理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

斜面

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/07/05(日) 23:11:02.06 ID:???*.net
http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20150705/CK2015070502000005.html
 多賀町と米原市にまたがり、週末だけでなく、平日にも登山客が足を運ぶ霊仙山(一、〇八四メートル)。
山では、ニホンジカなどによる食害被害にあって植生が荒廃、降雨や台風などの要因が重なって土壌の浸食も進んでいる。

 山では、二十年ほど前からシカの食害などが増加。
ササ、フクジュソウ、トリカブトなどが食べられたり、樹皮をはぐなどされ、現在では岩肌が露出している場所も見られる。
県の推計(二〇一〇年度)によると、県内で四万七千~六万七千頭生息し、山では生息密度が高いとされる。

 山の保全や登山道の整備に取り組む「霊仙クリーンロードクラブ」の中村幸雄会長(62)=同市上丹生=によると、
七合目付近の平原には、クマザサが背丈ほど茂り、斜面にはトリカブトがあった。
約十年前から徐々に消え今では土が見えるまでに減少。
また、登山道周辺では、倒木や表土の流出もあり「危機的な状況だ」という。

 中村さんは「このままの状態では災害がいつ起きてもおかしくない。植生を復活させるなどの根本的な対策を打たないと悪い方向に進むばかり」と不安を口にする。

 県は、一三年度と一四年度にシカの捕獲を実施。初年度は二頭、二年目は十六頭を捕獲した。
表土の流出対策では、植生回復も狙い、地元の森林組合に委託して一三年度に約二・六五ヘクタールに間伐材を等高線上に並べた。

続きはソースで

ダウンロード

引用元: 【環境】シカ食害被害、深刻 霊仙山の植生荒廃 滋賀

シカ食害被害、深刻 霊仙山の植生荒廃 滋賀の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/03/31(火) 02:18:40.45 ID:???.net
掲載日:2015年3月30日
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/science/science/1-0117386.html

ダウンロード (2)


 住宅が立つ場所が斜面と平たんなところを比較すると、斜面の方が自◯率が高く、傾斜が急になるほど高率になるとの研究成果を和歌山県立医大の岡檀講師(健康社会学)と統計数理研究所のチームが30日までにまとめた。

 地理的環境と自◯率の関係が明らかになるのはまれで、自◯の予防につながる成果。

続きはソースで

<画像>
斜面の角度と自◯率の関係
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/science/science/images/2015/03/30/M15033024338/07a1f314fc0feea512c5988dbbd9a49b.jpg

<参照>
KAKEN - 岡 檀(10649247)
https://kaken.nii.ac.jp/d/r/10649247.en.html

【研究機関データ】統計数理研究所 - 日本の研究.com
https://research-er.jp/institutions/4702

引用元: 【統計/自殺予防】自殺は傾斜が急な地域ほど高率 和歌山県立医大と統計数理研

自◯は傾斜が急な地域ほど高率 和歌山県立医大と統計数理研の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/08/19(火) 22:27:48.61 ID:???.net
西之島、斜面崩落の可能性…父島に津波の恐れも
2014年08月19日 10時01分

活発な噴火が続く西之島。噴出する溶岩は主に東(右方向)へ広がっている(6日、読売機から)
http://www.yomiuri.co.jp/photo/20140819/20140819-OYT1I50003-L.jpg

西之島、斜面崩落の可能性(動画)
http://www.yomiuri.co.jp/stream/?id=2286009

 昨年11月からの火山活動で急成長した小笠原諸島の西之島(東京都)は、このまま溶岩が活発に流出し続けると不安定になり、斜面の一部が崩壊する可能性があるとの見方を、東大地震研究所の前野深助教(火山地質学)らがホームページ上で明らかにした。

 崩壊した部分が海に流れ込み、約130キロ・メートル東の父島(同)に津波が到達する恐れもあるという。

 溶岩の流出量は1日約20万立方メートル。これが続くと、円すい形の急斜面に積み重なり、崩壊しやすくなる。

 前野助教らがコンピューターで計算した結果、11月以降の溶岩の噴出量の約4分の1にあたる1200万立方メートルが、東側斜面で崩落した場合、17~19分で最大約1メートルの津波が父島に到達することが分かった。前野助教は「津波計などを新設して、崩壊をすぐ把握できれば、避難につなげられる」と指摘している。

2014年08月19日 10時01分 Copyright c The Yomiuri Shimbun

西之島の一部(左図の赤色部分)が崩壊した場合に発生する重力流と津波の数値シミュレーション結果.発生直後の 3 分間. 海水面付近で崩壊が起こるために,陸上で重力流が発生して海へ流入する場合と比べて津波の励起に関与する重力流の運動エネルギーは小さい.

http://www.eri.u-tokyo.ac.jp/VRC/nishinoshima/nishinoshima_tsunami/wc/tsunami_narrow_wc.GIF

ソース:YOMIURI ONLINE(2014年08月19日)
西之島、斜面崩落の可能性…父島に津波の恐れも
http://www.yomiuri.co.jp/science/20140819-OYT1T50027.html

ソースのソース:東京大学地震研究所ウェブサイト
西之島噴火に伴い発生する可能性がある津波について
http://www.eri.u-tokyo.ac.jp/VRC/nishinoshima/nishinoshima_tsunami/

引用元: 【地質学】西之島、噴火が続くと一部崩壊・津波の可能性 東大助教が指摘

西之島、噴火が続くと斜面が崩壊し津波の可能性の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: かじてつ!! φ ★ 2013/12/18(水) 17:16:29.57 ID:???P

○新発見!南極大陸にダイヤ鉱脈が眠る可能性

ダイヤモンドは、地球の内部、マントルのどろどろに融けた岩石の中で炭素が高温高圧にさらされて作られる。

そして数百万年後に火山の大噴火によって地表近くまで運ばれて、キンバーライト(キンバリー岩)というカンラン石と雲母を主原料とする火成岩の層から人々に発見される。

例えばキンバーライトは、世界的に有名なデビアス社が所有する南アフリカのカリナン鉱山などに分布している。
だからキンバーライト層を発見することは、ダイヤモンド鉱脈を発見することの第1歩となる。

そして、18日付けの科学誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」に、南極大陸東部プリンス・チャールズ山脈のメレディス山南東斜面で、このキンバーライト層を発見したとする豪州の研究チームの論文が掲載された。

「夢のような話」だが、南極は「環境保護に関する南極条約議定書」によって、少なくとも50年間は採掘が禁止されている。

ちなみに同研究グループは、もちろんダイヤモンド発見にはまだ至っていない。

☆写真:ダイヤモンドが眠る可能性がある火成岩キンバーライト(キンバリー岩)
8fe5a641.jpg

http://www.hazardlab.jp/contents/post/4133/Kimberlite.jpg

□ソース:ハザードラボ
http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/4/1/4133.html



新発見!南極大陸にダイヤ鉱脈が眠る可能性の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ