理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

次世代

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/12/03(水) 13:43:22.40 ID:???0.net
欧州宇宙機関、次世代ロケット開発へ 打ち上げ費用5割減
【日本経済新聞】 2014/12/3 10:11

【ルクセンブルク=竹内康雄】欧州20カ国でつくる欧州宇宙機関(ESA)は2日、ルクセンブルクで閣僚理事会を開き、次世代ロケット「アリアン6」の開発を承認した。商用衛星の打ち上げは、米ベンチャー(VB)が低価格で相次ぎ打ち上げを成功させ、市場の5割を握る欧州を脅かしている。ESAは価格競争力の優れた新型ロケットでシェア維持をめざす。

アリアン6は38億ユーロを投じ、2020年に1号機を打ち上げる予定。最大の出資国フランスが約5割、ドイツが約2割を拠出する。打ち上げ費用をこれまでの最大5割減に抑えたのが特徴だ。打ち上げニーズの変化に合わせ、様々な大きさの衛星に対応できる仕様にしたほか、燃費性能を向上させた。

続きはソースで

アリアン6の開発承認は、現行機アリアン5の開発を決めてから約30年ぶり。アリアン5はこれまで60回以上の打ち上げを成功させてきたが、米VB、スペースXが打ち上げ価格を大きく抑えたロケット「ファルコン9」を開発し、市場に参入。欧州を脅かす存在になりつつある。

米国では財政状況が厳しいことから宇宙事業でも民間シフトが進んでいるほか、ロシアや日本、インドなどとの競争も激しくなる見込み。ESAは「現行機のままでは、今の地位を維持できない」と判断、新型機開発への大型投資を決めた。

ソース: http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM03H17_T01C14A2EAF000/

関連ソース:
欧州次世代ロケット開発へ 低価格化のアリアン6 | 共同通信
http://www.47news.jp/CN/201412/CN2014120301000876.html

引用元: 【科学】欧州宇宙機関(ESA)、次世代ロケット「アリアン6」開発へ 打ち上げ費用5割減 [14/12/03]

欧州宇宙機関(ESA)、次世代ロケット「アリアン6」開発へ 打ち上げ費用5割減の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/11/08(土) 17:01:21.60 ID:???.net
オリオン宇宙船、予定通り試験へ 事故影響なしとNASA


【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は6日、来月4日に予定する次世代宇宙船「オリオン」試験機の無人飛行の日程について、相次ぐ民間ロケットや宇宙船の事故に伴う変更はないと発表した。

NASAの責任者は記者会見で、オリオンの試験飛行に使われる技術は、事故が起きた米オービタル・サイエンシズのアンタレスロケットや米ヴァージンギャラクティックの宇宙船スペースシップ2とは共通点がないと指摘。
「(宇宙開発の)リスクの高さをあらためて思い出させた」としながら「計画の変更は何もない」と述べた。

今回の試験飛行では、人を乗せずに、地球を2周して太平洋に帰還させる。

2014/11/07 08:50 【共同通信】
_______

▽記事引用元
http://www.47news.jp/CN/201411/CN2014110701000637.html
47NEWS(http://www.47news.jp/)2014/11/07 08:50配信記事

▽関連スレッド
【宇宙開発】次世代宇宙船「オリオン」試験機公開 12月に初の無人飛行/NASA
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1410530833/

引用元: 【宇宙開発】次世代宇宙船「オリオン」試験機 来月4日の無人飛行の日程 予定通り試験へ 事故影響なし/NASA

次世代宇宙船「オリオン」試験機 来月4日の無人飛行の日程 予定通り試験へ 事故影響なし/NASAの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/10/14(火) 10:07:08.61 ID:???0.net
次世代タイヤはスリム?…接地面小さく燃費向上

画像
http://www.yomiuri.co.jp/photo/20141013/20141013-OYT1I50019-L.jpg
http://www.yomiuri.co.jp/photo/20141013/20141013-OYT1I50020-L.jpg

 世界のタイヤメーカーが、これまでより幅が狭くて直径の大きい次世代の自動車タイヤの開発を進めている。

 ブリヂストンが既に独BMW向けに供給を始めており、欧州勢も試作品を公開している。

 エネルギー効率を追求した結果で、近未来のクルマの足元はぐっとスリムになるかもしれない。

 日本で4月に発売されたBMWの電気自動車(EV)「i3」のタイヤは、直径65センチ、幅15・5センチ。一般的な小型車に使うタイヤに比べ直径は4センチあまり大きい一方、幅は2センチ狭い。

 ブリヂストンが専用に開発した「オロジック」で、幅を狭くすることで、接地面をできるだけ小さくした。空気抵抗も少なくなり、ガソリンの燃費性能に換算すると、従来の低燃費タイヤからさらに6%改善されたという。

Yomiuri Online 2014年10月14日 08時08分
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20141013-OYT1T50063.html

引用元: 【経済】次世代タイヤはスリム?…接地面小さく燃費向上[10/14]

次世代タイヤはスリム?…接地面小さく燃費向上の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/09/12(金) 11:24:31.82 ID:???0.net
NASA、オリオン宇宙船を公開 12月に初の無人飛行
【共同通信】 2014/09/12 8:56:09

【ケープカナベラル(米フロリダ州)共同】12月に初の無人飛行に挑む米航空宇宙局(NASA)の次世代宇宙船「オリオン」の試験機が11日、米フロリダ州のケネディ宇宙センターで報道関係者に公開された。

オリオンは2020年代以降に火星や小惑星への有人飛行実現を目指してNASAが開発中の4人乗り宇宙船。12月4日に予定する試験飛行ではデルタ4ロケットで打ち上げ、地球を2周して太平洋に帰還する計画。

試験飛行では国際宇宙ステーションの高度の約15倍の5800キロまで上昇し、時速3万キロ超で大気圏に突入。
高熱から飛行士や装置を守る耐熱材の機能などを確かめる。

ソース: http://www.47news.jp/CN/201409/CN2014091201000947.html
画像: http://img.47news.jp/PN/201409/PN2014091201000966.-.-.CI0003.jpg
 (台車で運ばれるNASAのオリオン宇宙船の本体(シートで保護された上の部分)と電力や推進力を供給する
 サービスモジュール(下の円筒形の部分)=11日、米フロリダ州のケネディ宇宙センター(共同))

引用元: 【宇宙】NASA、オリオン宇宙船を公開 12月に初の無人飛行 [14/09/12]

NASA、オリオン宇宙船を公開 12月に初の無人飛行への続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/08/26(火) 19:58:02.80 ID:???0.net
国立科学博物館(東京・上野)は26日、国民の暮らしに大きな影響を与えた科学技術を次世代に伝える
「未来技術遺産」に、新たに49件を登録すると発表した。

新たに登録されるのは、1950年に発売された日本初のテープレコーダー「G型テープレコーダー」(ソニー)、60年に登場した日本最初期の量産型カラーテレビ(シャープ、日立製作所)、86年に発売された世界初のレンズ付きフィルム「フジカラー 写ルンです」(富士フイルム)など。

ビデオカメラは、手ぶれ補正機能や液晶画面付きのものなど14件が登録された。

2008年度から始まった同遺産への登録制度は、科学技術の発展に重要な役割を果たした機器を後世に伝えるのが目的。
登録数は今回の登録で計184件となった。同博物館は、来月2~28日、資料のパネル展示を行う。

2014年08月26日 18時42分
http://www.yomiuri.co.jp/science/20140826-OYT1T50102.html

引用元: 【社会】「写ルンです」、技術遺産に…国立科学博物館

「写ルンです」、技術遺産に…国立科学博物館の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/08/18(月) 15:24:51.19 ID:???0.net
次世代旅客機、国が主導…部品の7割「国産」に

 政府は、2030年頃の実用化を目標に次世代の国産ジェット旅客機の開発に着手する方針を固めた。

 国産化が難しいエンジンなど、主要部品の研究・開発段階から国が主導し、技術を国内メーカーと共有することで、部品の7割程度が国産の「純国産」ジェットを目指す。年内に関係省庁会議を設置し、15年度予算の概算要求に主要部品開発用の実験装置の導入を盛り込む。

 次世代機は客席数230未満の「小型旅客機」を想定している。世界の航空機産業は、アジアを中心に小型機の需要が大幅に伸びると予想されているためだ。

 国産の旅客機開発は、戦後初の国産機となるプロペラ機「YS11」以来、停滞した。現在、約50年ぶりの国産機である小型ジェット機「三菱リージョナルジェット(MRJ)」が17年の実用化を目指して開発中で、次世代機はその後継と位置付けられる。

Yomiuri Online 2014年08月18日 03時36分
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20140817-OYT1T50133.html

引用元: 【経済】次世代ジェット旅客機開発、国が主導…部品の7割「国産」に 2030年頃の実用化を目標[08/18]

国主導の次世代ジェット旅客機開発へ 部品の7割「国産」に 2030年頃の実用化目標の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ