理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

母子

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/12/15(木) 10:17:56.73 ID:CAP_USER
白血病などの病気を引き起こす可能性があるウイルスに女性が感染した場合、母子感染するまでその女性が死なないようウイルスが致死性を低下させているとする研究結果が13日、発表された。

科学者の間では長年、白血病などの病気を引き起こす可能性がある「ヒトT細胞白血病ウイルス1型(HTLV-1)」に感染した場合に男性より女性の致死率が低いのは、少なくともこのウイルスに限っては、女性の免疫機能の方が男性よりも強く働くからだと考えられていた。
ところが、英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに発表された研究論文は、HTLV-1が男性感染者には提供できない機会を悪用するように進化を通じて順応してきたとする新たな証拠を提示している。

論文の共同執筆者で、英ロンドン大学のビンセント・ジャンセン教授は

「このウイルスが引き起こす疾患の悪性度が女性感染者の方が低いのは、ウイルスが母子感染を狙っているからだ」

続きはソースで

ソース元:AFPBB
http://www.afpbb.com/articles/-/3111305

images


引用元: 【医療】ずる賢いウイルス?「ヒトT細胞白血病ウイルス1型」の女性致死率が低いのは母子感染が狙いか 英研究[12/15] [無断転載禁止]©2ch.net

ずる賢いウイルス?「ヒトT細胞白血病ウイルス1型」の女性致死率が低いのは母子感染が狙いか 英研究の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/05/11(水) 21:17:28.99 ID:CAP_USER
抗生物質効かない細菌 新生児など感染し死亡例も

5月11日 19時23分

生まれたばかりの赤ちゃんや就学前の幼児など子ども60人以上が、過去3年間に、「ESBL産生大腸菌」と呼ばれる、複数の抗生物質が効かない細菌に感染して命に危険が及ぶような重い症状になり、確認されただけで2人が死亡していたことが、専門の医師で作る学会の調査で明らかになりました。

続きはソースで

ダウンロード

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160511/k10010517181000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

引用元: 【医学】抗生物質効かない細菌 新生児など感染し死亡例も©2ch.net

抗生物質効かない細菌 新生児など感染し死亡例もの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/07/21(火) 13:43:25.69 ID:???.net
■HIV 早期治療の中止後もほぼ消滅状態

 エイズ研究の世界的な権威として知られるフランスの研究所は、エイズウイルスに母子感染した少女が、生後すぐに抗ウイルス薬による治療を開始したところ、その後、長期間にわたって治療を中止したにもかかわらず、ウイルスがほぼ消滅した状態を維持していた事例を発表し、早期の治療の重要性を呼びかけています。

 エイズ研究の世界的な権威として知られるパリのパスツール研究所は20日、エイズウイルスに関する最新の研究成果を発表しました。

 それによりますと、妊娠した母親からエイズウイルスに感染した少女が生後すぐに抗ウイルス薬による治療を開始したところ、その後、長期間投薬治療を中止したにもかかわらず、ウイルスがほぼ消滅した状態を維持していることが明らかになったとしています。

続きはソースで

ダウンロード

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150721/k10010160591000.html
http://www3.nhk.or.jp/news/index.html NHKニュース (7月21日 10時37分)配信

Institut Pasteur Press release (Paris, July 20, 2015)
First case of prolonged remission (12 years) in an HIV-infected child
http://www.pasteur.fr/en/institut-pasteur/press/press-documents/first-case-prolonged-remission-12-years-hiv-infected-child

引用元: 【感染症】HIV 早期治療の中止後もほぼ消滅状態

HIV 早期治療の中止後もほぼ消滅状態の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: チリ人φ ★ 2013/07/21(日) 00:45:08.57 ID:???

東京電力福島第1原発事故の後に生まれた県内の新生児に何らかの異常があった割合は2.7%で、一般的な率とされる3~5%と同程度だったことが福島県立医大の調査で分かった。同医大は20日までに、原発事故の影響はみられないとする調査結果を県内の市町村に報告した。

福島県が進める県民健康管理調査の一環で、原発事故前の2010年8月から事故を挟んで11年7月までの1年間、母子手帳を受け取った妊産婦約1万6千人を対象に調べた。

赤ちゃんに異常があったかどうかで、回答した8538人のうち、「あり」は234人(2.7%)、「なし」は7976人
(93.4%)だった。

妊娠の結果では、回答した8812人のうち、流産が0.8%、死産は0.2%、中絶は0.1%。同医大の藤森敬也教授は「原発事故前と後で増加は確認できず、事故の影響はみられない」と説明した。

一方で、気分が沈んだり、物事に興味がわかなかったりするうつ傾向が27.1%の人にみられ、同様の全国調査の10%程度と比べ高かった。相談内容は「放射線の影響や心配に関すること」が最も多かった。
藤森教授は「言葉だけで『安全』と言うのではなく、全国の数字と比較し、客観的データを示すことが妊婦の安心につながる」と調査継続の意義を訴えた。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1905M_Q3A720C1CR0000/  

7



【医療】新生児に原発事故の影響なし 福島県立医大が調査報告の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ