j.shtml

画像
「かぐや」の地形カメラが撮影したケプラークレーター(右下)。
放射状に伸びた光条が見える。(提供:JAXA)
http://www.astroarts.co.jp/news/2015/04/07kaguya/attachments/kepler.jpg

 月のクレーターを天体望遠鏡で見ると、放射状に伸びる明るい「光条」が見える。これは、隕石などの衝突でクレーターが作られた際に噴射物が飛び散ってできるパターンだ。光条がなぜ明るく見えるかについては過去にも多くの研究が行われているが、なぜ不均一に分布するのかについてはあまり研究されることがなかった。

 門野敏彦さんらの研究チームは、衝突実験の結果と月周回探査機「かぐや」(2007年~2009年に探査)の観測データを用いた解析の結果とシミュレーション計算とを組み合わせることによって、光条の不均一な分布がどのようにして生成されるのかについて調べた。

 ガラスビーズなどを利用した衝突実験の結果、衝突による噴出物はゆるい網の目状に分布する事がわかった。

続きはソースで

0 (2)



画像
ガラスビーズを用いた衝突実験でできた網目状の噴出物のパターン(提供:T.Kadono et al.,Icarus, 2015)
http://www.astroarts.co.jp/news/2015/04/07kaguya/attachments/experiment.jpg


<参照>
月周回衛星「かぐや(SELENE)」 - セレーネの科学 - 「かぐや」の成果
http://www.kaguya.jaxa.jp/ja/science/result_of_kaguya_j_info_201504.htm

Crater-ray formation by impact-induced ejecta particles
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0019103514006599

引用元: 【天文/月質学】どうやってできる? 月のクレーターから伸びる光条 - かぐや観測

どうやってできる? 月のクレーターから伸びる光条 - かぐや観測の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2014/11/11(火) 21:59:43.96 ID:???.net
赤外線背景放射の「ゆらぎ」が示す、大量の未知の星

観測ロケットに搭載されたカメラの赤外線画像から、宇宙背景放射に未知の「ゆらぎ」が見つかった。
この模様はこれまでに見つかっている星や銀河などの放射だけでは説明がつかないもので、例えば他の銀河の周囲に大量に存在する暗い星など、未知の赤外線光源が大量に存在することを示している。
------------
【2014年11月10日 JAXA宇宙科学研究所】
「宇宙背景放射」とは、既知の星や銀河などがない背景領域の明るさのことだ。
近赤外線の波長域で見た背景放射には、私たちがいる太陽系や天の川銀河内外に由来する放射が含まれている。

JAXA宇宙科学研究所と東北大学などの国際研究グループでは、観測ロケットで大気圏外に打ち上げたカメラにより2つの波長(1.1μmと1.6μm)の赤外線観測を行う「CIBER実験」を2009年から行っている。
今回、2010年と2012年の観測画像から宇宙赤外線背景放射に未知の「まだら模様」が見つかった。

http://www.astroarts.co.jp/news/2014/11/10ciber/attachments/ciber.jpg
宇宙赤外線背景放射「まだら模様」の空間パターン(提供:JAXA, Tohoku Univ., NASA JPL/Caltech)

-----------引用ここまで 全文は引用元参照----------

▽記事引用元
http://www.astroarts.co.jp/news/2014/11/10ciber/index-j.shtml
AstroArts(http://www.astroarts.co.jp/index-j.html)2014年11月10日

▽関連リンク
・JAXA宇宙航空研究開発機構
宇宙の遠方から未知の光が届いている?
~宇宙赤外線背景放射の大きな「ゆらぎ」を発見~
http://www.isas.jaxa.jp/j/topics/topics/2014/1107_yuragi.shtml
・Science 7 November 2014:
Vol. 346 no. 6210 pp. 732-735
DOI: 10.1126/science.1258168
On the origin of near-infrared extragalactic background light anisotropy
http://www.sciencemag.org/content/346/6210/732

引用元: 【宇宙】赤外線背景放射の「ゆらぎ」が示す、大量の未知の星/JAXA__

赤外線背景放射の「ゆらぎ」が示す、大量の未知の星/JAXAの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2014/10/10(金) 19:56:56.66 ID:???.net
超大光度のX線が、パルサーから発生していることが明らかになった。
このようなX線の発生源は、活発に物質を飲み込んでいるブラックホール以外にないとする従来の説を覆す可能性がある。

パルサーは恒星が超新星爆発を起こした後に残る天体だが、このような大光度X線の発生源としては予想外だ。
今回の発見は、従来の定説とは異なる。
このような超大光度X線の発生源は、パルサーと成り立ちは似ているがより存在感のある天体、すなわちブラックホールだと考えられてきた。

これらのX線源はすべてブラックホールだと考えていた天文学者は「この事実を受け入れ、『そうだ、すべてがブラックホールではない』と認めなくてはならない」と、アイオワ大学の天体物理学者フィリップ・カーレット(Philip Kaaret)氏は述べる。
カーレット氏は今回の研究には参加しておらず、この結果に「軽い衝撃」を受けたという。

衝撃を受けたのは、今回パルサーを発見したチームを率いたイタリア、カリャリ天文台のマッテオ・バケッティ(Matteo Bachetti)氏も同じだ。
天の川銀河に比較的近いM82銀河にある超大光度X線の発生領域の研究に着手したとき、発生源はブラックホールに違いないとバケッティ氏は考えていた。
ところが、NASAの宇宙望遠鏡「NuSTAR」(ニュースター:Nuclear Spectroscopic Telescope Array)の観測データを詳しく調べてみると、X線の放射が点滅(パルス)しているように見えることがわかった。
ブラックホールなら、そのようなパルス状にはならない。

以下、ソース
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20141009001

引用元: 【宇宙】超大光度X線、発生源はパルサーだった

超大光度X線、発生源はパルサーだったの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ