理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

民間

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/09/18(金) 12:44:47.66 ID:???*.net
宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工業は18日、カナダの民間商業衛星を載せた基幹ロケット「H2A」29号機を11月24日に打ち上げると発表した。
種子島宇宙センター(鹿児島県)から同日午後3時23分~同5時7分の間にカナダ・テレサット社の通信放送衛星を打ち上げる。

日本のロケットで海外の商業衛星を打ち上げるのは初めて。

下村博文文部科学相は18日の閣議後記者会見で
「衛星打ち上げ産業の市場は世界的に拡大が予想される。国としてもバックアップしていきたい」と話した。

続きはソースで

images (2)


日本経済新聞 2015/9/18 12:01
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG18H35_Y5A910C1CR0000/

引用元: 【宇宙】H2A29号機、打ち上げ11月に 初の海外民間商業衛星搭載

H2A29号機、打ち上げ11月に 初の海外民間商業衛星搭載の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/03/14(土) 20:58:37.52 ID:???.net
「宇宙ホテル」も視野に 試験機公開 NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150313/k10010014031000.html

画像
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150313/K10010014031_1503131308_1503131326_01_03.jpg


将来、一般の人でも宇宙に滞在できるいわゆる「宇宙ホテル」も視野に入れた民間の宇宙船の試験機が、12日、アメリカで公開され、ことし9月にも行われる予定の初めての打ち上げに向けて準備が順調に進んでいます。

アメリカ西部ネバダ州の民間企業「ビゲロー・エアロスペース」社は、一般の人が宇宙に滞在できる「宇宙ホテル」としての利用も視野に入れた宇宙船を実現しようと開発を進めていて、12日、試験機が公開されました。
試験機は、風船のように膨らませることで内部の空間が広くなる仕組みで、ことし9月にもロケットで打ち上げられ、宇宙飛行士6人が滞在している国際宇宙ステーションに取りつけられたあと、その機能や安全性が2年にわたって検証されます。

会見したビゲロー社のロバート・ビゲロー社長は、「この計画を実行に移すことができることに興奮している」と意気込みを語りました。

続きはソースで

no title

引用元: 【宇宙開発】一般人でも宇宙に滞在できる「宇宙ホテル」 民間の試験機を公開 アメリカ

一般人でも宇宙に滞在できる「宇宙ホテル」 民間の試験機を公開 アメリカの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/12/03(水) 13:43:22.40 ID:???0.net
欧州宇宙機関、次世代ロケット開発へ 打ち上げ費用5割減
【日本経済新聞】 2014/12/3 10:11

【ルクセンブルク=竹内康雄】欧州20カ国でつくる欧州宇宙機関(ESA)は2日、ルクセンブルクで閣僚理事会を開き、次世代ロケット「アリアン6」の開発を承認した。商用衛星の打ち上げは、米ベンチャー(VB)が低価格で相次ぎ打ち上げを成功させ、市場の5割を握る欧州を脅かしている。ESAは価格競争力の優れた新型ロケットでシェア維持をめざす。

アリアン6は38億ユーロを投じ、2020年に1号機を打ち上げる予定。最大の出資国フランスが約5割、ドイツが約2割を拠出する。打ち上げ費用をこれまでの最大5割減に抑えたのが特徴だ。打ち上げニーズの変化に合わせ、様々な大きさの衛星に対応できる仕様にしたほか、燃費性能を向上させた。

続きはソースで

アリアン6の開発承認は、現行機アリアン5の開発を決めてから約30年ぶり。アリアン5はこれまで60回以上の打ち上げを成功させてきたが、米VB、スペースXが打ち上げ価格を大きく抑えたロケット「ファルコン9」を開発し、市場に参入。欧州を脅かす存在になりつつある。

米国では財政状況が厳しいことから宇宙事業でも民間シフトが進んでいるほか、ロシアや日本、インドなどとの競争も激しくなる見込み。ESAは「現行機のままでは、今の地位を維持できない」と判断、新型機開発への大型投資を決めた。

ソース: http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM03H17_T01C14A2EAF000/

関連ソース:
欧州次世代ロケット開発へ 低価格化のアリアン6 | 共同通信
http://www.47news.jp/CN/201412/CN2014120301000876.html

引用元: 【科学】欧州宇宙機関(ESA)、次世代ロケット「アリアン6」開発へ 打ち上げ費用5割減 [14/12/03]

欧州宇宙機関(ESA)、次世代ロケット「アリアン6」開発へ 打ち上げ費用5割減の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/11/01(土) 04:39:10.39 ID:???0.net
■米で宇宙船が試験飛行中に墜落、1人死亡か

【ワシントン=中島達雄】宇宙旅行を計画中の米新興宇宙企業ヴァージン・ギャラクティック社は31日、米カリフォルニア州で試験飛行中だった同社の宇宙船「スペースシップ2」が地上に墜落したと発表した。

 米CNNテレビは、操縦していたパイロット2人のうち1人が死亡、もう1人も重体だと報じた。

 同社によると、スペースシップ2は、同州の飛行場から母機の飛行機「ホワイトナイト2」につり下げられて離陸。
上空で母機から切り離され、エンジンに点火した。その後、何らかの異常が起きて墜落したとみられる。
同社が原因調査を始めた。母機は無事に帰還した。

読売新聞 2014年11月01日 04時32分
http://www.yomiuri.co.jp/science/20141101-OYT1T50001.html?from=tw

引用元: 【宇宙】米宇宙船が試験飛行中に墜落、1人死亡か

米宇宙船が試験飛行中に墜落、1人死亡かの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/08/18(月) 12:45:41.11 ID:???0.net
米民間ISS補給機シグナス、地球大気圏再突入 燃焼廃棄処分に
【AFPBB News】 2014/08/18 10:53

【8月18日AFP】米宇宙企業オービタル・サイエンシズ(Orbital Sciences)の無人補給機「シグナス(Cygnus)」は17日、国際宇宙ステーション(International Space Station、ISS)に物資を補給する1か月間のミッションを終えて、予定通りにISSから離脱し、地球大気圏に再突入した。

シグナスは、グリニッジ標準時(GMT)15日午前10時40分(日本時間15日午後7時40分)にISSから切り離され、独立した軌道に2日間滞在した後、エンジンを噴射して地球大気圏に突入。シグナスが軌道を離れて
燃焼廃棄されるのに要する時間は30分足らずとされた。

ISSに搭乗している乗組員は、シグナスのプラズマの尾を確認・記録。彗星のような光の筋を捉えた写真をツイッター(Twitter)に投稿した。

続きはソースで

(c)AFP

ソース: http://www.afpbb.com/articles/-/3023313

関連ソース:
https://twitter.com/astro_reid
https://pbs.twimg.com/media/BvPwGCdIEAAZ_qu.jpg

引用元: 【宇宙】米民間ISS補給機シグナス、地球大気圏再突入...燃焼廃棄処分に [14/08/18]

ISS補給機シグナス、地球大気圏再突入で燃焼廃棄処分にの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
~~引用ここから~~

1: 2014/07/16(水) 07:38:07.43 ID:???.net

5年後に「月面着陸」…政府が研究開発本格化へ
2014年07月15日 14時30分

月面探査機のイメージ図(JAXA提供)
http://www.yomiuri.co.jp/photo/20140715/20140715-OYT1I50012-L.jpg

 政府は、無人探査機による月面着陸・調査に向けた研究開発を本格化させる。

 月の地質調査などを行い、資源利用の可能性を探る計画だ。2019年度の打ち上げを目指し、文部科学省が15年度の概算要求に関連予算を盛り込む方向だ。

 人類の月探査は、米国と旧ソ連が1960~70年代に競って探査機を送り込んだ後、80年代以降は停滞していたが、近年、再び活発化している。中国は昨年12月、無人探査機「嫦娥(じょうが)3号」を打ち上げ、同国初の月面着陸に成功。インドも16~17年を目標に探査機を打ち上げる計画を進めている。月に水や鉄、核融合発電の燃料に使えるヘリウム3などの資源があることが分かっており、各国とも、将来的な資源獲得に向けて発言権を確保する狙いがある。

 今後は、〈1〉狙い定めた位置にピンポイントで降り立つ能力を持つ着陸機〈2〉くぼみの多い月面をスムーズに走行できる探査車〈3〉昼と夜が地球の時間で2週間ずつ続くため、長時間の蓄電が可能なバッテリー――などの開発が技術的な課題となる。

 宇宙航空研究開発機構(JAXA(ジャクサ))が、米航空宇宙局(NASA)の技術協力を受けつつ、民間企業も交えて開発を進める方針だ。

(以降は有料記事)

ソース:YOMIURI ONLINE(2014年07月15日)
5年後に「月面着陸」…政府が研究開発本格化へ
http://www.yomiuri.co.jp/science/20140715-OYT1T50122.html
~~引用ここまで~~



引用元: 【宇宙】5年後に「月面着陸」…政府が研究開発本格化へ


「月面着陸」政府が5年後に無人探査機打ち上げ目指すの続きを読む

このページのトップヘ