理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

新型

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ◆SWAKITI9Dbwp @すわきちφφ ★ 2013/09/06(金) 19:05:48.21 ID:???

予定時刻の直前になって打ち上げを中止した新型の国産ロケット、イプシロンについて、JAXA=宇宙航空研究開発機構は、8日打ち上げ前のリハーサルを再度、行うことを決めました。
このリハーサルで問題がないか確認したうえで、打ち上げの日程を決めることにしています。

12年ぶりに開発された国産の新型ロケット、イプシロンは、先月27日に鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられる予定でしたが、ロケットの姿勢に異常を示すデータが誤って検知されたため、打ち上げは直前になって中止されました。
JAXAは、この問題への対策を図るとともに、新たな日程を調整していましたが、その結果、打ち上げに先立つリハーサルを、8日行うことを決めました。
前回の日程では、リハーサルの初日から7日後の打ち上げでしたが、JAXAは、今回のリハーサルで問題がないかを慎重に確認したうえで、打ち上げ日を決めたいとしています。

NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130906/k10014347271000.html
10



【宇宙】JAXA、イプシロンの打ち上げに向けたリハーサルを9/8に実施の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: マシンガンチョップ(岐阜県) 2013/08/31(土) 09:07:23.36 ID:MdUWaPJp0 BE:2984843-PLT(12010) ポイント特典

イプシロン打ち上げ中止 「ずれに気付ける人がいなかった」森田プロジェクトマネージャ

 新型ロケット「イプシロン」初号機の打ち上げ中止の原因について30日、鹿児島県肝付町の宇宙航空研究開発機構(JAXA)内之浦宇宙空間観測所で記者会見した森田泰弘プロジェクトマネージャの主な一問一答は次の通り。

 --異常検知の原因は

 森田 地上の計算機からロケット搭載の計算機へタイマーをスタートせよとの命令を送る。
この命令が地上側からロケット側に届くのに0・07秒を要したため、地上側とロケット側のタイミングが最初からずれてしまった。

 --ずれの原因は

 森田 伝送ロスの可能性はゼロではないが、無視できるほど小さい。伝送路中のいくつかの計算機の演算の遅れが主要ファクターだと思う。大きな遅れは(今回導入した)人工知能「ROSE」(ローズ)の中を通過するときと、ロケット搭載の計算機の入り口で地上からの命令を受けるとき。そこで遅れが生じたと考えられる。

 --20日のリハーサルでずれは出ていたのか

 森田 その時点の確認では識別できなかった。打ち上げ延期の後、解析結果を改めて見たところ、0・07秒の遅れがリハーサル時点でもあったと確認している。

 --ずれを見落としていたということか

 森田 はっきり言うとそうですね。そもそも、ずれがあるということに思いが至っていなかったので見つけられなかった。ずれに気付ける人がいなかった。当然ある遅れを反映できていなかった。
(以下略)
http://sankei.jp.msn.com/science/news/130831/scn13083101290001-n1.htm
7e6a393e.jpg



地上側ホストコンピューター「計算機動かせ!」 イプシロン「えっ、り 了解」 ←これが0.07秒の原因の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 断崖式ニードロップ(茸) 2013/08/30(金) 12:40:18.06 ID:joiQhUjj0 BE:969202875-PLT(13000) ポイント特典

イプシロン データやり取りに僅かなずれ
8月30日 12時16分

国産の新型ロケット「イプシロン」の打ち上げは、今月27日、予定時刻の直前に中止されましたが、その原因は、ロケット側と地上側のコンピューターが、それぞれデータをやり取りしようとした時間に、僅かなずれがあったためだったことが分かりました。

12年ぶりに開発された国産の新型ロケット「イプシロン」は、今月27日に、鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられる予定でしたが、地上側のコンピューターが、ロケットの姿勢に異常を示すデータを誤って検知したため、打ち上げの19秒前に中止されました。
この原因について、下村文部科学大臣は、30日の閣議後の会見で、ロケットに搭載されたコンピューターが機体のデータを送り出した時間より、地上側のコンピューターが受け取ろうとした時間が、0.07秒早かったためだったことを明らかにしました。
そのうえで、下村大臣は「原因究明をさらに進めて十分な対策を講じ、9月の早い時期に打ち上げられるようにしたい」と述べました。
JAXA=宇宙航空研究開発機構は、30日午後4時から記者会見を開き、イプシロンの打ち上げが中止に至った原因について詳しく説明する予定です。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130830/k10014154571000.html
87d11bf1.jpg



イプシロン中止の原因判明。0.07秒の誤差を検知。だからあれほどCRTにしろと言ったのに…の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: リキラリアット(東日本) 2013/08/28(水) 17:39:42.76 ID:nVfJhpyJ0 BE:165840023-PLT(12000) ポイント特典

「イプシロン」打ち上げは9月以降 

宇宙航空研究開発機構は、新型ロケット「イプシロン」の打ち上げは9月以降になると発表した。

「イプシロン」打ち上げは9月以降 - 47NEWS(よんななニュース)
http://www.47news.jp/FN/201308/FN2013082801001342.html
6



イプシロンの打ち上げは9月に延期の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ムーンサルトプレス(チベット自治区) 2013/08/27(火) 19:26:05.25 ID:RYDciYf+0 BE:781219384-BRZ(10001) ポイント特典

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00252672.html

「イプシロン」打ち上げ中止 JAXA「機体の姿勢に異常なし」
国産の新型ロケット「イプシロン」の打ち上げは、発射の19秒前に異常が見つかり、27日の打ち上げは中止となった。
発射場からおよそ3km離れた場所では、カウントダウンのアナウンスが聞こえていたため、打ち上げ予定時刻にロケットが打ち上がらないと、報道関係者からも、どよめきが起きていた。
同じ場所にいたJAXA(宇宙航空研究開発機構)関係者にも、打ち上げ中止の連絡はすぐには届かず、戸惑いを隠せない様子だった。

イプシロンロケット1号機は、午後6時現在、整備塔の中に戻されている。
JAXAは当初、機体の姿勢に異常が検知されたのが、自動停止の原因と説明していたが、その後の記者会見で、「機体は、実際には傾いていなかった。機体の姿勢に異常はなかった」と述べた。
原因は、まだ特定されていないという。

新たな打ち上げ日は未定だが、最も早い場合でも、3日後になるという見解が示された。
また、JAXAの奥村理事長は、「計画通りに打ち上げられなかった。国民の皆さんの期待に沿えず、申し訳ない」と陳謝した。

(08/27 18:15)

まあ、原因が分かればそれだけでいいけどね (´・ω・`)
d365a665.jpg



1つだけ確実なことは、「イプシロン」の最終検査のサブルーチンを書いた人間は今頃 血尿を出しているの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 足4の字固め(愛知県) 2013/08/27(火) 17:06:18.40 ID:jW+88/SO0 BE:1424117568-PLT(62500) ポイント特典









【速報】イプシロン打ち上げ中止の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ