理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

機能

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2014/12/27(土) 01:29:50.04 ID:???.net
再生シートで心機能改善、大阪大 臨床試験へ

血液を固まりにくくする薬として開発された化合物が心臓の働きを改善させるとして、大阪大チームがこの化合物を含むシートを心不全患者の心臓にはって効果や安全性を確かめる臨床試験(治験)を来年6月から始めることが26日、分かった。

医師が主体となる医師主導治験として実施し、2018年1月までに終える予定。

澤芳樹心臓血管外科教授によると、血液の成分を固まりにくくする抗血小板薬のために作られた化合物「ONO1301」に、心筋や血管の再生を促す効果があることが判明。
この化合物をもとに「YS1402」という薬剤が開発された。

2014/12/26 10:28 【共同通信】
______

▽記事引用元
http://www.47news.jp/CN/201412/CN2014122601001277.html
47NEWS(http://www.47news.jp/)2014/12/26 10:28

▽関連記事
化学工業日報 2014年12月17日
阪大 重症心不全に再生誘導薬 来夏にも治験
http://www.kagakukogyonippo.com/headline/2014/12/17-18469.html

引用元: 【医学】抗血小板薬として開発された化合物を含む再生シートで心機能改善 臨床試験へ/大阪大

抗血小板薬として開発された化合物を含む再生シートで心機能改善 臨床試験へ/大阪大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2014/08/21(木) 08:41:39.74 ID:???.net
九州大の小柴琢己准教授らのグループは20日までに、インフルエンザウイルス感染時に細胞内にあるミトコンドリアの機能が弱まる仕組みを、世界で初めて分子レベルで解明したと発表した。感染した際に作られるたんぱく質が細胞に与える影響に着目。

高病原性ウイルスによる病状の重篤化を防ぐ新薬の開発に期待できる。

 ミトコンドリアは細胞の代謝活動に必要なエネルギーを作り出す細胞小器官で、インフルエンザなどのウイルスに対する免疫機能も担う。
異物の侵入などに伴い、同器官の働きが低下すると人体への影響がひどくなりやすい。

続きはソースで

http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLZO75932520R20C14A8CR8000/

九大プレスリリース
http://www.kyushu-u.ac.jp/pressrelease/2014/2014_08_18_3.pdf

Nature communications
Influenza A virus protein ​PB1-F2 translocates into mitochondria via ​Tom40 channels and impairs innate immunity
http://www.nature.com/ncomms/2014/140820/ncomms5713/full/ncomms5713.html

引用元: 【感染症】インフルエンザウイルス感染時に起きるミトコンドリアの機能低下のメカニズムを解明、九州大

インフル感染時に起きるミトコンドリアの機能低下のメカニズムを解明、九州大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2014/12/05(金) 13:38:16.52 ID:???0.net
はやぶさ2、正常に飛行 最重要機能の作動を確認
【共同通信】 2014/12/05 12:42:39

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は5日、3日に打ち上げた小惑星探査機「はやぶさ2」の搭載機器や地上設備などの 最重要な機能が働いていることを確認し、正常に飛行していると発表した。今後さらに3カ月間、詳細な機能確認を続けるという。

JAXAは機能確認の一環として、一般からの寄付で設置した小型カメラを使い、試料採取装置を撮影した画像を公開した。宇宙航行中のはやぶさ2から届いた画像の公開は初めて。

はやぶさ2は現在、地球に近い軌道に入り太陽の周りを回っている。目標とする小惑星「1999JU3」には2018年夏ごろに到着する予定。

ソース: http://www.47news.jp/CN/201412/CN2014120501001405.html

プレスリリース:
小惑星探査機「はやぶさ2」(Hayabusa2)のクリティカル運用期間の終了について
http://www.jaxa.jp/press/2014/12/20141205_hayabusa2_j.html
http://www.jaxa.jp/press/2014/12/images/20141205_hayabusa2_01.jpg
http://www.jaxa.jp/press/2014/12/images/20141205_hayabusa2_02.jpg
http://www.jaxa.jp/press/2014/12/images/20141205_hayabusa2_03.jpg
http://www.jaxa.jp/press/2014/12/images/20141205_hayabusa2_04.jpg

関連スレッド:
【社会】「はやぶさ2」打ち上げ成功 3億キロの旅へ 帰還は6年後 (動画アリ)
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1417599981/
【科学】「しんえん2」、深宇宙でアマチュア無線を使ったデータ通信実験成功 [14/12/05]
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1417752921/

引用元: 【科学】はやぶさ2、正常に飛行 寄付のカメラで撮影した画像を公開 [14/12/05]

はやぶさ2、正常に飛行 寄付のカメラで撮影した画像を公開の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2014/10/24(金) 01:09:41.54 ID:???.net
2014年10月21日
独立行政法人理化学研究所 スウェーデン ウプサラ大学

無汗症患者の原因遺伝子を発見
-IP3受容体が機能しないと発汗できない-

私たちが汗をかくのは、体温を一定に保つためです。
汗は蒸発時に身体の熱を奪い体温を下げます。
もし、発汗ができないと熱中症やめまいを発症しやすく、重症化すると意識障害などを起こすこともあります。
汗をかくことができない「無汗症」という疾患があり、その原因として汗腺の形成不全や交換神経の異常などが挙げられていますが、その他の原因で発症する無汗症はこれまで報告されていません。
理研の研究者とスウェーデン・ウプサラ大学との共同研究グループは、パキスタンで特異な先天性無汗症を発症する家系を発見し、それを引き起こす原因遺伝子を明らかにすることに取り組みました。

発見した先天性無汗症患者を調べたところ、汗腺の形成不全や交換神経の異常が見られず、発汗の異常以外は健常者と変わらないことが分かりました。
また、家族全員に症状が出ていないことから、原因とされる遺伝子は常染色体劣性遺伝子であると推測しました。
そこで、劣性遺伝子疾患の原因遺伝子を特定できる手法を用いて、近親婚家系のDNAサンプルを用いてさらに詳しく解析しました。
その結果、この疾患の原因遺伝子が2型イノシトール三リン酸(IP3)受容体を発現する遺伝子であることが分かりました。
IP3受容体は細胞外からの刺激に応じてカルシウムを細胞内に放出し、細胞内のカルシウム濃度を調節する役目を担っています。

共同研究グループは、2型IP3受容体にあるカルシウムイオンチャンネル形成領域(カルシウムイオンを通す小さな穴の部分)に、点変異と呼ばれるタンパク質中の1つのアミノ酸の置き換えがあることを発見し、この変異が2型IP3受容体の機能を阻害していることを突き止めました。
また、マウスを用いた実験を行い、2型IP3受容体を欠損したマウスでは、汗腺の細胞内カルシウム量が低下し、汗の分泌量が野生のマウスに比べおよそ1/6に減っていることを発見しました。
これらの結果から、汗腺細胞に発現する2型IP3受容体からのカルシウム放出は、ヒトとマウスの発汗に重要な働きをしていることが明らかになりました。

今回の成果により、今後、IP3受容体の活性を制御することによって無汗症や多汗症を治療する方法の確立が期待できます。
_____________

▽記事引用元
http://www.riken.jp/pr/press/2014/20141021_1/digest/
理化学研究所(http://www.riken.jp/)2014年10月21日

報道発表資料
http://www.riken.jp/pr/press/2014/20141021_1/

*ご依頼いただきました。

引用元: 【医学】無汗症患者の原因遺伝子を発見 IP3受容体が機能しないと発汗できない/理化学研究所など

無汗症患者の原因遺伝子を発見 IP3受容体が機能しないと発汗できない/理化学研究所などの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2014/11/03(月) 23:54:48.31 ID:???.net
【11月1日 AFP】日本のハイテクベンチャー企業、半導体エネルギー研究所(Semiconductor Energy Laboratory)は10月29~30日に横浜市で開催された「Display Innovation 2014」で、折り畳み可能な5.9インチの有機ELディスプレー「Foldable Display」を展示した。

10万回以上の折り畳みに耐えることができ、タッチパネル機能も備えている。
(c)AFP

http://www.afpbb.com/articles/-/3030589

引用元: 【技術】10万回以上の折り畳みに耐える有機ELディスプレー

10万回以上の折り畳みに耐える有機ELディスプレーの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2014/10/10(金) 19:59:18.99 ID:???.net
「幻のアサガオ」といわれる黄色いアサガオを再現

基礎生物学研究所の星野敦助教らは、鹿児島大学、サントリーグローバルイノベーションセンター株式会社と共同で、キンギョソウ由来の遺伝子をアサガオで機能させることにより、幻といわれる「黄色いアサガオ」を咲かせることに成功しました。

【研究の背景】
アサガオの野生型(原種)は青い花を咲かせます。
赤、桃、紫、茶、白といった多彩な色も、栽培が盛んになった江戸時代に現れました。
しかし、バラに青色がないように、アサガオには黄色がありません。
江戸時代の図譜には菜の花のように黄色いアサガオが記録されていますが、現在では失われてしまっているため、「幻のアサガオ」と呼ばれています。

以下、ソース
http://www.nibb.ac.jp/press/2014/10/10.html

引用元: 【生物】「幻のアサガオ」と言われる黄色いアサガオを再現

「幻のアサガオ」と言われる黄色いアサガオを再現の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ