理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

新属

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/02/02(火) 21:36:05.09 ID:CAP_USER*.net
2016.2.2 20:58

 兵庫県立人と自然の博物館(同県三田市)は2日、同県丹波市の白亜紀前期(約1億1千万年前)の地層でカエルの全身骨格化石2種類が見つかり、いずれも新属新種と判明した、と発表した。
それぞれ「ヒョウゴバトラクス・ワダイ」「タンババトラクス・カワズ」と学名が付けられ、2日付のオランダの国際学術雑誌「クレテイシャス リサーチ」電子版に掲載された。白亜紀(約6600万年前まで)以前のカエルの化石に名前がつくのは日本では初めて。

 同博物館によると、同じ地層からは「タンバティタニス・アミキティアエ」と学名が付いた恐竜「丹波竜」などの化石が発見されている。
平成19~20年に同博物館が実施した発掘作業で、和田和美・技術職員(67)が切り出した岩のクリーニング作業を実施したところ、カエルの全身骨格の化石2種類(いずれも約3センチ)を発見した。
それぞれ全身の骨の細かい特徴を調べたところ、全ての特徴が当てはまる属や種がないことがわかった。

 学名の「バトラクス」はギリシャ語でカエルを意味し、ワダイは和田技術職員の名前にちなんだ。

 発掘に携わった同博物館の池田忠広研究員は「現在の東アジアにあたる当時の大陸のカエルの多様性や進化の研究を進める材料になる」と話している。

(続きや関連情報はリンク先でご覧ください)

ダウンロード


引用元:産経ニュース http://www.sankei.com/west/news/160202/wst1602020071-n1.html

引用元: 【科学】 白亜紀のカエル全身化石が新属新種と判明…日本初!!兵庫・人と自然の博物館 (産経ニュース)

白亜紀のカエル全身化石が新属新種と判明…日本初!!兵庫・人と自然の博物館の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/08/12(火) 19:59:29.59 ID:???.net
2006年に発見され、新属新種として「タンバティタニス・アミキティアエ」
と命名された丹波竜の想像図(〔C〕小田隆/丹波市)
http://www.jiji.com/news/kiji_photos/0140812at66_p.jpg

 2006年に兵庫県丹波市で発掘された白亜紀前期(約1億4000万~1億2000万年前)の大型草食恐竜「丹波竜」が新属新種と認められ、学名「タンバティタニス・アミキティアエ」と命名された。国内で学名がつく恐竜化石は5例目となる。

 県立人と自然の博物館(同県三田市)の三枝春生主任研究員が突き止め、12日付の国際学術誌「ズータクサ」電子版に論文を掲載した。
 丹波竜は、推定で体長約15メートル。4足歩行で首と尾が長い「竜脚類」のティタノサウルス形類に属する。三枝研究員によると、尾や後頭部の骨など八つの特徴が、これまでの竜脚類と異なっているという。

 学名のティタニスはギリシャ語で「女巨人」、アミキティアエはラテン語の「友情」を意味し、化石の第一発見者2人の友情を表す。三枝研究員は「8年間、一つ一つ丁寧に分析してきた。今後も研究を進めたい」と話した。
 同館で8月20日~10月19日、尾骨の化石など約20点を展示する。
(2014/08/12-18:05)JIJI
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2014081200687

引用元: 【古生物】丹波竜は新属新種=国内5例目、命名-兵庫

丹波竜は新属新種=国内5例目、命名-兵庫の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 伊勢うどんφ ★ 2014/03/20(木) 18:08:21.97 ID:???

 米中西部の約6600万年前(白亜紀末期)の地層から、ダチョウを一回り大きくしたサイズの恐竜の化石が見つかり、新属新種に分類したと、米カーネギー自然史博物館などの研究チームが20日、米科学誌プロスワンに発表した。

 ダチョウのような飛べない鳥に似た姿だったとみられ、学名は古代メソポタミア神話の怪鳥「アンズー」にちなんで「アンズー・ワイリエイ」と名付けられた。

 河川がしばしば氾濫する地帯に生息し、植物や小さな動物、卵などを食べる雑食だったと考えられる。ティラノサウルスなどの大型肉食恐竜がいた時代で、一部の骨には襲われた際に傷ついた可能性がある痕が見つかった。

 化石は米ノースダコタ、サウスダコタ両州で計3体分見つかった。体の長さは3.5メートル、体重は200~300キロあったと推定される。 

 頭の上部が薄い円盤状になっており、異性などにアピールする飾りだった可能性がある。前脚には大きな鋭い爪があり、尾が長い。骨格化石しか見つかっていないが、近縁種には羽毛があることから、羽毛が生えていたとみられる。

 これまで中国やモンゴルで化石が見つかっている「オビラプトル」類に近いという。

時事通信 3月20日 9時55分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140320-00000030-jij-sctch
【画像】
http://amd.c.yimg.jp/amd/20140320-00000010-jijp-000-1-view.jpg

プロワン
A New Large-Bodied Oviraptorosaurian Theropod Dinosaur from the Latest Cretaceous of Western North America
http://www.plosone.org/article/info%3Adoi%2F10.1371%2Fjournal.pone.0092022;jsessionid=0EDA72D83E814892F9604E3E1777FC73



6600万年前の恐竜の化石を発見=怪鳥「アンズー」にちなんで「アンズー・ワイリエイ」と名付けるの続きを読む

このページのトップヘ