理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

暗黒物質

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/12/12(月) 00:07:18.10 ID:CAP_USER
ダークマター、従来説より「むらが少ない」 研究

【12月7日 AFP】宇宙の4分の1を構成すると考えられている正体不明の「暗黒物質(ダークマター)」は、これまで考えられていたより分布密度にむらが少ないとの研究論文が7日、発表された。
物理学の定説の一部を揺るがす可能性のある結果だという。

この発見は、これまでに得られている、宇宙の誕生と成長に関するわずかな知見に疑問を投げかける可能性があると、天文学者らは指摘している。
 
論文の共同執筆者で、オランダ・ライデン天文台(Leiden Observatory)のコンラト・クイケン(Konrad Kuijken)氏と研究チームは、南米チリにある欧州南天天文台(ESO)の超大型望遠鏡VLT(Very Large Telescope)を用いて、遠方の銀河約1500万個の光を調べた。
その結果、欧州宇宙機関(ESA)の宇宙望遠鏡プランク(Planck)がこれまでに示していたよりも、ダークマターが「塊の状態にない」ことがわかった。

続きはソースで

▽引用元:AFPBBNews 2016年12月08日 10:25 発信地:パリ/フランス
http://www.afpbb.com/articles/-/3110624

▽関連リンク
eso1642 ? Science Release
Dark Matter May be Smoother than Expected
Careful study of large area of sky imaged by VST reveals intriguing result
7 December 2016
http://www.eso.org/public/news/eso1642/
images (1)


引用元: 【宇宙物理】暗黒物質(ダークマター) これまで考えられていたより分布密度にむらが少ない/ESOなど©2ch.net

暗黒物質(ダークマター) これまで考えられていたより分布密度にむらが少ない/ESOなどの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/12/09(金) 07:23:50.85 ID:CAP_USER9
宇宙に存在するとされながら見つかっていない「暗黒物質」の証拠を、米欧などの国際チームが発見した可能性があることが8日、分かった。国際宇宙ステーション(ISS)で観測したもので、9日に発表する。発見が確定すればノーベル賞級の成果となる。

暗黒物質は宇宙最大の謎とされ、その証拠や正体を探る研究が世界中で行われている。

観測したのは米航空宇宙局(NASA)や欧州合同原子核研究所(CERN)などが参加するチーム。

続きはソースで

ソース/産経新聞社
http://www.sankei.com/life/news/161209/lif1612090004-n1.html
images


引用元: 【天文】暗黒物質(ダークマター)の証拠発見か 国際チームが宇宙で観測 [無断転載禁止]©2ch.net

暗黒物質(ダークマター)の証拠発見か 国際チームが宇宙で観測の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/11/14(月) 12:04:47.76 ID:CAP_USER9
オランダの物理学者エリック・ヴァーリンデ教授は、ダークマターの存在を仮定しなくても銀河の回転速度問題を説明できるとする新理論を発表した。ダークマター(暗黒物質)は、宇宙の大半の質量を占めながらもこれまでまったく観測されたことがない謎の物質。見えている天体だけでは説明がつかない天文学的現象を説明するために導入されたダークマターだが、ヴァーリンデ教授の理論が正しければ、そもそもそのような仮定をする必要がなかったことになる。

ヴァーリンデ教授は2010年、「重力は存在しない」という理論を発表して話題になった。その理論によれば、重力とは自然の基本的な力ではなく、見かけ上の現象に過ぎない。ミクロの粒子の運動によって熱という現象が現れると説明できるのと同じように、時空構造内に保存されている情報の変化によって現れる現象として重力を説明できる。この理論はエントロピック重力論と呼ばれている。

渦状銀河の外周部は、通常の天体の量によって説明できるよりも遥かに速い速度で回転していることが分かっている。従来の重力理論でこの現象を説明するためには、観測できないが存在している大量のダークマターを重力源として仮定する必要があった。

続きはソースで

http://cdn.phys.org/newman/gfx/news/hires/2016/newtheoryofg.gif
http://phys.org/news/2016-11-theory-gravity-dark.html
images


引用元: 【宇宙】「重力もダークマターも存在しない」 オランダの物理学者が新理論を発表 ©2ch.net

「重力もダークマターも存在しない」 オランダの物理学者が新理論を発表の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/08/30(火) 18:07:59.57 ID:CAP_USER
闇に飲まれよ。99.99%がダークマターの大型銀河「Dragonfly 44」の姿が判明 (sorae.jp) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160830-00010003-sorae_jp-sctch
http://amd.c.yimg.jp/amd/20160830-00010003-sorae_jp-000-1-view.jpg


宇宙の27%を占めるとされるも、いまだにその実態はわかっていないダークマター(暗黒物質)。そのダークマターによって99.99%が構成される大型銀河「Dragonfly 44」の様子が新たに観測されました。
 
Dragonfly 44と呼ばれる3億光年先のこの銀河は、私達の太陽系が存在する銀河系と同じだけの質量があります。しかし、内部に存在する星々はずっと少ないのです。通常このような暗い銀河は規模の小さな「矮小銀河」なのですが、Dragonfly 44はその質量のほとんどをダークマターが占めているために暗く見えていたのです。
 
もともと、Dragonfly 44は2014年にハワイの観測所によって「髪座星雲団」の一部として発見されていました。その時はその内部に何が存在しているのか、あるいは銀河自体が不安定なのかがわからなかったのですが、その不釣り合いな暗さと質量のバランスはダークマターが関係していたのです。
 
なお、今回のDragonfly 44の観測には銀河内の星の移動スピードが重要な役割を果たしました。これは、もし星が速く回転していれば銀河は大きな質量を持っていることになるからなのです。そして、観測された星のスピードは秒速30マイル(秒速約48キロメートル)。これは、Dragonfly 44が見た目よりも大質量な銀河であることを意味しています。
 
ちなみに、以前には99.96%がダークマターで構成された銀河が乙女座星雲団に発見されていました。宇宙は思っているよりもダークマターに満ちているようです。

no title
 

引用元: 【天文学】99.99%がダークマターの大型銀河「Dragonfly 44」の姿が判明 [無断転載禁止]©2ch.net

99.99%がダークマターの大型銀河「Dragonfly 44」の姿が判明の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/07/23(土) 16:14:23.28 ID:CAP_USER
「暗黒物質」見つからず 欧米チームの観測で

【ワシントン共同】宇宙の質量の8割を占めるとされながら、いまだに見つかっていない謎の物質「ダークマター(暗黒物質)」の探索を行ってきた欧米の大学による「大型地下キセノン実験(LUX)」チームは21日、2014~16年の観測実験で「暗黒物質は検出されなかった」と発表した。

チームの検出器は現時点で世界最高の感度を誇ることから、大発見の期待が高まっていたが、持ち越しとなった。

続きはソースで

▽引用元:共同通信 2016/7/22 10:16
http://this.kiji.is/129017351492386821

▽関連
LUX Dark Matter
Dark-matter results from 332 new live days of LUX date
http://luxdarkmatter.org/LUX_dark_matter/Talks_files/LUX_NewDarkMatterSearchResult_332LiveDays_IDM2016_160721.pdf
images (1)



引用元: 【天体物理学】謎の物質「ダークマター(暗黒物質)」見つからず 欧米チームの観測で©2ch.net

謎の物質「ダークマター(暗黒物質)」見つからず 欧米チームの観測での続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/06/15(水) 12:22:18.65 ID:CAP_USER
謎の物質「ダークマター」はブラックホールが構成? 重力波の原因も解明か (sorae.jp) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160615-00010000-sorae_jp-sctch


宇宙空間に存在するはずの、しかし観測はされていない「ダークマター」。宇宙の成り立ちを説明するために考えだされた仮説上の物質ですが、その成り立ちが解明されつつあるのかもしれません。現在、とある天文学者はダークマターが原始のブラックホールによって成り立っていると考えているのです。
 
NASAゴダード宇宙飛行センターの天文学者のAlexander Kashlinsky氏は、宇宙の生成時に誕生した原始のブラックホールがLIGOによって観測された「重力波」を完全に説明できるとしています。同氏によるとダークマターは原始のブラックホールで構成されているだけでなく、全ての銀河も巨大なブラックホールの球体に埋め込まれています。
 
2005年にKashlinsky氏はスピッツァー宇宙望遠鏡を利用し、遠赤外線を観測して初期の宇宙を観測しました。また2013年には同一の領域がX線で観測され、同一の天体を観測していたことが判明しました。このように遠赤外線とX線の両方を放つのは、ブラックホールに他なりません。そして近年の重力波の観測も、ブラックホールの存在を裏付けるものでした。
 
Kashlinsky氏の報告によると、宇宙の誕生から5億年の間にダークマターは崩壊し、「ハロ」と呼ばれる領域を作りました。そして、このハロは初期の銀河や星を生み出す種となったのです。またダークマターが原始ブラックホールによって形成されているとすれば、初期の宇宙ではより多くのハロが生み出されたことになります。
 
今回の報告はダークマターとブラックホールの成り立ちをうまく説明したものですが、それを確認するためにもさらなるブラックホールの観測が必要となります。ダークマターやダークエネルギーは宇宙の多くを占めると予想されていますが、その研究はまだ始まったばかりなのです。

 
ダウンロード (1)

引用元: 【天体物理学】謎の物質「ダークマター」はブラックホールが構成? 重力波の原因も解明か [無断転載禁止]©2ch.net

謎の物質「ダークマター」はブラックホールが構成? 重力波の原因も解明かの続きを読む

このページのトップヘ