1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/10/25(金) 14:20:35.60 ID:???0

★森田予報士が警告 W台風で26号を上回る豪雨と突風に襲われる
日刊ゲンダイ 10月24日(木)10時26分配信

伊豆大島で20人を超える死者を出した台風26号に続いて、今度は27号と28号のダブルパンチだ。
週末の関東地方は26号を上回る被害もありうるというからたまらない。専門家によると、27号がどんな
進路を取るにせよ、確実なのは集中豪雨だという。気象予報士の森田正光氏に聞いた。

「26号とほぼ同じコースをたどる27号によって、南から湿った風が送り込まれ、秋雨前線が刺激されます。
前線は九州から関東にかけて伸びているため、かなり広い範囲に雨が降る。26号は時速50キロで日本付近を通過しましたが、27号は時速15~20キロと半分以下。その分だけ、雨が長引く。しかも27号が関東地方に近づく26日ごろには、中国大陸からマイナス33度の寒気が到達する見込み。秋雨前線の活発化に加え、暖気と寒気の衝突が重なるため、26号を上回る豪雨が予想されます」

26号が関東に豪雨をもたらしたときの中心気圧は955ヘクトパスカル。それで伊豆大島では、1日で2カ月分に匹敵する800ミリもの雨量を記録したほか、都心の南麻布付近では明治通りが、小田急線では下北沢駅の線路が冠水した。

今回の27号の中心気圧は現時点で945ヘクトパスカルと、26号より強烈で、あのとき以上の集中豪雨が十分ありうる。

1時間に50ミリの豪雨が3時間以上続くと、土砂災害が発生しやすい。台風の進路となる太平洋沿岸は要注意だ。

一方、遅れて発生した28号は時速20~30キロで北西に進んでいる。27号より少し速い。
関東への接近は26日ごろだが、27号より到達が早いか遅いかで影響が変わる。

「欧州の専門機関や米軍の気象予測は、27号の方が関東への到達が早いと予測していますが、私は28号の方が早いとみています。
そうすると、28号が“壁”になって、27号が抜けにくくなるため、雨がより長期化するのです」
>>2へ続く

3a0b4c73.jpg

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131024-00000016-nkgendai-life



【社会】森田予報士が警告 W台風で26号を上回る豪雨と突風に襲われるの続きを読む