理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

根室

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/02/09(火) 12:32:56.37 ID:CAP_USER.net
【科学】知床沖で新種のエビ発見 「ラウスツノナガモエビ」小学生が名称 - 産経ニュース
http://www.sankei.com/life/news/160208/lif1602080012-n1.html


 北海道羅臼町の知床半島沖で新種のエビを発見したとする論文を、水族館「アクアマリンふくしま」(福島県いわき市)などの研究チームがまとめた。
ヒゲのように見える頭部のツノが長いことから「ラウスツノナガモエビ」と命名した。

 チームは2014年9月、水深500~800メートルの根室海峡で漁師が引き揚げた籠の中から、見慣れないエビを発見。詳しく調べたところ、寒冷な深海にすむイバラモエビ属の新種と分かった。
名前は地元の小学生が考案した。

 足や腹の鮮やかな紅白模様が特徴。ツノの先から尾までの長さは10~15センチで、この大きさのエビで新種が見つかるのは珍しいという。

続きはソースで

ダウンロード (1)

引用元: 【分類学】知床沖で新種のエビ発見 「ラウスツノナガモエビ」小学生が名称

知床沖で新種のエビ発見 「ラウスツノナガモエビ」小学生が名称の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2014/12/02(火) 23:29:41.02 ID:???0.net
【羅臼】根室管内羅臼町沖で1日、体長8・79メートルの巨大な雄のウバザメが見つかり、漁業者を驚かせた。

同町松法(まつのり)漁港から出漁した第28龍宝丸(4・9トン)が沖合1・8キロ、水深70~80メートル地点で発見。刺し網とロープに絡まっていた。
三浦博勝船長(49)は「大きな黒い塊があってびっくりした」。

羅臼漁協の指導船でえい航して水揚げした際には死んでいた。
クレーンでつり上げたが、ロープが切れるなどして重さは計測不能。
この後、羅臼町内の水産系廃棄物処理施設に運ばれた。

サメの生態に詳しい北大の仲谷一宏名誉教授(69)は「今回の個体は雄としては国内最大級ではないか」と話している。

写真:羅臼漁港に水揚げされた巨大なウバザメ=1日午後1時15分
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/photonews/image/5455_2.jpg

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/577644.html

引用元: 【北海道】8・8メートルのウバザメ 羅臼で刺し網に絡まる 国内最大級か(画像あり)

【北海道】8・8メートルのウバザメ 羅臼で刺し網に絡まる 国内最大級か(画像あり)の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ