1: 白夜φ ★ 2013/08/03(土) 22:39:06.94 ID:???

かゆみ誘発、脳内の働きを調査 かき過ぎ防止へ応用も

 
かゆみを生じさせそうなものを見ると、なぜ実際にかゆみを感じるのか―。
自然科学研究機構生理学研究所(愛知県岡崎市)の望月秀紀特任助教らのグループが、蚊に刺された腕の画像を見せる実験をし、かゆみを感じて「かきたい」と欲求を発する脳内の仕組みを確認したと、2日までに米専門誌で発表。

望月特任助教は「かゆみに関わる仕組みを解明できれば、アトピー性皮膚炎などで、かく行為を制御し、症状の悪化を防ぐ治療につながるかもしれない」としている。

実験では、健康な男女18人に、蚊に何度も刺されて腫れた腕の写真など5枚を断続的に計30秒間見せ、この時の脳の働きをMRIで調べた。

2013/08/02 18:40 【共同通信】

2

▽記事引用元 47NEWS2013/08/02 18:40配信記事
http://www.47news.jp/CN/201308/CN2013080201001974.html

▽関連リンク
自然科学研究機構生理学研究所 プレスリリース
痒みを想像しただけで痒くなる!その脳内メカニズムの一端を解明
http://www.nips.ac.jp/contents/release/entry/2013/08/post-254.html



【脳神経】かゆみを生じさせそうなものを見ると、なぜ実際にかゆみを感じるのか 脳内の働きを調査/生理学研究所の続きを読む