理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

本格

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/11/13(木) 10:47:18.24 ID:???.net
「マッスルスーツ」本格販売=圧縮空気で作業補助-東京理科大など

圧縮空気で伸縮するゴムチューブを使い、人や荷物を中腰で持ち上げる作業を補助する「マッスルスーツ」の本格的な販売やレンタルを始めたと、東京理科大工学部の小林宏教授と同大発のベンチャー企業「イノフィス」が11日発表した。
 
開発した小林教授は記者会見で、「昨年から訪問入浴介護サービスや工場、物流施設向けに計約760台をモニター販売し、十分検証できた。
腰の負担が3分の1に減るため腰痛を防ぐことができ、高齢者や女性も力が必要な作業ができる」と説明した。
当面は法人向けで、販売価格は1台60万円だが、レンタルが中心になるという。

-----------引用ここまで 全文は引用元参照----------

▽記事引用元
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201411/2014111100713&g=soc
時事ドットコム(http://www.jiji.com/)2014/11/11-16:49配信記事

▽関連リンク
・東京理科大学
本学教員の研究成果「マッスルスーツR」の発売についてTHE WALL STREET JOURNALなどが紹介
http://www.tus.ac.jp/news/news.php?20141112095924
・Kobayashi Lab(小林研究室)
http://kobalab.com/

引用元: 【機械工学】圧縮空気で作業補助 「マッスルスーツ」本格販売/東京理科大など

圧縮空気で作業補助 「マッスルスーツ」本格販売/東京理科大などの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ラダームーンサルト(秋田県) 2014/01/29(水) 06:55:46.34 ID:nCyX89Ya0 BE:3047458289-PLT(12123) ポイント特典

インフルエンザが本格的に流行している中、北海道などで20人の患者から抗インフルエンザ薬「タミフル」などが効きにくい「耐性ウイルス」が見つかりました。

 国立感染症研究所の調査によりますと、今季のインフルエンザは当初、A香港型が最も多く検出されていましたが、今月19日までの5週間では「H1N1型」が全体のおよそ4割まで急速に増え最も流行しています。

 「H1N1型」は今から5年前に新型インフルエンザとして世界的に大流行したウイルスですが、今回は、20人の患者から抗インフルエンザ薬「タミフル」(錠剤)や「ラピアクタ」(点滴)が効きにくい「耐性ウイルス」が見つかったということです。内訳は北海道で15人、山形で2人、神奈川・大阪・三重で1人ずつ確認されています。

 「耐性ウイルス」は突然変異を起こしてできたもので、国立感染症研究所は吸入するタイプの抗インフルエンザ薬「リレンザ」や「イナビル」であれば効果があるとしています。

 インフルエンザは来月にかけて流行のピークを迎えると見られ、ワクチンの接種や手洗い・うがいなど予防に万全を尽くすよう呼びかけています。(28日22:45)

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2114200.html
images



タミフルが効かないインフルエンザウイルスの続きを読む

このページのトップヘ