理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

新島

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/11/18(火) 19:38:59.19 ID:???.net
2014年11月18日(火) 16:43
溶岩流出続く西之島、専門家「世界的にも珍しい」
小笠原諸島・西之島の噴火が確認されて、間もなく1年になります。このような長い期間、溶岩が流れ続ける現象について、専門家は「世界でもほとんど例がない」と指摘しました。

今月15日に撮影された西之島の最新映像。白い噴煙が勢いよく上がり、活発な火山活動が続いているのが分かります。

西之島は1973年にも今回と同じ場所から噴火し、新しい島ができましたが、ほとんどが波に浸食されてその後、消滅しました。
専門家は今回のように海底火山で1年という長い期間、溶岩が流れ続けるのは「世界的にも極めて珍しい」と指摘します。

「ほとんど事例がないと思います。1年間(溶岩が)流れ続けるのは極めてまれな事例」(東京工業大学・野上健治教授)

また専門家は、「噴火がいつ終わるか分からない」としたうえで、「どこからマグマが来るのかは謎だ」と話しました。

西之島全体の面積は、先月時点で東京ドームのおよそ40倍、1.89平方キロメートルと噴火前の8.6倍に拡大していますが、
今後、さらに2倍から3倍ほど拡大し、数百年単位で島として残るとの見通しも示しています。
http://www.rsk.co.jp/news/news_jnn.cgi?cat=1&id=2352261

画像
http://news.tbs.co.jp/jnn/jpg/news2352261_1.jpg

引用元: 【島】溶岩流出続く西之島、専門家「世界的にも珍しい」

【島】溶岩流出続く西之島、専門家「世界的にも珍しい」の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/11/18(火) 23:23:48.21 ID:???0.net
読売新聞 11月18日(火)22時8分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141118-00050109-yom-soci
 海上保安庁は18日、火山噴火で拡大した小笠原諸島(東京都)西之島が現在の大きさのまま残った場合、排他的経済水域(EEZ)が約40平方キロ・メートル拡大する可能性があると発表した。

 東京都心部を環状につなぐ山手線の内側の6割に相当する。

 西之島の近くで、海底火山が噴火して新島が確認されて20日で1年。新島は1日15万立方メートルの溶岩を流して成長を続け、昨年12月に西之島と陸続きになった。面積は約1・89平方キロ・メートル。
西之島の観測を続けている東工大の野上健治教授(地球化学)は「溶岩でできているので、波で島が浸食されても100年間は残るだろう」と話している。

引用元: 【東京】噴火で拡大の西之島、EEZ拡大の可能性…40平方キロ分

【東京】噴火で拡大の西之島、EEZ拡大の可能性…40平方キロ分の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/10/18(土) 00:35:27.87 ID:???0.net
小笠原諸島・西之島の拡大続く 東京ドームの40倍に
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG17044_X11C14A0CC1000/
日本経済新聞 2014/10/17 23:50


 海上保安庁は17日、活発な噴火が続く小笠原諸島・西之島(東京)で、北側に広がる浅い海域に大量の溶岩が流れ込み、「溶岩原」と呼ばれる平原を形成していると発表した。新たな西之島の総陸地面積は東京ドームの約40倍に当たる約189ヘクタールとなり、さらに拡大する勢いという。

 同庁が16日午後、航空機で上空から観察した。島の中央部に3カ所の火口を確認し、うち1カ所から1分間に5~6回、溶岩片を伴う褐色の噴煙が上がっていた。

 同乗した東京工業大火山流体研究センターの野上健治教授は「溶岩の流出は活発な状態で続いており、溶岩原が急速に拡大する可能性が高い」とコメントした。

 陸地面積は噴火前の西之島(約22ヘクタール)の約8.6倍となった。〔共同〕

引用元: 【社会】小笠原諸島・西之島の拡大続く 噴火前の8.6倍、東京ドームの40倍に [10/17]

小笠原諸島・西之島の拡大続く 噴火前の8.6倍、東京ドームの40倍にの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/09/18(木) 20:37:29.76 ID:???0.net
海上保安庁は、火山活動が続く小笠原諸島の西之島の最新映像を公開した。

草が生えているのは、西之島の以前からあった部分で、新しくできた部分から吹き出している黒い溶岩にのみ込まれそうになっている。
このまま活発な火山活動が続けば、1973年に出現したかつての西之島は姿を消す可能性がでている。

新しい西之島は、東京ドームの約32倍にまで拡大している。



http://www.news24.jp/articles/2014/09/18/07259410.html

引用元: 【社会】“新西之島”東京ドームの約32倍に拡大

【朗報】“新西之島”東京ドームの約32倍に拡大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/08/19(火) 22:27:48.61 ID:???.net
西之島、斜面崩落の可能性…父島に津波の恐れも
2014年08月19日 10時01分

活発な噴火が続く西之島。噴出する溶岩は主に東(右方向)へ広がっている(6日、読売機から)
http://www.yomiuri.co.jp/photo/20140819/20140819-OYT1I50003-L.jpg

西之島、斜面崩落の可能性(動画)
http://www.yomiuri.co.jp/stream/?id=2286009

 昨年11月からの火山活動で急成長した小笠原諸島の西之島(東京都)は、このまま溶岩が活発に流出し続けると不安定になり、斜面の一部が崩壊する可能性があるとの見方を、東大地震研究所の前野深助教(火山地質学)らがホームページ上で明らかにした。

 崩壊した部分が海に流れ込み、約130キロ・メートル東の父島(同)に津波が到達する恐れもあるという。

 溶岩の流出量は1日約20万立方メートル。これが続くと、円すい形の急斜面に積み重なり、崩壊しやすくなる。

 前野助教らがコンピューターで計算した結果、11月以降の溶岩の噴出量の約4分の1にあたる1200万立方メートルが、東側斜面で崩落した場合、17~19分で最大約1メートルの津波が父島に到達することが分かった。前野助教は「津波計などを新設して、崩壊をすぐ把握できれば、避難につなげられる」と指摘している。

2014年08月19日 10時01分 Copyright c The Yomiuri Shimbun

西之島の一部(左図の赤色部分)が崩壊した場合に発生する重力流と津波の数値シミュレーション結果.発生直後の 3 分間. 海水面付近で崩壊が起こるために,陸上で重力流が発生して海へ流入する場合と比べて津波の励起に関与する重力流の運動エネルギーは小さい.

http://www.eri.u-tokyo.ac.jp/VRC/nishinoshima/nishinoshima_tsunami/wc/tsunami_narrow_wc.GIF

ソース:YOMIURI ONLINE(2014年08月19日)
西之島、斜面崩落の可能性…父島に津波の恐れも
http://www.yomiuri.co.jp/science/20140819-OYT1T50027.html

ソースのソース:東京大学地震研究所ウェブサイト
西之島噴火に伴い発生する可能性がある津波について
http://www.eri.u-tokyo.ac.jp/VRC/nishinoshima/nishinoshima_tsunami/

引用元: 【地質学】西之島、噴火が続くと一部崩壊・津波の可能性 東大助教が指摘

西之島、噴火が続くと斜面が崩壊し津波の可能性の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/07/25(金) 22:12:46.91 ID:???.net
西之島、新たな陸地100倍に 新しい火口も

活発な噴火活動が続く小笠原諸島の西之島=23日(海上保安庁提供)
http://img.47news.jp/PN/201407/PN2014072401001816.-.-.CI0003.jpg

 噴火活動で新たにできた小笠原諸島・西之島(東京)の陸地面積が、昨年11月に発見された当初の約100倍に当たる約108ヘクタールに拡大したことが24日、分かった。陸地の北東部には新しい火口が確認され、活発な活動が続いている。

続きはソースで

2014/07/24 20:47 【共同通信】

ソース:47NEWS(2014/07/24)
西之島、新たな陸地100倍に 新しい火口も
http://www.47news.jp/CN/201407/CN2014072401001802.html

プレスリリース:海上保安庁(平成26年7月24日)
西之島の火山活動の状況(7月23日観測)
http://www.kaiho.mlit.go.jp/info/kouhou/h26/k20140724/k140724-1.pdf (PDF)

動画:東京都小笠原村西之島の火山活動の様子⑯ 【7月23日撮影】1分18秒)
http://www.kaiho.mlit.go.jp/stream/index.html#meta45.asx

(以下は西之島に関する別ニュースです)
西之島溶岩は東京ドーム18杯分 無人機撮影の画像分析

火山活動が続く東京都の小笠原諸島・西之島=7月4日(国土地理院提供)
http://img.47news.jp/PN/201407/PN2014072301001318.-.-.CI0003.jpg

 国土地理院(茨城県つくば市)は23日、海底噴火でできた新島と合体した小笠原諸島・西之島(東京)で、海面に出ている溶岩量が東京ドーム18杯分に相当する約2220万立方メートルに達したと発表した。無人航空機が4日に撮影した画像を分析した。

続きはソースで

2014/07/23 16:35 【共同通信】

ソース:47NEWS(2014/07/23)
西之島溶岩は東京ドーム18杯分 無人機撮影の画像分析
http://www.47news.jp/CN/201407/CN2014072301001280.html

プレスリリース:国土地理院(2014年07月23日)
西之島の面積1平方キロメートル以上増加
http://www.gsi.go.jp/kenkyukanri/kenkyukanri60007.html

引用元: 【地質学】西之島 陸地面積が噴火前の約6倍に 北東部に新たな火口も

【西之島】 面積が噴火前の約6倍になって更に新たな火口も!!の続きを読む

このページのトップヘ