理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

比較

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/06/10(金) 17:55:27.36 ID:CAP_USER
【プレスリリース】腸内の善玉菌が少ないとうつ病リスクが高いことを明らかに - 日本の研究.com
https://research-er.jp/articles/view/47216


国立精神・神経医療研究センター神経研究所(所長 武田 伸一)の相澤恵美子研究員と功刀 浩部長(疾病研究第三部)とヤクルト本社(社長 根岸 孝成)の辻 浩和室長(中央研究所)らを中心とする共同研究グループは、43人の大うつ病性障害患者と57名の健常者の腸内細菌について、善玉菌であるビフィズス菌と乳酸桿菌の菌数を比較したところ、うつ病患者群は健常者群と比較して、ビフィズス菌の菌数が有意に低いこと、さらにビフィズス菌・乳酸桿菌ともに一定の菌数以下である人が有意に多いことを世界で初めて明らかにしました。この結果から、善玉菌が少ないとうつ病リスクが高まることが示唆されました。

 本研究成果は、オランダ時間2016年5月24日に科学雑誌Journal of Affective Disordersのオンライン速報版で公開されました。

http://dx.doi.org/10.1016/j.jad.2016.05.038

続きはソースで

ダウンロード
 

引用元: 【統計】腸内の善玉菌が少ないとうつ病リスクが高いことを明らかに [無断転載禁止]©2ch.net

腸内の善玉菌が少ないとうつ病リスクが高いことを明らかにの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/06/03(金) 16:04:31.66 ID:CAP_USER9
体毛の変化 突き止めた 座間味小・木舩君 ケラマジカ研究
琉球新報:2016年6月3日 05:00
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-290977.html

 5月28日に琉球大学で開かれた沖縄生物学会第53回大会で、座間味村立阿嘉小学校4年の木舩楓斗(きふね・ふうと)君(9)が、昨年度に取り組んだ研究「ケラマジカの毛の季節による変化」を発表した。
木舩君は、自身で考案した採集器具で、ケラマジカの体毛を採取。
季節によって毛の色や長さ、固さが変化することを突き止めた。

 阿嘉小と同村立慶留間小学校は、南九州大学の遠藤晃教授(生態学)の指導を受け2004年から総合的な学習の時間を活用し「地域の身近な自然を素材とした主体的・協働的な課題解決学習」に取り組んでいる。
児童の研究成果は、同学会で発表している。

 木舩君は「季節によってケラマジカの毛の色や量が違うと普段から感じた」ことから、実際にシカの体毛の研究に着手したと説明。
これまで児童による毛の採取は一度に数本しか取れなかったが、木舩君は、餌の入った段ボールの縁にガムテープを貼り、餌を食べたシカの毛が取れるような器具を考案した。

続きはソースで

ダウンロード

引用元: 【社会】体毛の変化 突き止めた 座間味小の4年男子©2ch.net

体毛の変化 突き止めた 座間味小の4年男子の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/05/22(日) 15:59:29.49 ID:CAP_USER*
http://cdn.mainichi.jp/vol1/2016/05/19/20160519dd0phj000273000p/9.jpg

 先住民アイヌの祖先はどんな人たちだったのだろうか。
百々(どど)幸雄・東北大学名誉教授(解剖学・形質人類学)が近著『アイヌと縄文人の骨学的研究-骨と語り合った40年』(東北大学出版会)で、自身の研究史を振り返りながら人類学研究の現在の到達点を示している。

 アイヌは顔の彫りが深いことなど、本土日本人(北海道、琉球諸島以外の日本列島人)と違った特徴があり、かつてはコーカサス人種説(白人説)も唱えられた。
百々さんは東北大学を卒業後、1969年に札幌医科大学に助手として採用され、翌年、発掘されたアイヌの頭骨に出合った。眉間(みけん)が盛り上がり、鼻の付け根が落ち込んで、鼻骨が前へ突き出るという立体的な顔の特徴が、研究しようと思っていた縄文時代人骨と共通していた。

 そのころの骨の研究は、頭骨の長さや幅などを測る計測的方法が主流だったが、百々さんは、眼窩上孔(がんかじょうこう)(目の上の骨の小さな穴)など、身体機能に影響しないとみられる小さな差異(形態小変異)を比べる方法を選んだ。

 遺伝的影響を見るのに適した形態小変異22項目について、各地で出土した古人骨や現代人骨の一点一点を観察して、あるなしを調べた。

 縄文人(関東、東北)、大陸渡来系とみられる山口県・土井ケ浜遺跡と福岡市・金隈(かねのくま)遺跡の弥生時代人、古墳時代人、鎌倉時代人、室町時代人、江戸時代人、現代人(九州、東日本)、北海道アイヌの頭骨を比較した結果、縄文人と北海道アイヌだけがはっきりと別のグループに分かれた。

 稲作文化が伝わらなかった北海道では、縄文時代の後も、続縄文時代と呼ばれる狩猟・採集文化の時代が続いた。
続縄文人を加えて分析した結果では、縄文人、続縄文人、北海道アイヌが1群をなし、本土の弥生時代から現代までの集団と大きく離れた。
アイヌが縄文人の直系の子孫で、渡来系弥生人の遺伝的影響をほとんど受けなかったことが明らかになった。

 古代蝦夷(えみし)とアイヌの関係を調べるため、東北地方の古墳時代人、古代人(8~10世紀)、江戸時代人と、関東以南の人骨を比較すると、九州-関東-東北-北海道アイヌ・東日本縄文人の順に並んだ。

続きはソースで

ダウンロード


http://mainichi.jp/articles/20160519/dde/014/040/006000c  [2016.05.19] 

引用元: 【話題】アイヌのルーツ 縄文人にオホーツク人の影響★2©2ch.net

アイヌのルーツ 縄文人にオホーツク人の影響の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/12/22(火) 18:46:36.33 ID:CAP_USER*.net
◆地球上の哺乳類で最も効率的な睡眠習慣を持っているのは。

デューク大学の研究者達は、人間と霊長類を含む哺乳類の睡眠習慣について比較研究し、人間の睡眠が驚くほど効率的なことを発見しました。
研究では、人は他の哺乳類と比べても質の良い眠りが可能で、睡眠レベルも高いことが分かりました。

初期の人間は木の上のベッドで寝ていましたが、やがて地上に降り、仲間達と火を囲んで眠るようになりました。
これにより暖かく安全な環境の中、可能な限り短い時間でぐっすり眠ることができるようになりました。
睡眠時間が短くなったことで新しい能力の獲得に力を注げるようになり、深い眠りにより、記憶など脳の能力を高めることができました。

現代人は平均して7時間の睡眠をとります。
もっとも私たちに近いチンパンジーの睡眠時間は11.5時間、それ以外の霊長類は17時間です。

人が眠っているあいだ、1/4はレム睡眠と呼ばれる浅い睡眠で殆どを深い睡眠に当てることができるため、より効率的にぐっすり眠ることができるのです。
(レム睡眠はrapid eye movementの略で、体はぐっすり眠っているが脳は活発に活動し、目が勢い良く動いている状態の事)

デューク大学デイビット・サムソン教授とカーリー・ナン教授は、哺乳類および21種類の霊長類の睡眠習慣に関する書籍をくまなく調査しました。
そうして比較するためのデータベースを作成したのち、ヒヒ、キツネザル、オラウータン、チンパンジーそして人間など哺乳類の睡眠を統計データにしました。

続きはソースで

images (1)

引用元:http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-3359953/Humans-evolved-supersleepers-Researchers-better-sleep-time-nearest-relatives.html

Funny US 2015年12月18日
http://www.funny-us.com/archives/50474430.html

引用元: 【雑学】人類の睡眠の質は哺乳類“最強”

人類の睡眠の質は哺乳類“最強”の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/12/15(火) 22:40:07.17 ID:CAP_USER*.net
【AFP=時事】政治家は大統領や首相になるという生涯の夢をかなえられるかもしれないが、その引き換えに死期はやや早まってしまうかもしれない──こんな可能性を示す研究結果が英医学誌ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(BMJ)のクリスマス号で発表された。

ダウンロード (1)


 研究は米ハーバード大学医学部(Harvard Medical School)のアヌパム・ジェナ(Anupam Jena)准教授(医療政策)が中心となって行ったもので、1722年から2015年までに西側の17か国で国民によって選ばれた首脳279人の没年齢と、次点にとどまり首脳にはなれなかった人261人の没年齢を比較した。

 英国をはじめとする議会制民主主義の国に関しては、選挙時に党首を務めていた政治家が対象とされた。

 その結果、政府首脳の寿命は、最後の選挙時の平均余命を調整した後の数字で、敗れた候補者よりも2.7年短かかったことが分かった。

 研究結果は「選ばれた政府首脳は実際に年をとるのが早くなる可能性を示している」と述べている。【翻訳編集】 AFPBB News

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151215-00000020-jij_afp-int

引用元: 【国際】国の首脳になると死期早まる、米研究

国の首脳になると死期早まる、米研究の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/10/01(木) 08:59:19.87 ID:???*.net
男は背が高い方が得をするというのは多くの人の共通認識だろう。バブル期には、高身長は女性が結婚相手に求める「三高」の1つで、高学歴・高収入に並ぶステータスだった。

しかし、その“常識”を覆す研究データが話題を呼んでいる。
「身長の低い人のほうが長生き」というのだ。

この説は順天堂大学大学院医学研究科教授・白澤卓二氏(57)の著書
『白澤教授が贈る 100歳まで健康に生きるための111の話』(毎日新聞出版刊)の中で紹介されている。

米・ハワイ大の研究チームは1900~1916年に生まれた約8000人の男性を調査。
身長158cm以下、158~165cm、165cm以上に分けた3グループの死亡率などを比較すると、158cm以下のグループが最も長生きで、背が高くなるほど寿命が短くなる傾向を見出したという。
白澤氏が解説する。

「この研究チームは、低身長の男性には長寿になりやすい遺伝子を持つ人が多いことを明らかにしました。

FOXO3(フォクソスリー)と呼ばれる長寿遺伝子で、この遺伝子を持つ人は血糖値を低下させるインスリンの血中濃度が空腹時に低い。フォクソスリーは不要なインスリンの分泌を抑え、それによって腫瘍の抑制や、抗酸化の役割を持つとされています」

続きはソースで

ダウンロード (4)


※週刊ポスト2015年10月9日号
http://www.news-postseven.com/archives/20151001_353212.html

引用元: 【研究】低身長男性は長寿になりやすい傾向、158cm以下のグループが最も長生き

低身長男性は長寿になりやすい傾向、158cm以下のグループが最も長生きの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ