理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

月経

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/11/01(水) 10:45:56.45 ID:CAP_USER
出生前に胎内で浴びる男性ホルモンが多いほど、女性の月経前症状が重くなる可能性があることが、和歌山県立医科大の研究でわかった。
金桶吉起(よしき)教授=神経生理学=や学生らでつくる研究チームが、今年9月にスイスの学術誌で発表した。

 月経前症状は、腹痛や頭痛、イライラなど月経前の3~10日間続く様々な身体的・精神的症状のこと。
成人女性の9割以上が経験しているといわれ、治療が必要なほど重い場合もある。
症状の程度は人によって様々だが、なぜ症状の重さに個人差があるのかが分かっていなかった。

 研究チームは「出生前に浴びた性ホルモンが、症状の重さに影響しているのではないか」と仮説を立て、性ホルモン量の推定に使われる右手の薬指と人さし指の長さの比率(指比)に着目した。
和歌山市内の女子大学生403人の指比を調べ、症状に関するアンケートを実施した。

 その結果、右手の薬指が人さし指に比べて長いほど、諸症状が重くなる傾向がみられたという。

続きはソースで

朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASKB04GTTKB0PXLB00J.html
ダウンロード (2)


引用元: 【医学】女性の月経前症状の重さ、「指の長さ」と相関関係?

女性の月経前症状の重さ、「指の長さ」と相関関係?の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 伊勢うどんφ ★ 2013/12/19(木) 08:42:58.29 ID:???i

 避妊や月経痛の治療に使われるピルを飲み、血の固まりができる血栓症の副作用で2004年~13年の間に11人が死亡していたことを厚生労働省が明らかにした。

 特に今年、2人が死亡したことを受けて日本産科婦人科学会は注意を呼びかけた。

 日本家族計画協会専務理事の北村邦夫医師(産婦人科)は「ピルを服用しており、血栓症の兆候となる頭や胸、腹、ふくらはぎの痛みなどが起きたら主治医に相談してほしい」と話している。

7

(2013年12月18日 読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=89932



【医療】ピル副作用で血栓症、04年から11人死亡の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/10/01(火) 14:59:28.49 ID:???0

★早発閉経女性が出産=卵子活性化で世界初-聖マリアンナ医大

 若いうちに月経がなくなり妊娠が難しくなる早発閉経の女性の、卵子のもととなる「原始卵胞」を人工的に活性化させて妊娠、出産させることに世界で初めて成功したと、聖マリアンナ医大の石塚文平特任教授らのチームが1日発表した。論文は米科学アカデミー紀要に掲載された。

 今後は加齢に伴う不妊の女性にも対象を広げる方針で、日本産科婦人科学会や厚生労働省と協議する。

 出産したのは25歳で早発閉経と診断された女性。30歳で治療を受け、31歳だった昨年12月、出産した。母子に異常はないという。

 チームは女性の卵巣を摘出していったん凍結した。解凍して細かく切断した上で、化学物質を加えて原始卵胞を活性化。卵管に移植して卵子に発育させた上で取り出し、体外受精させて再び体内に戻した。

 チームは27人の女性に治療を実施。このうち14人は原始卵胞が残っていなかった。
残っていた13人のうち3人が受精卵の移植まで進み、2人が妊娠し、1人は流産した。
(2013/10/01-13:13)

4

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013100100424

日経:「早発閉経」の女性が出産 聖マリアンナ医大、世界初の成功
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0100T_R01C13A0CR0000/
NHK:凍結保存の卵巣組織使い出産
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131001/k10014939521000.html



早発閉経女性が出産=卵子活性化で世界初-聖マリアンナ医大の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ