理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

沖縄県

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/02/11(木) 15:14:32.35 ID:CAP_USER.net
「変わったヒトデ」インド洋生息の種だった 日本で初発見
沖縄タイムス 2016年2月10日 13:35
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=153423

沖縄美ら海水族館は9日、日本で初めて「オウサマツブハダヒトデ」を発見したと発表、同館で展示を始めた。
これまでインド洋北部から東部、インドネシアでの生息の報告はあったが、日本では見つかっておらず、担当者は「今後、生態をひもといていきたい」としている。

2015年7月16日、うるま市宮城島の漁業者が「金武湾で変わったヒトデを見つけた」と水族館に連絡。
ヒトデ類の分類を専門とする国立研究開発法人水産総合研究センターの木暮陽一博士との共同研究で、日本初記録種であることが判明した。

表面が細かい粒や小突起で覆われていることから「ツブハダヒトデ属」とし、学名の「regalis」がラテン語で「王」を意味することから「オウサマツブハダヒトデ」と和名を付けた。

(引用ここまで 全文は引用元参照)

images


日本で初めて発見された「オウサマツブハダヒトデ」(海洋博公園提供)
http://www.okinawatimes.co.jp/article_images/20160210/PICKH20160210_A0026000100600004_r.jpg

▽関連
沖縄美ら海水族館-沖縄の神秘をありのまま-
日本初記録「オウサマツブハダヒトデ」を発見・展示!
http://oki-churaumi.jp/guide/news/news160209.html

引用元: 【生物生態学】日本で初めて「オウサマツブハダヒトデ」を発見 インド洋生息の種/沖縄美ら海水族館

日本で初めて「オウサマツブハダヒトデ」を発見 インド洋生息の種/沖縄美ら海水族館の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/11/20(金) 01:37:11.43 ID:???.net
チョウ、5日で1700キロ アサギマダラ、京都から与那国島に
京都新聞 2015年11月17日 17時00分
http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20151117000085

0
※画像はイメージで本文と関係ありません

京都市伏見区の深草小の児童たちが10月13日に放した海を渡る大型のチョウ「アサギマダラ」が、1700キロ近く離れた日本の最西端・与那国島(沖縄県)で5日後に発見された。
アサギマダラの飛行距離やルートは謎が多く、生態解明の一助になりそうだ。

(中略)
 
5日後、アサギマダラの捕獲情報をインターネット上で共有する「アサギネット画像掲示板」に、児童がマークしたと見られる写真が掲載されていた。
藤野さんが投稿者に連絡した結果、「FKS(深草小)34」と「10/13」の文字が判明したという。

捕獲場所の与那国町・宇良部岳付近と深草小は直線距離で1694キロ。
単純計算では、時速14・2キロで1日339キロ飛んだ。
83日間で和歌山県日高町-香港(2420キロ)を飛行したのが従来の最長記録とされるが、今回はわずか5日間で長距離を移動した。

同小の調査で目撃情報が寄せられたのは昨年の和歌山県日高町に続き2例目。
児童たちは「小さな体なのにすごい」「沖縄まで行くと思わなかった」と驚く。
藤野さんは「風向きなどの好条件と愛好家が見つける偶然が重なった。子どもたちが自然に興味を持つきっかけになれば」と話す。
「FKS34」のアサギマダラは、与那国島で再び放されたといい、さらに南での目撃情報が期待されている。

詳細・続きはソースで

画像
与那国島で撮影されたアサギマダラ。羽には、「FKS(深草小)34」と「10/13」のマーキングが確認できる(10月18日、沖縄県与那国町)=藤野さん提供
http://www.kyoto-np.co.jp/picture/2015/11/20151117161950asa.jpg

引用元: 【生態】海を渡る大型のチョウ「アサギマダラ」 5日で1700キロ飛行 京都から与那国島に

海を渡る大型のチョウ「アサギマダラ」 5日で1700キロ飛行 京都から与那国島にの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/10/29(木) 21:38:02.19 ID:???.net
考古学の通説覆す!?「狩猟採集民」が先史時代の奄美・沖縄諸島に (西日本新聞) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151029-00010012-nishinp-sctch

画像
http://amd.c.yimg.jp/amd/20151029-00010012-nishinp-000-3-view.jpg
遺跡から見つかった種子を説明する鹿児島大の高宮広土教授=28日、鹿児島県奄美市


 鹿児島大国際島嶼(とうしょ)教育研究センターの高宮広土教授(先史人類学)は28日、先史時代の奄美・沖縄諸島に狩猟採集民が存在していたと発表した。自然資源に乏しい島では当時、狩猟や木の実の採集だけでは生きていけないと考えられていたが、近年の研究により、奄美や沖縄の島々は豊かな自然に恵まれ、独自に適応できたとみている。

 高宮教授は約20年前から農耕の起源を調べるため、奄美大島や沖縄の遺跡で貝塚や住居跡を調査してきた。その結果、6500年前以降の貝塚からシイやカシの実などの堅果(けんか)類、チョウセンサザエ、ブダイなどサンゴ礁の魚介類の炭化物が大量に見つかったという。

 高宮教授によると、狩猟採集民は多様な環境への適応能力が高く、約1万年前までに南極を除く全ての大陸へ拡散した。だが、自然資源が乏しい島々での適応は至難で、先史時代の島は農耕民が移り住んだというのが通説だった。面積も小さく大型海獣も入手できない奄美・沖縄諸島で狩猟採集民が存在したのは「世界的にもまれなケース」。そこで高宮教授は、環境文明史に関する英国の国際誌「ザ・ホロシーン」に論文を投稿し、今月掲載された。

 高宮教授は「先史時代の奄美と沖縄は森も海も自然環境に恵まれ、面倒な農耕をする必要がなかったのではないか。今後は食料の変遷や環境への影響についても研究を深めたい」と話している。

ダウンロード
 

引用元: 【考古学】「狩猟採集民」が先史時代の奄美・沖縄諸島に存在 考古学の通説覆す!?

「狩猟採集民」が先史時代の奄美・沖縄諸島に存在 考古学の通説覆す!?の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/06/04(木) 12:50:05.85 ID:???*.net
日本海側や沖縄の海岸に漂着したペットボトルのごみの多くは、中国や韓国から来ていることが環境省の調査でわかった。

環境省は、漂着ごみの調査・回収事業の一環として、国内7か所の調査地点に流れ着いたペットボトルについて、2010年度から5年にわたってラベルで製造国を区別し集計した。

その結果、日本海側や沖縄では中国や韓国から流れてきたものが大半で、沖縄県石垣市では中国製の割合が82%、山口県下関市では韓国製の割合が55%だった。
一方、太平洋側や瀬戸内海に流れ着いたペットボトルは国内製がほとんどで、兵庫県淡路市と茨城県神栖市では、日本のものの割合がそれぞれ98%、82%だった。

続きはソースで

ダウンロード
2015年06月04日 11時47分
http://www.yomiuri.co.jp/eco/20150604-OYT1T50064.html

引用元: 【社会】海岸に漂着のペットボトルごみ、大半が中韓製…沖縄や日本海側 環境省調査

海岸に漂着のペットボトルごみ、大半が中韓製…沖縄や日本海側 環境省調査の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/01/29(木) 06:22:36.34 ID:???.net
久米島沖に海底鉱物資源=最大規模の表面積―石油ガス機構 (時事通信) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150128-00000140-jij-pol


 経済産業省が所管する独立行政法人の石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)は28日、沖縄・久米島の西約30キロの海底に、銅を多く含む鉱物資源の存在を確認したと発表した。海底から噴き出す熱水に含まれる金属成分が、丘のような盛り上がりや柱状になって沈殿する「海底熱水鉱床」と呼ばれるもので、国内での大規模鉱床確認は3例目。

 鉱床は深さ1400メートルに位置し、南北1500メートル、東西300メートル。表面積では国内最大規模という。2014年9月、海上保安庁が無人潜水機を使った海底調査で無数の柱状の地形と急激な水温上昇を観測したと発表。それを受けて、JOGMECが無人探査機で詳しく調査した。

 サンプル採取した鉱石の金属含有量は平均で銅が13.0%、亜鉛が12.3%、鉛が5.2%。金や銀、レアメタル(希少金属)のガリウムも含まれていた。発表に同席した浦辺徹郎東大名誉教授は「陸上にすらないような鉱石が見つかったのは驚嘆すべきことだ」と高く評価した。

 JOGMECは今後、資源量などを特定するためボーリング調査を実施する。採掘や洋上への鉱石引き揚げの技術開発も進め、25年ごろには民間企業による商業化を実現させたい考えだ。 

引用元: 【鉱床学/資源】久米島沖に海底鉱物資源 国内最大規模の表面積 ―石油天然ガス・金属鉱物資源機構

久米島沖に海底鉱物資源 国内最大規模の表面積 ―石油天然ガス・金属鉱物資源機構の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/12/11(木) 20:44:38.30 ID:???.net
沖縄、9千年超前の人骨出土 国内最古級の埋葬例か

沖縄県立博物館・美術館(那覇市)は11日、同県南城市のサキタリ洞遺跡で、9千年前より古い地層から、頭や上半身の大部分が残る人骨が見つかったと発表した。
人骨を覆うように複数の石があったことなどから、博物館の山崎真治主任は「洞穴を墓として埋葬された可能性があり、年代や出土状況を詳しく調べる」としている。

--------- 引用ここまで 全文は引用元をご覧ください ---------

▽記事引用元
http://www.47news.jp/CN/201412/CN2014121101000976.html
47NEWS(http://www.47news.jp/)2014/12/11 13:16 【共同通信】配信記事

画像
サキタリ洞遺跡の9千年前より古い地層から見つかった人骨。指さしている部分が頭骨=11日午前、沖縄県南城市
http://img.47news.jp/PN/201412/PN2014121101001086.-.-.CI0003.jpg

引用元: 【考古】9000年超前の人骨出土 国内最古級の埋葬例か/沖縄 サキタリ洞遺跡

9000年超前の人骨出土 国内最古級の埋葬例か/沖縄 サキタリ洞遺跡の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ