理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

月面

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/01/27(火) 06:20:13.71 ID:???*.net
<月面探査レース>日本の「ハクト」、中間賞で6000万円 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150126-00000118-mai-soci


 ◇「はやぶさ2」開発手がけた吉田和哉東北大教授らのチーム

 米財団が主催する月面探査車レース「グーグル・ルナ・エックスプライズ」に日本から唯一挑戦しているチーム「ハクト」が、資金援助を財団から受けられるチームを選ぶ「中間賞」(賞金総額525万ドル、約6億円)に選ばれたことが、26日分かった。

 チーム「ハクト」は、世界各国18チームが月面探査技術を競うレースに参加している。中間賞は、月でのレースに向けた開発資金を援助するもので、5チームが選ばれた。ハクトの獲得賞金は50万ドル(約6000万円)で5番目だった。

続きはソースで

【河内敏康】

引用元: 【科学】<月面探査レース>日本の「ハクト」、中間賞で6000万円

<月面探査レース>日本の「ハクト」、中間賞で6000万円の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/12/20(土) 00:20:36.27 ID:???0.net
過去に撮影された月面の写真上に、廃墟の壁とも思える神秘的な物体が発見された。
UFO研究者が指摘するところによると、地球外文明の住人によって作られた、放棄された戦略的対象物の可能性がある。

画像
http://static.ruvr.ru/2014/12/19/10/1.jpg

インターネットメディアが報じるところによると、この物体はアメリカ航空宇宙局NASAのアポロ15号の任務中に撮影された。

NASAはこの写真についてコメントを控えている。
著名なUFO研究家でブロガーであるスコット・ウォーリング氏は、NASAが、火星及び月の写真を白黒で発表するのは、一般の人々が重要な建造物や発見物に気付かないようにさせるためであるとしている。

アポロ15号の任務は1975年に終了した。
しかし、月面の写真は未だに大きな社会的センセーションを巻き起こしている。

ロシア情報通信、フェデラル・プレス

12月19日 ロシアの声
http://japanese.ruvr.ru/news/2014_12_19/281486536/

引用元: 【宇宙】月面で地球外文明の遺跡が見つかる(画像あり)

【マジかw】月面で地球外文明の遺跡が見つかる(画像あり)の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/12/03(水) 05:21:02.60 ID:???0.net
2014年12月02日 10時18分

画像 
http://www.xinhuaxia.jp/wp-content/uploads/2014/12/W020141201758995273607.png
 
英メディアの報道によると、超常現象の研究者であるWow For Reeel氏は月面地図、グーグルムーン(Google Moon)の22042’38.46N、142034’44.52Eという位置でおかしな物体を発見した。この地域に現れるのはユニークで珍しい。
 
発見者はYouTubeで、「グーグルムーンを長い間見つめた。これは偽物ではなく、本物であると思う。だが、これは何か分からない」と語った。

(記事の続きや関連情報はリンク先で)
引用元:新華ニュース http://www.xinhuaxia.jp/social/54101

引用元: 【宇宙】 超常現象の研究者、月面に映る奇妙な三角形物体を発見 [新華ニュース]

超常現象の研究者、月面に映る奇妙な三角形物体を発見の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/11/17(月) 06:10:40.40 ID:???0.net
 インターネットにはデマが爆発的に増えている。情報量が劇的に増えた今、日本人の多くが都市伝説のようなデマをいとも簡単に信じ込むようになってしまった。
具体的にはこんなデマが話題を集めている。

 1969年にアメリカから飛び立ち、人類が初めて月面に到着した歴史的快挙については、本当は月に行っていないという陰謀論が根強い。
科学ジャーナリスト・皆神龍太郎さんが背景を説明する。

「当時は第二次世界大戦後の米ソ冷戦の影響を受けた両国の宇宙開発競争の真っ只中。ソ連に勝つために、アメリカが一芝居打ったのではないかというのが陰謀論の始まりです。
1970年代にアポロ11号の陰謀をテーマにした映画やテレビ番組が続々と発表され、それに流されてしまう人が増えました。

 しかし、アポロ11号の着陸地点に設置されたレーザー反射板に地球からレーザーを打ち込むとちゃんと返ってきますし、月から持ち帰った石を分析すると地球上には存在しない成分が含まれていることがわかっています。アポロ11号は確実に月に到達しています」

※女性セブン2014年11月27日号
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/9472002/


引用元: 【社会】 アポロ11号は月面着陸していないはデマ 専門家が背景を解説…「確実に到達しています」★3

アポロ11号は月面着陸していないはデマ 専門家が背景を解説…「確実に到達しています」の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/11/03(月) 23:56:45.59 ID:???.net
NASA(アメリカ航空宇宙局)が10月17日、公式SoundCloudページを開設。
アポロ計画に関連する音声データなどを公開した。

今回公開された音源のなかには、スペースシャトル打ち上げの際の音や、初めて人類を月面に到達させたアポロ11号のアームストロング船長が月に降り立ったときの言葉「これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である(That's one small step for man, one giant leap for mankind.)」、人工衛星が捉えた惑星間のプラズマ音などが含まれる。

なおこれらの音声はSoundCloudページからmp3データがダウンロード可能。
NASAの音声ファイルはパブリックドメインのため、DTMに取り組んでいるアマチュアのミュージシャンやDJも無料で作品に使用できるただし、広告を含む商業目的で使用の場合、「NASAが推奨する商品である」などと記載することはできない。
詳細は下記NASAのSoundCloudページまで。
https://soundcloud.com/nasa

以下ソース
http://www.webdice.jp/topics/detail/4453/

引用元: 【技術】NASA月面着陸の歴史的音声著作権フリー公開 - TOPICS - webDICE

NASA月面着陸の歴史的音声著作権フリー公開の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/08/17(日) 21:18:04.77 ID:???0.net
Google Moon の画像で、エイリアンの月面基地らしき構造物がみつかりました。
ダウンロード版 Google Earth で月面の座標「19°43'02.81" N 20°30'52.97" E」を指定すると確認できます。
http://amenama.on.arena.ne.jp/wordpress/wp-content/uploads/2014/08/alien_base_on_moon_01.jpg
http://amenama.on.arena.ne.jp/wordpress/wp-content/uploads/2014/08/alien_base_on_moon_02.jpg

UFO情報サイト UFO Sightings Daily のスコット・ワリング氏は、「構造物の背面に、7~8個の直角の部分がある。
輪郭の周りが黒くなっているのは、構造物の直下に巨大な空洞があって、周囲に壁で囲まれた領域があるためではないか。
構造物が空洞に落ちこまないように壁面で支持されているように見える」と分析しています。

エイリアン基地の月面上でのおよその位置は、下の画像で赤色の十字マークを付けたあたりとなっています。
http://amenama.on.arena.ne.jp/wordpress/wp-content/uploads/2014/08/alien_base_on_moon_03.jpg

なお、Google Moon では最近、巨大な人型の物体も発見され話題になっていました。
こちらは座標「27°34'26.35" N 19°36'4.75" W」で確認できます。
http://amenama.on.arena.ne.jp/wordpress/wp-content/uploads/2014/08/man_on_moon.jpg
http://amenama.on.arena.ne.jp/?p=1539

引用元: 【宇宙】エイリアンの月面基地を発見か(画像あり)

グーグルムーンでエイリアンの月面基地を発見?(画像あり)の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ