理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/03/18(土) 01:32:13.81 ID:CAP_USER
岡山大、犬の歯を幹細胞で再生
天然とほぼ同じ

犬の幹細胞から作り出した歯のもとになる「歯胚」を、同じ犬の歯が抜けた部分に移植し、天然の歯とほぼ同じものを再生することに成功したと、岡山大と理化学研究所多細胞システム形成研究センター(神戸市)のチームが16日付の英科学誌電子版に発表した。
 
マウスでも成功例の報告があるが、岡山大の窪木拓男教授は「実用的な歯の再生治療が可能なことを大きな動物で実証した。
人への応用を目指したい」としている。

続きはソースで

▽引用元:共同通信 2017/3/16 21:19
https://this.kiji.is/215081735738426868

▽関連
岡山大学 プレスリリース
イヌの歯の再生に成功 大型動物モデルにおける構造・機能的に完全な歯の再生成功によりヒトにおける完全な歯の再生治療の実現可能性を証明
http://www.okayama-u.ac.jp/tp/release/release_id457.html
図1 イヌ歯胚細胞を用いた再生歯胚の作成
http://www.okayama-u.ac.jp/up_load_files/press28/press-170317-1img1.jpg
ダウンロード (5)


引用元: 【再生医療】イヌの歯の再生に成功 犬の幹細胞から歯胚を作成、移植し天然の歯とほぼ同じものを再生/岡山大など©2ch.net

イヌの歯の再生に成功 犬の幹細胞から歯胚を作成、移植し天然の歯とほぼ同じものを再生/岡山大などの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/03/15(水) 07:36:51.46 ID:CAP_USER
http://www.fukuishimbun.co.jp/modules/news0/photos/20170314202732_799487593.jpg
歯が顎に付いた状態で発見されたフクイサウルスの上顎骨(下)。
頭部レプリカ(上)で指で示す部分に当たる=福井県立恐竜博物館

福井県立恐竜博物館(勝山市)は14日、昨夏行った同市北谷町杉山の化石発掘調査で、草食恐竜のフクイサウルスとみられるイグアノドン類の化石が複数見つかったと発表した。
これまで見つかっていなかった頭の部位が多く、上顎が特殊なフクイサウルスの全体像の解明につながると同館ではみている。

約1億2千万年前(白亜紀前期)の手取層群北谷層で新しく発見された部位は、頭の上部にある前頭骨と後眼窩骨、肘より先の尺骨など。
同一個体の骨とみられるという。

また過去の発掘でも見つかっている上顎骨は今回、歯が顎に付いたままの約19センチの骨が初めて見つかった。

続きはソースで 

ソース元:
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/dinosaur/117150.html

images (1)


引用元: 【古生物】フクイサウルス頭の部位の化石を多数発見 福井県立恐竜博物館が発表[03/15] [無断転載禁止]©2ch.net

フクイサウルス頭の部位の化石を多数発見 福井県立恐竜博物館が発表の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/03/09(木) 23:35:20.95 ID:CAP_USER
ネアンデルタール人、歯痛に「鎮痛薬」使用か 研究
2017年03月09日 11:12

【3月9日 AFP】ペニシリンの発明からさかのぼること約5万年前に、歯の膿瘍(のうよう)に苦しんでいた旧人類ネアンデルタール(Neanderthal)人の若者が、天然の抗生物質や鎮痛成分を含む草木を食べていたことが分かったとする研究論文が8日、発表された。
研究では、ネアンデルタールの歯石を調べた。
 
研究チームによると、現在のスペインのエルシドロン(El Sidron)に当たる地域に住んでいたネアンデルタール人の男性は、抗生物質を産生するペニシリウム属の真菌を摂取し、サリチル酸を含むポプラの木の破片をかんでいたという。
サリチル酸は、現代の鎮痛薬アスピリンの有効成分だ。
 
英科学誌ネイチャー(Nature)に掲載された研究論文によると、この若いネアンデルタール人の化石化した下顎骨には膿瘍による損傷がみられる他、残されていた歯石から、激しい下痢を引き起こす腸内寄生虫の存在が確認できた。
これにより「若者がひどい病気に侵されていたのは明白」だという。

続きはソースで

▽引用元:AFPBBNews 2017年03月09日 11:12
http://www.afpbb.com/articles/-/3120730
http://www.afpbb.com/articles/-/3120730?pid=0&page=2

▽関連
Nature (2017) doi:10.1038/nature21674
Received 02 August 2016 Accepted 30 January 2017 Published online 08 March 2017
Neanderthal behaviour, diet, and disease inferred from ancient DNA in dental calculus
http://www.nature.com/nature/journal/vaop/ncurrent/abs/nature21674.html
ダウンロード (2)


引用元: 【古人類学】歯の膿瘍に苦しんでいたネアンデルタール人 歯痛に「鎮痛薬」使用か©2ch.net

歯の膿瘍に苦しんでいたネアンデルタール人 歯痛に「鎮痛薬」使用かの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/03/05(日) 23:39:30.50 ID:CAP_USER
カタツムリ食をやめたヘビは歯並びが良い -歯の本数における左右非対称性は、エサの違いで進化する-

細将貴 白眉センター特定助教らの研究グループは、カタツムリ食に特化した「右利きのヘビ」として知られる特殊なヘビ類(セダカヘビ類)の一種がナメクジ食であり、カタツムリ食の近縁種と比べて、歯数が左右同数に近いということを発見しました。
 
本研究成果は、2017年3月2日午後8時に「PeerJ」誌に掲載されました。

研究者からのコメント
東南アジアに十数種が知られるセダカヘビ類は、そのほとんどが右巻きのカタツムリの捕食に特殊化した結果として、左右で異なる本数の歯を進化させている、いわば「右利きのヘビ」です。
しかしながら「右利き」の程度は種ごとに大きく異なっており、その違いが何を意味しているのかはこれまでわかっていませんでした。
今回、「右利き」の程度がエサの違いを反映している可能性が示されたことから、セダカヘビ類における歯並びの多様性は、食の多様性の表れだと考えることができます。
今後の研究により、セダカヘビ類とカタツムリ類の間の多様な関係とそれを生み出してきた進化の原理の解明が、ますます進んでいくと期待されます。

本研究成果のポイント
・ある種のヘビが、おそらくナメクジしか食べないことを発見
・カタツムリ食の近縁種と比べて、歯数が左右同数に近かった。
・歯並びの良し悪しが、エサの種類に応じて進化することを示唆

続きはソースで

▽引用元:京都大学 研究成果 2017年03月03日
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2016/170302_2.html

図:ナメクジ食のタイワンセダカヘビ(左下)と、カタツムリ・ナメクジ食のタイヤルセダカヘビ(右上)
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2016/images/170302_2/01.jpg/image
ダウンロード (3)


引用元: 【生物】カタツムリ食をやめたヘビは歯並びが良い 歯の本数における左右非対称性は、エサの違いで進化する/京都大©2ch.net

カタツムリ食をやめたヘビは歯並びが良い 歯の本数における左右非対称性は、エサの違いで進化する/京都大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/01/13(金) 01:35:56.11 ID:CAP_USER9
現在の虫歯治療では、ドリルで削った象牙質の部分にセメントなどの人工物を詰めている。
そうした詰め物の代わりに、アルツハイマー治療薬を使い、象牙質を自然に再生させることに成功したと、英ロンドン大学キングス・カレッジの研究者らが発表し、英学術誌『ネイチャー』が論文を掲載した。

■アルツハイマー治療薬の「副作用」に着目

マウスを使った実験に成功したのは、同カレッジのポール・シャープ教授が率いる研究チーム。
歯の中には象牙質に囲まれた歯髄(神経と血管)と呼ばれる軟組織があり、歯髄に含まれる幹細胞は象牙質を再生させる能力を持つ。
ただし、同大学のリリース文によると、詰め物にセメントなどを使う場合、人工物が分解されることなく歯の中にとどまるため、自然な象牙質の再生を阻害するという。

シャープ教授らは、現在臨床試験中のアルツハイマー治療薬「タイドグルーシブ」に注目。
この薬には、アルツハイマー病の原因となるグリコーゲン合成酵素キナーゼ-3(GSK -3)の活性化を抑制する作用があるが、歯に適用した場合、象牙質を修復する自然なプロセスを促進する作用も認められるという。

続きはソースで

http://news.livedoor.com/article/detail/12532499/
ダウンロード (2)


引用元: 【医療】アルツハイマー治療薬を使って歯を自然再生、英研究者が成功 [無断転載禁止]©2ch.net

アルツハイマー治療薬を使って歯を自然再生、英研究者が成功の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/12/28(水) 00:28:20.28 ID:CAP_USER
失った歯の数と動脈硬化が強く関連することをコホート研究で初めて証明 -歯周病の予防が動脈硬化を防ぐ可能性-

浅井啓太 医学研究科助教らの研究グループは、2007年から2010年に滋賀県長浜市で行った、市民を対象とした大規模な疫学調査である「ながはま0次予防コホート事業」の第一期調査で得られた約10,000人の情報を用い、失った歯の数と動脈硬化度に有意な関連があることを証明しました。
 
本研究は、口腔内の疾患と全身疾患の関係を明らかにし、多くの人の健康に深く影響する研究として、歯科口腔領域のトップジャーナル「Journal of Dental Research」の2016 William Gies Awardを受賞しました。

続きはソースで

▽引用元:京都大学 研究成果 2016年12月27日
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2016/161129_4.html

ダウンロード


引用元: 【コホート】失った歯の数と動脈硬化が強く関連することをコホート研究で初めて証明 歯周病の予防が動脈硬化を防ぐ可能性/京都大 ©2ch.net

【コホート】失った歯の数と動脈硬化が強く関連することをコホート研究で初めて証明 歯周病の予防が動脈硬化を防ぐ可能性/京都大の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ